青山学院大学国際政治経済学部
袴田茂樹ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部ブクログ  


袴田茂樹ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/s-hakamada/seminar/m/


2010年夏合宿

ブログ係さんからは「袴田ゼミ紹介を書いてくれ!」と言われたのですが、2009年度の先輩が書いてくださった文章が余りに良質で私ごときではろくなものが書けそうにないので、代わりに夏合宿の報告なぞを書いてみようと思います。

2010年の夏合宿は、埼玉県秩父で行われました。秩父...といえば自然豊かなイメージがおありでしょうが、正にその通り。サブゼミ活動として長瀞川下りや近くの山でプチハイキングなどを楽しむことができました。

1日目
夏合宿は三年生から発表が始まります。到着してお昼ごはんでお腹を膨らせ次第発表開始。晩ご飯や休憩を挟みつつ夜11時まで発表は続きます。徹夜明けが自分含め何人かおりまして、そうでなくても皆睡眠不足。眠くても必死で皆目をこじ開けて発表を聞きます。発表者は寝かせない発表を心がけます笑。3年生のテーマは「ロシア文化」でした。が、私は縛り丸無視で発表してしまった上(一応ドストエフスキーでしたが...)相変わらず取っ散らかったにも拘らず...真剣に聞いてくださってありがとうございました。
厳しいと噂されている袴田ゼミの合宿、堅苦しいと思われるかもしれませんが、画家シャガールを取り上げる人がいたり、発表中椅子に座っていられず立ち上がったりホワイトボードいっぱいに絵を描く人がいたり、個人テーマ・形式にはかなり柔軟性があります。
大事なのは自分のテーマにのめりこんで楽しみながら準備し、発表することかと個人的には思っています(と言っても大体苦しいのですが苦笑)。「真摯」というのも重要なキーワードですね、はい。
あと、北方領土セミナーに参加している学生がいまして、彼は北方領土と文化、合わせて二本立てで頑張っていました。素晴らしい。

2日目
午前中はサブゼミとして長瀞の川下りを体験しました。川の流れが気持ちよかったです。そんな感じで午前中は穏やかな心地でした。発表の終わった三年生は特に。四年生の先輩方はヒヤヒヤだったかもしれませんが...。
午後からは四年生の発表が。四年生の発表は卒論の前段階という位置づけで、卒論に沿ったテーマを定め考察をしていく、というものでした。今年度の4年生は政治をテーマにされている方が多いので政治学科の癖に政治が苦手な自分にはいい勉強になりました。頭が追いつかなくてときどきアホ面をさらしていたような気がしますがまあ気のせいですね、ええ。
そして、晩御飯前に急遽先生がお宿の方とお話をして、お宿と併設の蔵を見学させていただくことに。お酒を一杯ずつ頂きました(ご馳走様でした)。お酒の種類がとても多く、ゆず、金木犀、りんご、といった明らかに美味しそうなものからマムシ、ハブ、マタタビなどといった嗅覚から拒絶してしまいそうなものまで...。マムシ飲んでいる人が結構いらっしゃいましたが私は遠慮させていただきました。ので、お味の感想はわかりません。
晩ご飯後一人発表を済ませ、学生が一番楽しみにしているであろう(?)宴会へ。毎度のことながらウォトカを右手に、気休めのレモンを左手に、乾杯しました。先生とくつろいで話せる素敵な機会であり、発表が終わった学生達にとっては最高のストレス発散でもあり(発表を翌日に残している人にとっては以下略)。宴会の細かい模様については以下略。

3日目
最後一人の発表を終え近くの山へプチハイキングへ。サブゼミ係の自分の不手際もあり道が見つかりにくく皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。それでも各々楽しんでいただけたようで(?)、自分は嬉しかった、と言いたいところですが高所恐怖症が炸裂しそれどころではありませんでした。
合宿が終り解散となった瞬間、春合宿同様、とても不思議な気分にとらわれました。寂しいとか呆然とするといった感情ではないのですが、心がむき出しで風にさらされるような、そんな感覚です。脳がとてもさらさらとした心地でした。
そしてこの日解散後から、袴田ゼミ生の本当の夏休みは始まるのでした。


袴田先生、今回の合宿もありがとうございました。私の発表に関して言わせていただくならば、前回同様、先生からのコメントなしでは終えること自体困難だったかと思います。発表以外でも、お車の運転、サブゼミの道探し等々、お忙しい中本当にありがとうございました。
そして合宿の手配をしてくださったゼミ生も、ありがとうございました。お疲れ様でした温泉、気持よかったです。
就活があるのに出たり入ったりされていた先輩方にはその熱意に頭が下がる思いでした。就活と合わせての発表準備。自分も見習わなくてはいけません。

長い記事になってしまいましたが、濃密な合宿だった、ということでご容赦ください。
次の春合宿では新しいゼミ生を迎えるのかと思うと緊張します苦笑。私もその時までにもっと成長しておきたいものです。
次回もよろしくお願いします。

文責:サブゼミ係美術科

投稿者 学生
2010年10月 7日23:07 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


「細川家の秘宝」展@東京国立博物館

「ゼミ生の一部が美術館に行ったみたいです。誰かレポート書いてください」と三年生で一番背の高い人に書かれたので、キーをカタカタ鳴らしています。

5月の5日、GWの連休最終日、3年生3人で上野の東京国立博物館に行ってまいりました。
お目当ては宮本武蔵が描いた「鵜図」だったのですが、その他にも何点か個人的にビビ、っとくる作品があり、行って良かったと思います。

剣豪と名を馳せた宮本武蔵が水墨画をたしなむというのは、少々意外に思われるかもしれません(私もゼミ生の発表で聞かされるまで知りませんでした)。

そのほかの作品で私が気になったのは久米民十郎の、「支那の踊り」という作品でした。何故?と言われても困ります。ただいい、と思ったのです。


「さんねんせい」君も書いていましたが、皆でご飯を食べるのは本当に楽しいですね。ゼミの外なのに「昼の星」やら「一匹」やら「九十九匹」やらの話が出てくるというのは、おもしろいものだと思います。みんなもの好きですね。こんなことを言っている私は大好きなのですがね。

五月末に行くのは、東京都庭園美術館の「ロシア構成主義のまなざし」展と、六本木ヒルズで開かれている「ボストン美術館」展です。私は今からワクワクがとまりません。


ゼミの活動とは全く別の話になりますが、私は本日横浜のそごう美術館で開催されている「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」展を見に行ってきました。
じっくり見ても1時間とちょっとしかかからなかったのですが、全身がしびれました。抽象絵画万歳!、です。具象絵画やポップアートもよかったのですが、私はやっぱり抽象画が好きです。ああ、やっぱりカタログ買えばよかった、と今になって少し後悔しています(明日買いに行こうか…)。
美術展の良し悪しは、作品数ではなく、内容によって決まるものとつくづく思いました。素晴らしい作品一点だけにでも出会えたら、その美術展には足を運ぶ甲斐があった、というものです。


文責:「にんげん」

投稿者 学生
2010年5月15日01:20 [行事] | コメント (0)


5/11 【サブゼミ】お食事会

5月下旬→ゼミ生の一部が美術館に行ったみたいです。誰かレポート書いてくださいw

5/11 ゼミが終わった後、ゼミ生8人でお食事会に行きましたー。
普段のゼミだとなかなか先輩方とお話する機会がないので、とても有意義な会でした。恋愛の話、スポーツの話し、ゼミの話、昼の星の話(※1)、一匹の話(※2)などいろいろな話が聞けました。個人的には昼の星が印象に残っていますw 先輩や友達の以外な一面が見れて面白かったです。毎度恒例な一面も見れて面白かったです。僕は聞き役に徹していましたがそろそろ自分の事もいろいろと話していきたいと思いますーー

※1昼の星・・・昼でもキラキラと輝いているらしい、とても言葉では言い表せられないもの。ある種の人たちは「昼の星」を古今東西の文芸作品や絵画、音楽などの中で発見するらしい。僕はまだ見たことがない。
オリガ・ベルゴリツ「昼の星」より引用


※2一匹・・・福田恆存の論文「一匹と九十九匹と」に出てくる概念。正直良く分からない。誰か解説してください!笑 

byさんねんせい

投稿者 学生
2010年5月14日15:29 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


2010 春合宿

一日目
三日目に予定していたスキーが都合により一日目に。
スキーをめいいっぱい楽しんだ後は、新4年生から発表が始まりました。
新三年生の僕は、新四年生の発表がほとんど理解できない笑 卒論合評会の再現です。笑
ただ理解できないからと言ってぼーっとしているのは勿体無いので必死にくらいついていました。それでもあまり理解出来ませんでしたが泣
二日目
新四年生の発表が終わり、三年生の発表が始まりました。相当な準備期間をかけたので、どの発表も力作ぞろいです。とても楽しめました。
休憩時間にはゼミ生と先生で草津名物の湯畑に行ってきました。強烈な硫黄の匂いがとても印象的であり、日本的であると感じました。
まだ発表が残っている人も居ましたが笑、夜は打ち上げをやりました。先生のお話を聞いたり、先輩と語り合ったり、レジュメを直したり笑 おのおの楽しい時間を過ごしました。先輩方と先生に感謝、感謝です。
三日目
新三年生の発表。僕はまさかのやり直しでした。残念無念。新学期に入り、普段のレポートと並行して春合宿レポートに取り組んでおりました。大変だった・・・
そして僕が空振り三振に倒れた後逆転サヨナラホームランを打ってくれたマレーヴィチ姉さんありがとう。

とても充実した三日間でした!!
先生、先輩、合宿係の先輩方、そして新三年生の皆さんありがとうございました!!!

三年生

投稿者 学生
2010年5月 2日17:52 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


2010春合宿までの道のり

12月下旬、一月上旬 長野、群馬までの下見二回
1/23 テーマ決定
1/24 テーマに対するゼミ生全員のコメント
1/30 アウトライン決定
2/1  アウトラインに対する全員のコメント
2/8  ドラフト決定
2/9  ドラフトに対する全員のコメント
2/12 今までのゼミ生のコメントを元にレポート提出
本番直前まで レジュメ作成

大変でした。特にレジュメ作成を皆さん直前まで(宿についてからも!)やっていたのが印象的でした(僕含む。)
三年生

投稿者 学生
2010年5月 2日17:47 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


2010 卒論合評会

卒論合評会

2010年一月に行われた卒業。
四年生が書いた卒論の内容についてゼミ生全員で良かった点・分かりにくかった点を議論しました。
正直なところ2年生の僕には四年生の先輩方の発表が難解過ぎて何を仰っているのかよく理解が出来ませんでした。ただ「たくさん勉強してきたんだなぁ」というのが伝わってきました。あと二年後に、自分も先輩たちと同じくらい勉強ができるようになっているのか?とても不安でした。おそらく他の二年生も同様の感想を持ったのではないでしょうか。
袴田ゼミ恐るべし、そう感じた一日でした。そして貴重な時間を割いて参加していただいた先生、ありがとうございました。

三年生

投稿者 学生
2010年5月 2日17:42 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


09 春合宿&追いコン

報告が大変遅くなってしまいましたが、まずは春合宿から。


3月上旬、2泊3日の春合宿が行われました。

4年生は発表を悠々と見届ける傍観者席
3年生は先輩としての威厳を見せつける発表者席
2年生はゼミでの第一歩を踏み出す初々しい発表者席
袴田先生は、そこにいるだけで発表者に緊張をもたらす特別傍聴席

学生は様々な心持で合宿に挑みました。

発表はどれも決して完璧とは言えないものばかりですが、それぞれの特色が強く、自分には全くない観点からの切り込みであった為、非常に楽しめました。そして今後のゼミ生活での成長が見込めるものだったのではないかと思います。残された時間の限り、ゼミで精進してゆきたいと思います。

お宿は袴田ゼミによって貸し切り状態で、お料理もおいしく、露天風呂も気持ち良く、非常に快適な3日間を過ごせました(発表中以外は)。

全ての発表が終了した後に行われた飲み会では、友と語らうのはもちろん、先生もご自身のちょっとした秘密を打ち明けてくださって(クッションの正体を…笑)大いに楽しみました。という言葉では表現できないほど楽しみました。それだけでなく最終日のスキー・雪遊びでも子供にかえり(精神的にはまだ生まれたての赤子ですが)心から笑い、のびのびと体を動かしました。あのゴンドラから見た、天上にいるかのような景色を忘れることはないでしょう。天上人と同じ視点に立てることは今後皆無であるのた確かですから。

とにもかくにも、充実した濃厚な時間を過ごせました。


袴田先生、この時期は特にお忙しかったかと思いますが、わざわざ学生の為に時間を作っていただいて合宿に参加していただいたこと、また、発表の指導、遊びの指導、道の誘導(正誤はわかりませんが…笑)をしてくださって本当にありがとうございます。また次回もよろしくお願いいたします。


そして追いコン

3月下旬、新宿「どん底」にて行われました。なんと昔は三島由紀夫もこちらを頻繁に訪れていたとか。


それにしても、こんなにも寂しく、嬉しく、期待もできる飲み会は他にあるだろうか?


毎週火曜にもう4年生と会えないと思うと寂しく、目の上のたんこぶが無くなると思うと嬉しく、また新3年生がゼミに新たな風を吹き込んでくれると思うと、これからのゼミに期待できる。こんな感情になれる飲み会は他には見つけられないだろう。(筆者は嬉しさなんて微塵も感じない。)


4年生の影響は非常に大きく、ゼミには不可欠であり、彼らがいなければ今のゼミのこの暖かさはなかったように思う。不思議なのが、彼ら自身にはその「暖かさ」がないことだ。彼らは、ひとりひとりが独立している。個々の趣向はそれぞれ違う。そして彼らは互いにあまり介入しようとしない。悪く言えば、周りに溶け込もうとしない個の集まりだ。だからこそ、彼らには「暖かさ」がないように感じる。しかしながら、その「冷たい」彼らがゼミを作り上げ、そのゼミには「暖かさ」が溢れている。そうだ、まるで鶏と巣と卵だ。鶏の巣の中に、卵として存在している。そして親鳥がかぶさり、卵や巣が温まる。


はなしがずれてしまった。
とにかく、合宿と同じように追いコンも楽しめたことは違わない。
毎年恒例となった先生の胴上げは今年もまた無事になされた。
せんせいばんざい.jpg


ごねんせい

投稿者 学生
2009年3月31日02:37 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


卒論合評会

久々のプレゼンは新3年生が参加したこともあって非常に緊張しました。

長丁場皆さんお疲れ様でした。そして、お付き合いくださった先生、ありがとうございました。

合評会の後の飲み会では4年生、3年生、新3年生がよい雰囲気で盛り上がっており、親睦が深まったように思います。

雨降って、地固まる。

合評会よりむしろ飲み会の雰囲気に脅威を感じた新入生も少なくないかも? 笑

新3年生はお世辞が上手なようで、大層な感想を言ってくれていましたが(笑)2年前の自分も同じようなことを言っていたことを思いだし、何か時間の流れを感じました。

あとわずかなゼミ生の時間を悔いの無いように過ごしていきたいものです。

二次会では卒業生の高梨さんが来てくださいまして、かっこいい社会人っぷりを見せてくださいました。

ありがとうございました。

みなさん、お礼をくれぐれも忘れずに。

投稿者 学生
2009年1月19日23:55 [行事] | コメント (0) | トラックバック (0)


合宿 ありがとうございました。

「本気で学び本気で遊ぶ―」
個人的には、合宿を通して至らない点やご迷惑をお掛けした点が相も変わらず多くあったものの、充実した3日間だったように思えます。私の小さな小さな器に零れんばかりの(でも入るだけの)刺激を頂戴しました。それは単に良かったでは済まず、様々に考えさせられることもあり、思うこともありましたが、これだけ密度の高い貴重な数日を過ごせたことに対しては、心から嬉しいですし、感謝してもし尽くせない思いです。

足穂についての発表は非常に未熟なものでしたが、卒論に少しでも役立てばいいと思います(今頃「思います」って…という風ですが)。ただ一つ、発表の準備が楽しく思えたことは本当に嬉しかったです。

そして係の方々、ありがとうございました。準備から後始末まで、人知れず苦労したこともあったでしょうね。私と違ってその様なところを上手く隠せていた気がして、「うふふ」と思いました。そして見る目がアレでごめんなさい…。猛烈に反省しております。
ありがとう。お疲れ様でした。

最後に、何と言っても袴田先生。お忙しい中、ゼミ合宿にいらしてくださり本当にありがとうございました。この度もありとあらゆる暴投を受け止めてくださりありがとうございます。今回も先生の存在を圧倒的、とひたすら感じることでした。どんな言葉も自意識過剰で陳腐なものに思えてしまい少ない中からの語彙選びが非常に難しいです。


ああ、ぺしみす氏のような立派な反省会ができません。

皆様、それぞれの夏休みを満喫されてくださいね。
あーちゃん(仮名)、行ってらっしゃい!!


