UPDATED : FRIDAY, SEPTEMBER 5, 2014

国際研究センター

2014年9月 5日

9月27日①企業を標的とするトランスナショナル人権訴訟運動の拡大-ネットワ-クの構造,権力,成長-②内戦下における土地と政治力の地方紛争ダイナミクス-フィリピン・ミンダナオを事例に-

国際研究センター主催研究会のお知らせ


日時
2014年9月27日(土)14:30-17:30


場所
青山学院大学8号館4階国際研究センター会議室
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html


担当 和田 洋典(国際政治経済学部)

発表1.
企業を標的とするトランスナショナル人権訴訟運動の拡大
――ネットワークの構造、権力、成長――

古内洋平
フェリス女学院大学 准教授


発表2.
内戦下における土地と政治力の地方紛争ダイナミクス
――フィリピン・ミンダナオを事例に――

大木優利
ジュネーブ高等国際問題研究所 博士課程


発表1. 要旨
 1990年代後半から、環境破壊や人権侵害などの問題領域では、民間企業の責任を問う運動が活発化している。そこでは運動拡大の戦術のひとつとして、人権訴訟が広く使われてきた。世界各地の環境破壊や人権侵害の被害者たちが、NGOや活動家の支援を得ながら、民間企業を相手取って米国などで次々と損害賠償請求訴訟を起こしているのである。こうした一連の動きは、関連企業にCSR活動への取り組みをうながし、プライベート・ソーシャル・レジームの形成につながるなど一定の成果をあげた。なぜ90年代後半以降になって人権訴訟運動が流行・拡大したのか。そもそも、なぜこれらの運動は民間企業をターゲットにしているのか。本報告では、これまでの人権訴訟に参加したアクターをひとつのトランスナショナルネットワークとみなし、ネットワーク分析の手法を用いて、訴訟運動の流行やターゲット決定をネットワークの構造から説明する。これにより、トランスナショナルなネットワーキングの功罪が明らかとなる。


発表2. 要旨
 既存の紛争研究は内戦を中心に議論されているため「政府」と「反政府組織」の対立軸ばかり着目されているが、内戦を経験している国では政府に対する反乱以外の国内紛争(intrastate conflicts)も地方において教徒が大多数を占める地域では、土地の所有権や、地方政治力競争に関連した地方紛争(communal conflicts)が起きており、異なる種類や規模の紛争が各地域で起きている。また、反政府組織による反乱と平行して発生している場合もある。そこで、本研究は「内戦下における地方紛争のダイナミクス」を主題とし、地方紛争は他の国内紛争と比べてなぜ暴力化するのか、という問いから、フィールド・インタビューを用いて次の二つの仮説を提示する。武器と部隊を保有する地方の政治エリートは、選挙区での政治力を確保、または、保持する目的を持って地方紛争に介入し、自前の武器と部隊投入によって地方紛争の暴力を促進する。二つめの仮説は、クリスチャン入植者とムスリム原住民との間で起きる地域限定的な土地紛争が、反政府組織の目的である「植民地支配時代に遡るイスラム教徒伝来の土地奪還」イデオロギーと結び付く事によって、反乱軍を地方紛争に巻き込んだ暴力が展開される。二つの仮説が示唆するところは、私的武力を用いた政治エリートの介入と、反政府組織によるイデオロギーとの合致によって、地方紛争は部族ネットワークを経由しながら暴力の規模を拡張していく。


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年7月 2日

8月3日 国際規範形成における行動基準をめぐる解釈の対立―「保護する責任」を事例として―

国際研究センター研究会


日時
2014年8月3日(日)15:00-18:00


場所
青山学院大学8号館4階国際研究センター会議室

発表1.
グローバルな規範の生成と伝播 ―規範ライフサイクルモデルを超えて―
足立研幾
立命館大学国際関係学部 教授


発表2.
国際規範形成における行動基準をめぐる解釈の対立 ―「保護する責任」を事例として―
志村真弓
東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程


司会 和田洋典 国際政治経済学部 准教授


発表1. 要旨
 近年、国際政治における「規範」の重要性を指摘する研究は増加している。しかし、規範に関する研究は個別事例研究の積み重ねの段階にとどまり理論的に体系立っているわけではない。本報告では、これまで行われてきた国際政治における規範研究に足りないものを指摘し、そこを埋める作業を行う。その際、兵器使用をめぐる規範を事例に取り上げる。国際政治学における規範研究において、安全保障問題が取り上げられることはまれである。国家の存亡に関わる安全保障分野においては、規範の影響は最も小さくなり、国家は生存追求を第一に行動すると考えられてきたからである。従来の規範研究の理論的問題点に留意しつつ、兵器使用に関する規範がいかに形成されてきたのかを検証し、さらに兵器使用をめぐる規範がいかなる役割を果たしてきたのかを検討すること、これが本報告の目的である。

≪関連参考文献≫
足立研幾「新たな規範の伝播失敗 ――規範起業家と規範守護者の相互作用から」『国際政治』176号,2014年.


