青山学院大学国際政治経済学部
武田興欣ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部  


武田興欣ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/o-takeda/seminar/m/


07年度前期3限文献リスト

2007年度に3限のゼミ(3年生)が読んだ文献リストです。
それぞれ文献を指定し、発表をしました。

○著者、「文献名」、出版社
○その文献に対するコメント

○池澤康、「アメリカ日本食ウォーズ」、旭屋出版、2005
○アメリカでは寿司をはじめとする日本食がブームとなっています。ブームへと至った背景や、アメリカの食生活の変化などをわかりやすく説明している、とてもわかりやすい本です。

○近藤武「アメリカの内なる文化戦争 なぜブッシュは再選されたか」 日本評論社
○アメリカの文化としての宗教と、政治に及ぼす影響を見ることのできる本で、政治と宗教の関わりを投げかけている。特に再選をテーマに政治に関与する宗教団体の動向を探っていくものである。

○柴山哲也著「戦争報道とアメリカ」PHP新書
○イラク戦争における戦争報道のあり方を例に挙げ、メディアの影響力についてわかりやすく論じている本です。

○ジョージ・H・セージ著 深澤宏訳 「アメリカスポーツと社会―批判的洞察―」不昧堂出版
○「日本で興行が成功していないスポーツ種目の多くが、アメリカでは成功しているのはなぜだろう?」そんな疑問からスタートして、この本にたどり着きました。この本を通して、スポーツの問題が人種問題や政治やメディアと意外な方向に広がりリンクしていることがわかりました!

○ヒラリー・ロダム・クリントン著 酒井洋子訳「リビング・ヒストリー:ヒラリー・ロダム・クリントン自伝」早川書房
○この本はヒラリーが大統領の妻であったファーストレディ時代のことが中心に描かれている本です。日本人には馴染みのないファーストレディという仕事がどんなものかヒラリーの視点から、ユーモアを交えながら書いてあり、とても読みやすいです。この本とその発表によって私はファーストレディを調べる面白さを見つけることができました。

○矢部武 「アメリカ病」 新潮新書
○現代アメリカのおかしな矛盾点をとりあげています。過剰なまでの健康思考や、
心療内科の隆盛、美容整形の流行など。強迫観念に覆われた米国社会を分析している本ですが、わかりやすく読みやすく書かれているので問題意識をもったり取りかかりにはいったりしやすいです。

○矢部武 「人種差別の帝国」 光文社
○職場、映画界、司法制度など、日常生活の中に存在にする人種差別をあばく。表
面的には法律によって禁止されているが、未だに人々の差別感情は社会に根強く残っているという現実が見える。

投稿者
2007年10月 8日19:36 [通常授業/活動内容] | トラックバック (0)


2006年度3年生(4限)

昨年度同様、今年度とも、前期は各自が発表したいテーマについて、ゼミのみんなで読みたい文献を春休み中に図書館で探し、その文献に基いて20分くらいのプレゼンを行いました。 プレゼン後、質疑応答をして、発表者が決めてきたディスカッションポイントについて、話し合いました。詳しい内容は下記です。

◎アメリカ大統領選挙の仕組み
明治大学政治経済学部創設百周年記念叢書刊行委員会編『アメリカの光と闇-国際地域の社会科学Ⅰ』(御茶ノ水書房、2005年)

◎ジャーナリズムと調査報道
下山進『アメリカジャーナリズム』(丸善ライブラリー、1995年』

◎豪州のアボリジニーとアメリカのインディアン
早稲田大学オーストラリア研究所編『オーストラリアのマイノリティ研究』(オセアニア出版、2005年)
有賀夏紀、油井大三郎編『アメリカの歴史-テーマで読む多文化社会の夢と現実』(有斐閣、2003年)

◎大統領とメディアの関係
石澤靖治『大統領とメディア』(文春新書、2001年)

◎ブッシュとイラク戦争
アーサー・シュレンガー・Jr『アメリカ大統領と戦争』(岩波書店、2005年)

◎豊かなアメリカ社会の背後にある貧困の問題
J・アイスランド『アメリカの貧困問題』(株式会社シナ、2005年)

◎アメリカの同性愛者
ロバート・T・マイケル、ジョン・H・グニョン、エドワード.・O・ローマン、ジーナ・コラータ『セックス・イン・アメリカ~はじめての実態調査』(日本放送出版協会、1996年)

◎アメリカに進出する日本食
池澤康『アメリカ日本食ウォーズ』(旭屋出版、2005年)

投稿者
2006年10月 6日01:12 [通常授業/活動内容] | トラックバック (0)


2005年度 3・4年生前期=(5限)

3・4年生前期(=5限)

昨年度・今年度とも、学期初めはブッシュ大統領の年頭教書演説やイラク開戦演説の全文を読んでビデオで見ました。その後、今学期は、アメリカという国のしくみを学ぼうと言うことで、毎回毎回違った面からアメリカの基礎を見ていきました。前の週に先生から渡された文献の冊子をあらかじめ読んできて、次の週に、その文献の内容について、考えられることなどをディスカッションします。前期に扱った内容は、下記です。

●扱ったトピック
  ・大統領の一般教書演説
  ・議会1
  ・議会2
  ・レーガノミックス
  ・最高裁判所
  ・中絶問題1
  ・中絶問題2
  ・米軍基地
  
  

投稿者
2005年10月 6日23:29 [通常授業/活動内容]


2年生後期(2005年度3年生)

選考発表から4月までの時間を無駄にしないため、この時期には、皆で先生から紹介された本を読みます。今年は明石紀雄編著『21世紀アメリカ社会を知るための67章』(明石書店、2004)で、この本の中から自分の興味深いテーマを選び、皆で紹介し合いました。この発表は、冬休み明けの1月に行いました。冬休み中に読まなくてはならないので、お正月もうっかりだらだらしないで(?)すみます。この2年の後期に何をするかは、ゼミ決定後のミーティングで決められます。

投稿者
2005年10月 6日21:58 [通常授業/活動内容]