青山学院大学国際政治経済学部
押村高ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部  


押村高ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/t-oshimura/seminar/m/


募集要項及び研究内容

募集要項及び研究内容

担当者名:押村 高    

 

<研究テーマ>
グローバル化とアイデンティティの現在 (英文名:Conflicting Identities in A Globalizing World)

研究内容: 「経済・情報のグローバル化が進むと、やがて世界の文明は均質になり、出生地や居住地にこだわらない地球市民が生れる」というのは真実でしょうか。いや、21世紀の世界で国家への帰属意識が薄れた結果、あるいはグローバル化への「バックラッシュ」として、各国民はむしろローカルなものにアイデンティティの拠り所を求めています。
エスニックIDによる分離独立運動が激しさを増し、経済発展で自信を蓄えたアジアは「アジア的価値」を探し求め、ハイフン現象(Irish-AmericanChinese-American…)にみられるように米国民は「先祖探 し」に駆り立てられています。さらに、地球全体として言語や文化の多様性をどう保存するかも重要な課題となりつつあります。
グローバル化と地域化というモメントは「アイデンティティの世紀」と呼ばれる21世紀をどう導くのでしょうか。
「グローバルに思考しローカルに行動せよ」とは何を意味するのでしょうか。
2009年度(第14期&15期)はこれらの根本問題にスポットを当てて、「異文化の衝突/対話/共生」という新しい視点から国際関係に切り込みます。

 

<研究主題>

以下の具体的なテーマについて、現状をフォローしながら研究を進める予定です。

―グループ・アイデンティティ

多文化主義・多言語主義の台頭/移民と難民のID/クレオールの二重ID

―地域のアイデンティティ

アフリカの部族主義/アジア的価値観の模索/EUが共有するIDとは何か

―アイデンティティ・コンフリクト

西欧とイスラムの衝突/宗教・言語紛争の要因/民族紛争解決への道筋

―日本のアイデンティティ

日本国籍とは何か/歴史教育とID形成/外国人の「ニッポン論」

 

ゼミナール空間の最大の利点は、その「双方向性」にあります。
実社会で役立つプレゼン法を身に付け、論述能力を磨くことができるように、つとめてワークショップの機会を多く持ち、また小グループに分かれての「文明間対話シミュレーション」(本ゼミ最大の企画です)などを組み入れて、全員が意見を述べたくなるような雰囲気を維持したいと思います。

なお先輩の到達点としての「ゼミ論集」を、相模原キャンパスB館(メディア・センター)526号室で公開しています。「本ゼミの活動で何が習得できるか」を知る手掛かりにして下さい。

 

<研究方法>

初回~3回は、問題意識を共有するために、担当者がIDに関する全般的な問題を提起して全員で議論します。有名な学説や代表的な書物についての概観を得た上で、 IDの基本的文献の幾つかを輪読する予定です。
4回目からはいよいよ、ゼミ生による報告会が始まります。各自関心のある個別のテーマを選択し、それについて調査・報告します。
折をみて、民族紛争のルポ・ビデオの視聴、外部から専門家を招いての講演会、二手に分かれてのディベートを組み入れ、さらにゼミ生の海外旅行帰国報告会や合宿などを織り混ぜて、多角的なゼミにしたいと思います。

なお、押村ゼミでは知的課外活動や他流試合を推奨しています。

 

<応募条件・資格>

国際政治、グローバル・ガヴァナンスを情報や理論としてだけではなく「自分の生き方の問題」として捉えたい人、真のグローバル化はまず「自分探しから」と考えている人、国際関係の原点はやはり「人との付き合いだ」と実感している人を求めています。
海外滞在中に生じたwhy?を研究に高めたい人、在学中あるいは卒業後に留学を希望している人、そして将来日本のIDを世界に発信する仕事に就きたい人も歓迎です。

 

<募集人員>

8名

 

<募集方法>

面接・書類選考

投稿者 管理人
2008年9月30日14:06 [未来のゼミ生へ]


What's 押村ゼミ?

