2005年1月14日

Paternity Leave?


金子隆直 97年卒 携帯電話メーカー勤務

 明けましておめでとうございます。
 ちょっと季節遅れですが、スウェーデンは正月よりもクリスマスの方がビッグイベント、このときばかりは土曜日もお店が夜遅くまで開き(普段は4時まで)、日曜日もお店が開き(普段は休み)、街にはクリスマスマーケットが立ちます。でも、アメリカの様な派手さはなく、寂しいといえば寂しいのですが、むしろ可愛らしいという印象です。しかし、やっぱりニッポン人は正月ですよね。私も、お正月は日本でおせち、お雑煮そして日本酒を堪能しました。

 さて、「ゆりかごから墓場まで」の言葉で有名なスウェーデンの福祉政策。前回はそのための税金が高いという話でしたが、今回からは、その福祉の方をお話しします。

 まずは、Paternity Leave。勘のいい人ならわかりますよね? Maternity Leave(産休)のお父さん版です。スウェーデンでは、高い税金(低い手取り?)のせいもあって「共働き」が原則なのですが、一方で子供・家族をとても大切にする国です。子育ては両親の責任と位置づけられており、従業員は子供が生まれて3年以内に約2ヶ月間(連続しても、小分けにしても可)の産休をとる権利があり、会社はこれを妨げてはいけないのです。僕の上司などは、去年、夏休み(大体皆さん一ヶ月は休む)と育児休暇をくっつけて3ヶ月会社を休んでいました。ハッキリ言って、僕ならばそんなに休んだら社会復帰不能ですけどね。いわゆる産休(Maternity Leave)もあるわけですから、子供が生まれてから3歳になるまでの間に夫婦が交代で、子供のために過ごす時間が持てるということは、僕は素晴らしいことだと思います。また、必ず両親のどちらかが学校に子供を迎えに行きますし、夕食は家族揃ってというが大原則のようです。

 また、子供を大切にするという意味で、ちょっと面白いと思ったのは、子連れでバスに乗ると、子供は席を譲ってもらえたり(お年寄りも席を譲る!)、またちょっと高めのレストランでも子連れ入店大歓迎で、お店の人も周囲のお客さんも良くしてくれるようですし、事実、食事をする若い夫婦のテーブルには乳母車が横付けされている光景もよく見かけます。今回は子供に関する話題でしたが、次回は医療について触れてみます。 

いよいよ冬本番と思いきや、今年は暖冬らしく、毎日生暖かい風が吹き、雨が降る日々が続いています。海も荒れてしまい、正月以来、趣味の釣りができません。(今はタラ釣りが本格シーズン。この時期は白子が最高なんですけどね。)

 年末に釣ったタラで鍋     家の前に立ったツリー
tara.JPEG   tree.JPEG


Category: from Sweden
Posted by sipec at 11:00 | Comments (2) | TrackBack (0)
resent entry
from Brazil [1 items]
from England [3 items]
from Russia [1 items]
from Scotland [1 items]
from Spain [3 items]
from Sweden [2 items]
from Thailand [1 items]
from U.S.A [7 items]

archives
search
Search this site: