2006年12月 8日

街全体がキャンパス! 粋なバーもあるサラマンカ大学


浦山泰之(国際政治学科4年)
スペイン サラマンカ大学
法学部政治学科 交換留学中

「ハァー、何言ってんだかわかんねーよ、ん? あ、アルゼンチン人なんだ!あの先生。ドウリで聞き慣れないスペイン語なわけだ。」こんな話を友人と交わしながら毎日が過ぎて行く。場所はスペインのサラマンカというマドリードから3時間ほどバスで北西に行ったところにある小さな大学都市。日本との交換留学で来年の6月までお世話になる予定である。

大学で僕が所属しているのは法学部の政治学科。毎日は楽しい。授業がわからない時を除いて。スペインで政治というとあまりピンと来ない方が多いかもしれないが、それなりにメリットというのはあって、授業内容が日本のソレとはかなり異なる。スペインという国の地理的、歴史的観点によりヨーロッパに的を絞った授業や中南米に関する授業が非常に豊富だ。元々中南米の文化、歴史に興味があった自分としては相当恵まれた環境である。問題は、やはり語学力。こればっかりは辛抱強く勉強して行くしか上達の道はない。「これはどうしてだと思う?」、教授が学生に問う。学生が答える「○○○○」、「うん、そうだね」。ちょい待った!もう一回お願いできる?と聞けるはずもなく授業は僕をおいて次のテーマへ。これが一番ストレスの溜まるパターンだ。とまあ嘆いていてもしょうがない。なんとかやって行こうと今日もまた本を広げる。

サラマンカの生活は非常におもしろい。街は完璧な大学都市で、大学がこの街の中心と行ってもちっとも過言ではない。街中にキャンパスが点在し、授業の度に街を横断したりしなくてはいけない。日本によくある校門をくぐってそこにあらゆる学部棟が詰まっている印象とは少々異なる。とにかく、街全体がキャンパスなのである。そこまで大学と街が融合するとその境というのも非常に曖昧になってくる。あらゆるキャンパスがそれぞれにバル(バー)を備え、そこにはもちろんビールからラム酒(美味)からすべてそろっている。学生に混じっておっちゃんが新聞を広げているし、バルの主人はチョビ髭なんか生やしてすっかり貫禄が付いている。キャンパス内で酒を飲んだら退学の我が悲しき(?)大学とは相当趣が異なる。他にも通学路にあるスペイン一美しいといわれる広場、荘厳なカテドラルなどは一見の価値ありだ。今はこの些か現実離れした生活を楽しみながら、毎日をどうやって充実させてやろうか、と意気込んでいるところである。




Category: from Spain
Posted by sipec at 11:30 | Comments (0) | TrackBack (0)

2006年12月 4日

UNESCO バンコクで修行中


OG(2005年卒)
United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization
Bangkok Regional Bureau
Intern

こんにちは。今年の9月に英国で修士課程を修了し、10月からUNESCOのバンコク地域事務所でインターンシップをしている国際政治経済学部の卒業生です。まだ一ヶ月程度しか仕事はしていませんが、仕事内容やタイについて簡単に紹介したいと思います。

インターンシップ開始後1-2週間でUNESCO, UNESCO Bangkok, 私が所属する部署の報告書などを読みながら組織を理解したり、教育統計について学んだりしていました。また、私はEducation For All (EFA) Mid-Decade Assessment (MDA) technical workshopという大きなイベント前という時期にインターンシップを始めたので、ワークショップのための資料作成の補助や下書きを主に行っていたため、まだ本格的には仕事をした気がしません。一応、応募のときの職務内容はEFA MDAのregional reportのためのデータ分析という、ちょっと生意気なものなので、これから楽しみです。

国連機関で働いていて感じることは、国連は経済学的に非効率かもしれない分野もカバーしなければならないということです。UNESCOの教育分野で一番力を入れているのはEFAの達成で、これは教育の普及と質の向上を目指すものです。特に強調されるのは、”un-reached” groupへの教育の普及, 特にchildren with disability, 少数民族、rural area, low caste, 女子などの教育水準を高めることです。経済学や民間企業ではMR=MCとなるところまでしか投資されないかもしれませんが、vulnerable peopleを守る国連ではそうもいかないのです。

最後にまだタイについて語れる程滞在していませんが、タイに居て感じたことを少し紹介したいと思います。タイは日本人にとってとても暮らしやすいと感じます。バンコクは日本以外で日本人が一番多く住む街らしく、自然と日本のモノも多く出回っています。文化的にも日本と似ているところがあって、例えば目上の方々を尊敬すること(目上と年下では言葉遣いが違ったり、「〜さん」にあたる”Khun”を名前の前に付けたりします)、会釈をすること、あまり路上で知らない人に話しかけられないことなどが挙げられます。私が好きなのはお礼を言うときや初対面の相手に挨拶をするときに手を合わせる(ワイと言います)こと、それから私は” The power of speaking Thai”と呼んでいるのですが、タイ語をほんの少しでも頑張って使うと会話が弾んだりとても良く接してくれたりすることです。タイ人は穏やかで優しくそして経済不況にも落ち込まないような強さを持った人々という印象を持っています。

私が今年タイに住めてラッキーだなと思ったのは、今年は王様の即位60周年であることです。黄色が王室への忠誠を表す色であることは周知の事実ですが、タイでは王様が月曜日に生まれたということで月曜日は「黄色の日」となっています。さらに今年は王家の紋章が付いた60周年ポロシャツ(黄色)が広く出回っていて、月曜日はほとんどの人がそのポロシャツを着ています。オフィスでもOKです。タイ語で”I Love the King”と書かれたTシャツ(黄色)や車などに貼るスティッカーもあります。その他に私が驚いたことは毎日夜8時になると5つのTV局で一斉にその日の王室の公務を紹介する番組が流れることです。タイの王室が国民に愛されていることを日々感じます。

バンコクの繁華街にもクリスマスツリーが並び始めました。
皆様良いクリスマスと新年を。




Category: from Thailand
Posted by sipec at 10:45 | Comments (0) | TrackBack (0)
resent entry
from Brazil [1 items]
from England [3 items]
from Russia [1 items]
from Scotland [1 items]
from Spain [3 items]
from Sweden [2 items]
from Thailand [1 items]
from U.S.A [7 items]

archives
search
Search this site: