青山学院大学国際政治経済学部
内田達也ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部  


内田達也ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/t-uchida/seminar/m/

« 2012年度卒業生(13期生) | メイン | カストライト »


アルクァンツァ

アルクァンツァ.jpg

商品名称:楽器
価格:89,000円
輸入先国:ドイツ

 アルクァンツァは1860年にドイツで生まれた木管楽器であり、フルートとよく似ているが、頭部管と主管に20度ほどの屈折がある。この形状の特徴によりフルートよりも柔らかい音色を出すことができる。フルートが生まれたのと同じ時代に流行し、19世紀にはこの2つは代替財として使われたが、結局製造費用の高いアルクァンツァが駆逐される形となった。アルクァンツァを愛した作曲家にブラームスがおり、彼は交響曲のスコアの中でわざわざフルートでなくアルクァンツァを用いるよう指定している。ほぼ100年全く製造されなかったアルクァンツァだが、ドイツのテレビ番組でアルクァンツァが特集されたことで注目され、再製造されるようになった。この商品は樹脂製の普及版である。


投稿者 uchida
2012年4月 2日23:38 [妄想インポートカタログ] | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sipec-square.net/cgi-bin/t-uchida/mt-tb.cgi/85

コメント

コメントしてください