What's 押村ゼミ? ~ゼミ生のアンケートです~

 

Q. 押村ゼミってどんなゼミですか?
・何でも言いやすい雰囲気をもったゼミ
・自分の興味あること、やりたいことをやらせてくれる
・議論が活発で面白いです。
・色々な個性が受け入れられて、お互いに伸ばしていけるゼミ
・Open&Deep・26人26色
・う~ん、個性のあつまりかなぁ?
・先生とゼミ生の個性が前面に押し出されたゼミ
・色々なタイプの人間が色々な意見を出し合える。かたよってないトコロが私は好きです。
・真面目・和やか
・皆、「先生の魅力」に惹かれて集まるゼミ(いわば押「村」か?)
・多分、最も広範囲で人間くさいテーマを扱うゼミだと思います。
 人間くさいのが好きな人にはもってこいなゼミだと思います。
・皆さん知的であります。個性があふれております。
・思ったより話しやすいです。
・個性の集まり。でも相殺したり、衝突したりせずに尊重しあえてて、とてもよいゼミです。
・アナーキカル・ソサエティ
・いつもおだやか。たまに小ギャグ。
・プレゼンが上手になる。和やかなゼミ。
・「大学は自主的に勉強するところ」という先生のことばに象徴されるゼミではないでしょうか。
与えられる課題などは比較的少ないですが、自分からさらに勉強しようとすれば先生は
大いに力を貸して下さいます。
・やわらかくどんな人でも包み込んでくれるような優しさを持っているゼミ
(先生の人柄によるところが大きいのかな)。
・個性的な人が多い。やりたいことがあれば、来る人拒まずといった感じ。
・互いの意見を尊重し、吸収し合えるゼミ
・自由に意見が言えていい雰囲気!
・あったかいゼミ☆みんな一生懸命で性格がいい。
・みんな明るく優しいゼミ
・まったり、和やか、一生懸命
・ほんわかしていて、居心地がいいゼミ。みんな押村先生のよう(笑)
・一人一人の意見が尊重される、とても雰囲気のいいゼミ
・平和
・個性と発展
・ほのぼのした雰囲気
・自分の意見をしっかり持ってる
・IDに魅了されるゼミ

 

Q. 先生の魅力は??
・一見すごい「オーラ」出てるのに、近寄りがたくないところ。ステキ♪
・平等
・ニヒルな笑顔
・一見近寄りがたそうかな、と思いきや、とても気さくなところ。
 言葉が足りなくてうまく表現できない気持ちも、巧みに汲み取ってくれるところ。
・冷静沈着・でもあったかみもあるところ。
・笑顔
・どんな意見・質問でも、真剣に聞いてくれるところ。
・うまく生徒に考えさせるコメントにリスペクトです。
・突然、フランス語や英語を話し出すこと。
・ミステリアスなところ。手の動きにも注目!
・あっさりトロトロ。掘れば濃口。
・ナゾが多いところ
・「強力なスパイス」ではなく、洗練されたソースに包まれるフレンチのような婉曲で奥深いところ。
・ミステリアスのような、そうでないような・・・。
・温かい人柄。
・とても寛大な先生。
・一人一人の意見、個性を尊重してくれる先生です。
・先生は、普段は黒ぶち眼鏡。クラスでは、金ぶちのをかけている。
・押し付けることをしない。いつでも寛容で優しい。相談事も真剣にきいてくれる。
・美しいボーリングフォーム→
・存在そのもの
・すごく色んなことを知ってらして、どんな質問にも答えてくださるところ
・溢れる知性をもちながらも紳士なところ♪にこやかで感じが良い、素敵な先生♪
・明敏な頭脳、包容力
・紳士的。意見になってない意見もフォローしてまとめてくれる
・教授なのに、学生の意見を尊重すること。けして、先生の考えかたを押し付けたり、
相手を否定・しない。でも、本当は知識が豊富ですごい人!!
・プレゼンなどで一人一人にアドバイスをするとき、必ず良かったところからおっしゃってくださるところ。
生徒に意見を押し付けないところ。
・ダンディズム、ユーモラス
・いつも新鮮なところ
・洗練されたジョーク
・人柄!

 

Q.先生の面白いエピソードがあったら書いてください。
・素手でワインをあけた先生・・・ステキ
・去年の合宿で皆で海辺を散歩している時、先頭を歩いていた先生が、
後ろに向かって突然「ヘイ!カモン!」と言ったこと。
・「ブラボー事件」
・それは伊豆の合宿の写真撮影の時に起こった・・。こんなに写真に写りたかったなんて。。
 おもしろすぎです。
・ゼミ生の自己紹介で、事故の話が出た時、先生が一言、「これが本当のジコ紹介」
・昔、「皆(生徒)先生のこと大好きなんですよ」と言ったら、思いっきり赤面してて、かわいかった。
・1年の時、友達とドキドキしながら「こんにちは」と声をかけたら、「こんちは~」を返事を返してくれ、
 嬉しかった反面、かわいい返事にびっくりしました。
・厚木セミナーハウスの研修の時、パジャマ&歯ブラシがあると思っていた。
・ブリト二ー・スピアーズの曲を歌っていた時、”I'm not that innocent" と歌ったら、
 「いいセリフだー」と押村先生。酔ってるのねん
・プレゼン合宿の飲みのとき、先生が少し照れながら奥さんの呼び名を教えてくれたこと
・ライバルはアメリカ。。。??(決定!?)
・タバコを吸っている堀江君を指して「こういうのをヤニーズっていうんだよ」
(多分堀江君のビジュアルを含めジャニースとヤニをかけて)
・春合宿でバーベキューのためにがんばってくれたのが印象的
・ゼミ合宿で誰よりも「夜さわぐ時間」を何時からにするか気にしていたこと!
その騒ぐ時間には、奥様やお嬢さんについてお話してくれました
・合宿の帰りの電車の中、隣で先生がこっくり、こっくりなっていたこと。
(でも降りるときは先生が起こしてくれました)
・先生のバースデーパーティーで、あいうえお作文のカンペを大事そうに持ち帰ってくれました
・時々面白いことを言って、はまるとずーっと笑っているところ

