青山学院大学国際政治経済学部
山影進ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部  


山影進ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/s-yamakage/seminar/m/


私の考える人工社会2014

2014年度、新しく入った3期生による、「私の考える人工社会」

社会の仕組みを紐解く新しい力を授けてくれます。
意思を持って動くエージェントを自分の世界に生み出すことができます。
ITなんか受かってなくても、人工社会は作れます!!

私は人工社会をネットワークを理解する上での重要な助け舟と考える。人工社会の助けを借りることであらゆる自然・現象の相互作用から普遍的な世の中のルールが分かってくるのではないか。

仮説を、より真実に近づけるための一つのツールなんじゃないか、そう考えます。

現実社会では到底実験できない現象を、自分で作った庭の中に再現できる魔法のメソッド。庭の環境や、生物を仮定した駒に規則や性格を植え付け、動く様子を俯瞰することで、マクロ的な視点から世の中を見つめることができます。まさに社会科学にとっては、帰納的アプローチを補佐してくれる救世主的な存在です。神様になったつもりで、一から世界を構築してみましょう。

人口社会とは、我々が考えようにも考えられない、手を伸ばしても届かないような、複雑に、繊細に絡み合う事象に対し、正統かつダイナミックなアプローチを行い両断するメスであると思う。バタフライエフェクトのように波及してゆき、その相互関係から更に複雑に成り行く事象をコンパクトにまとめ上げたり分析、予測してしまうのだ。

自分で考えた仮説を自分で組み立てて、数値や結果だけでなくエージェントの動きやプロセスをも目で確かめることができる。
仮説や実証のなかで自分が神の様になれる。

人工社会を学び始めて4ヶ月、3期生はこのような考えを持つようになりました。

投稿者 メイン管理者
2014年7月10日13:19 [人工社会とは?]


人工社会とは?

人工社会とは、

マルチエージェントシミュレーションという手法によって

コンピュータの中につくられた社会のこと。

そこで、人間や国家をエージェントとして行動させることによって、

人間社会では実施困難な実験を行うことができます。

実社会においては、以下のような現象で応用されています。

・津波から避難する方法
・交差点、商業施設での人の流れ
・高速道路の混雑解消法

投稿者 メイン管理者
2012年6月 6日00:54 [人工社会とは?]


私の考える人工社会①

私の考える人工社会は、


自分たちである空間をつくり、

そこに住む対象、エージェントを生みます。

そう、人工社会を作るあなたは神様的存在!

この仮想空間をつくりあげることにより、

いろんなシミュレーションをすることができます!

可能性は無限大!

あらゆる状況をつくりあげることができます!!!

投稿者 メイン管理者
2012年6月 6日00:50 [人工社会とは?]


私の考える人工社会②

私が考える人工社会は、


人工社会では、コンピュータの中で、

自律的に動くエージェント同士を作用させて、

社会の諸問題について分析することができます。

作者も想像していなかった結果が得られることがおもしろいです。

投稿者 メイン管理者
2012年6月 6日00:46 [人工社会とは?]


私の考える人工社会③

私が考える人工社会は、


国際政治を学んだことがある人は、

そこで使われる理論や仮説は実験が難しいということを聞いたことがあるかもしれません。

しかし、マルチエージェント・シミュレーションを用い構築された人工社会では、

これが可能となります。

しかも、難しい数学やプログラミングの知識は必要とせずに、です。

勢力均衡はどのような条件で機能するのか、

キューバ危機においてケネディが大統領でなかったならば、

などの既存の理論や自分の考えていることを、実験し、

観察できることは大きな魅力ではないかと思います。

投稿者 メイン管理者
2012年6月 6日00:44 [人工社会とは?]