Tokud


投稿者 学生
2008年8月28日05:39 [行事] | コメント (1)


ゼミ発表ひとり反省会

先生、ありがとうございました。

何も粋なことはいえませんが、
自分の力量をわきまえて
一言にて感謝の意を表させていただきます。

合宿について
 体力的にはあと2日あったらアウトな感じのぎりぎり加減でしたが、思い返すととても楽しかった気がします。やっぱこれでないと。それだけに、家に帰ったときのなんとなーくなあの喪失感がたまりませんでした。まだ社会に出ていないので分かりませんが、「こんなことはもう無いかも知れない」と考えると非常に寂しいですが、「まだ何回も合宿が控えてる」となるときっと嫌だと思うのでしょう。勝手なものです。
 ホテル選択についてはなかなかに無責任な行動によって先生や3年の合宿担当両氏、会計さん他、参加者に迷惑をかけた点、反省しています。

自分の発表について  テーマ:「ロシアの石油・天然ガス産業と国家の関係」
 「発表はよくまとまっていました」、というありがたい言葉を頂きました。構成はうまくいっていたほうだと思います。自分にとってはプレ発表がプラスの方向に働きましたかね。前まで直前まで本を読んでいてぎりぎりで資料を作って自分の資料に一回も目を通していないなんてことがよくあったので。
 反省点としては…結局卒論につながらなかったこと、後半取り上げたウクライナとロシアの天然ガス値上げの話からも見て取れるようにより広い背景知識が全くおっつかなかったこと、30分で終わらせるつもりといっておきながら、60分ぴったりになってしまったこと、ウォッカにやられて声が出なかったことだと思います。

他の人の発表について
 (おきまりの……「どれも面白かったのですが」、敢えて言うならば特に)レーピンと足穂と谷崎(ミシマ)の発表に特に影響されました。というか思うところがありました。嫉妬です。あと自分への失望?まだ期待してたのかってね。それ以上のものとはいえませんが、結構強力なものです。恨みます。うそです。恨みません。でも妬みます。でも本当に羨ましいんですかね。羨ましいんでしょうね。

北方領土の発表について
 両氏、自分の発表もあり、部活もあり……あれもありこれもありと忙しい中で未完成ながらもよく組み立てられた発表だったと思います。なんら的確なアドバイスもせず、手助けもせず、無責任以外の何物でもなかったわたくしめを許……許さなくていいです。「断定的・授業的な話し方ではなく云々」というのは、微妙な雰囲気の問題。柔軟なしゃべり方(要は迷いが多いしゃべり方)をしていた我々にはあのような突っ込みは無かったけれど、それは理解が正しかったからではなく、それだけの突っ込みを入れる気を起こすことができなかったから。今回の発表は、我々と同じような内容の発表をしていた(と思う)にもかかわらず、我々の時よりもはるかに多くの得るものがありました。色丹島、頑張ってください。

"pessimist"

投稿者 学生
2008年8月27日22:44 [行事] | コメント (2)


08'夏 ゼミ合宿

2008年8月20日~22日
栃木県鬼怒川にて

三年生にとっては早くも二回目の合宿。
四年生にとってはなんと(公式的には)最後の合宿…。
いかがでしたでしょう。
皆様お疲れ様でした!

袴田先生、三日間本当にありがとうございました。


後程写真もアップさせていただきます。楽しみ~

投稿者 管理人
2008年8月26日20:27 [行事] | コメント (0)


B.B.Q.!!

2008年8月7日(木)
和泉多摩川にて

今年も袴田ゼミ、バーベキューパーティーを行いました。
天候に恵まれ、素晴らしいバーベキュー日和でしたね。


八月七日の和泉多摩川.jpg
午前中から日が落ちるまで太陽の下で遊びまわりました。(photo:CameraKozo)


参加してくださったゲストの皆様、どうもありがとうございました。
そして先生、ご多忙中今年も長い時間、学生と一緒に過ごしてくださり本当にありがとうございました。

楽しかった!!
皆様お疲れ様でした。

投稿者 管理人
2008年8月26日19:43 [行事] | コメント (0)