 

Q. 先生への質問
・新居の居心地はいかがですか?
  →う~ん。リビングルーム以外、引越しの片づけが終わっていないので、何とも言えません。

・朝型ですか?夜行性ですか?
  →年齢とともに、朝型に移行中です。

・先生のパジャマって何色ですか?
  →いろいろ。浴衣・甚平・ナイトガウンではありません。

・なぜ学者という道に?
  →恩師の影響が5割、「学問を通して社会を変えたい」が4割、
   「社会の歯車に組み込まれたくない」(死語かな)という思いが1割。

・影響を受けた人/事象は?
  →AKINO暗殺
・それによって受けた影響は?
  →「ベニグノ・アキノ」 文字通り「命がけ」で独裁と戦い、フィリピン革命のきっかけを作った。
    「秋野豊」 親しくしていた人だけに、ショックでした。

・体型維持のために心がけていることはありますか?
  → 散歩、栄養バランス、ストレス発散・・・

・研究以外で、どんなことに熱くなれますか?
  → ピアノ、スポーツ(球技全般)、ディスカッション

・先生の”教師”としてのアイデンティティって何ですか?
  →自分も学生(特にゼミ生)から何かを学んでいくこと、かな?

・ジャージ持っていますか?そして着ますか?
  →たまに。合宿で披露したこともあります。

・ヨーロッパを学ぶ人は”ひにく”がうまいっていうのは本当ですか?
  →多分、フランスに留学すると、そうなります。

・あの手振りは生まれつきなんですか?それともフランスで身に着けたものなんですか?
  →欧州人と渡り合ううちに、自然と身につきました。

・先生の人生最高の恋愛について教えてください。
  →その時以来、彼女と再会することはありませんでした(完)…。(昨年のHPより続く)

・休日は何をなさっているんですか?
  →思索。庭いじり。いまは引越しの後片付け。

・先生の性格を一言でいうと・・?
  →清濁併せ呑む。オブラートでくるんだスパイス(ゼミ生談)

・どんな時にあわてますか?
  →高速道路でエンストしたとき。パリの外周道路で実際に起こりました。

・子どものころは、何になりたかったんですか?
    →「パイロット」、その後「地球物理学者」、しばらくは「作曲家」。

・太らずにいられる秘訣は何でしょう・・・?
    →歩くことだと思います。ゼミ生Sさんの勧めで毎日枝豆を食べているからかもしれません。

・ものすごく洗練されてるイメージなのですが、先生も牛丼とか食べるんですか?
    →牛丼はあまり食べませんが、天丼(かき揚げ)と海鮮丼(ウニ・いくら)はよく食べます。

・先生の野望は何ですか?
    →ノーベル賞を「辞退いたします!」と言って断ることです???

・教授という道を選ばなかったとしたら、今頃何をしていたと思いますか?
    →翻訳家? 雑誌編集者? ひょっとすると……?

・一番好きなワインは?
    →赤ならブルゴーニュ、ソーテルヌ地方の白ワインも好物です。

・大学時代の先生はいつもどんなことを考えてすごしていましたか??
    →就職のこと、恋愛のこと、授業への不満など、今の学生とほとんど変わりません。

・先生が尊敬する方はどんなかたですか?あと先生が素敵だと思う女性像は?
    →H・シュミット(元独首相)さん…お目に掛かった際の迫力と演説のうまさ。
    →理由もなく好きになり、その後で「この人こそ理想のタイプ」と考える性格です。

・今までの人生の中で一番楽しかった出来事は?
    →留学中、友人とバカ騒ぎしてパリの街中で夜を明かしたことでしょうか。

・失敗談や恥ずかしい経験があったら教えてください♪
    →思い起こせば18年前、ある冬の晩のことでした…(来年のHPへ続く)

投稿者 管理人
2007年4月 1日00:00 [未来のゼミ生へ]