発表2. 要旨
 冷戦後の国際社会は、一国内の人道危機の発生に際して、「過剰な介入」(適切な武力行使をめぐる論争)と「過小な介入」(人権侵害の放置をめぐる論争)の両方の課題を抱えることとなった。2005年に国連総会で採択された「保護する責任」概念は、同概念に関する加盟国の合意を背景に、それが人道危機に際する国際社会の行動基準として機能することを期待されてきた。しかし、原則的な合意形成から10年目を迎えようとする現在も、たとえばシリア内戦に対する各国の言動に明らかなように、「保護する責任」概念をめぐる各国の解釈論争は続いている。本報告は、こうした「保護する責任」を事例として、国際規範の形成過程に繰り返される関係諸国間の解釈対立について理論的分析を行う。「保護する責任」の場合、これに同意する最終的な主体は国家であった。この点に着目することで、同概念の論理が、領域主権国家にとって受け入れやすい「補完性(complementarity)原則」と「必要(necessity)原則」に基づいて再構成された経緯を明らかにする。次いで、これらの原則が、諸国が多様な解釈を許される原因として働いている点を指摘する。こうした考察を通して、解釈競合を規範の形成途上に特有の現象とみなす先行研究とは異なる見解を示したい。

≪関連参考文献≫
志村真弓「『保護する責任』をめぐる行動基準論争
――補完性原則と必要性原則の政治学的分析」
『国際政治』第176号(2014年3月).


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年6月20日

6月25日 欧州議会選挙と欧州懐疑主義

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催


欧州議会選挙と欧州懐疑主義
―欧州における右翼ポピュリズムの成長―


「右翼ポピュリスト政党は、なぜEUに反発するのか?」
《講師》古賀光生(二松学舎大学専任講師)


「イギリスにおける新興政党の伸張-『欧州懐疑主義』?」
《講師》若松邦弘(東京外国語大学教授)


≪司会≫ 羽場 久美子 教授(本学国際政治経済学部)


日時:6月25日(水)16:00~18:00


場所:青山学院大学8号館 4階 国際研究センター会議室


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp



2014年6月20日

7月18日 National Identity and Audience Cost

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催

National Identity and Audience Cost


《講師》Dr. Ryu Yongwook

(Assistant Professor at Department of International Relations, Australian National University)


講師略歴: Biography:

Dr. Ryu is an assistant professor in the Department of International Relations, College of Asia and the Pacific at the Australian National University. He researches on a wide range of topics from East Asian international relations, foreign policies of China, Japan, and Korea, and ASEAN to identity politics, economic statecraft and international law, and has published in The Asian Survey, The Pacific Review, Korean Journal of Defense Analysis among others. Currently, he is working on a book project on identity and security and several articles examining threat perception in Sino-Japanese relations and the effect of the history problem on domestic public opinion in Japan. He holds a BA with first class honors from The University of Auckland, New Zealand, and a PhD from the Department of Government, Harvard University.


Seminar Abstract:

This paper extends the recent research on audience costs theory by examining the hitherto unexplored connection between national identity and audience costs. Based on the underlying reputational rationale of audience costs theory, we argue that national identity affects audience costs because it influences the degree to which citizens care about national reputation. We hypothesize that those who have a higher degree of national identity would punish the leader for empty promises more than those who have a low level of national identity. We embed an experiment in an online national survey in Japan to test the hypothesis, and report two major findings. First, as hypothesized, the greater one's national identity, the more s/he punishes the leader for making an empty threat. The second finding is that this general relationship hides an important difference between reasoned nationalism and blind nationalism. Reasoned nationalism leads to audience costs, but blind nationalism does not generate audience costs.


≪司会≫ 林 載桓 准教授 (本学国際政治経済学部 )


日時:7月18日(金)16:30~18:00


場所:青山学院大学8号館 4階 国際研究センター会議室


※使用言語:英語


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年6月20日

7月17日 "Military culture and operational effectiveness"

2014年度 国際研究センター研究会のお知らせ


"Military culture and operational effectiveness"


講師:Joseph Soeters
Professor, Management & Organization Studies, at the Netherlands Defence Academy and Tilburg University


講師:René Moelker
Associate Professor, the Netherlands Defense Academy


司会・討論: 青井 千由紀
青山学院大学 国際政治経済学部 教授

使用言語:英語


講義内容:In "Military culture and operational effectiveness" the focus will be on how military cultures can be described and what their impact may be on the performance of armed forces in operational conditions. Military culture is not a monolythic phenomenon; it knows varieties across national lines, between services as well as between demographic groups within the military organization. All varieties have different impact on operational performance.
講師略歴:Joseph Soeters is a professor of management & organization studies at the Netherlands Defence Academy and Tilburg University. His most recent publication is the co-edited "Routledge Handbook on Research Methods in Military Studies, 2014 (together with Patricia Shields and Sebastiaan Rietjens).

René Moelker (Rotterdam, 1960) holds a Ph.D. from the Erasmus University Rotterdam (1992). He lectures at the Netherlands Defense Academy where he is associate professor of sociology. His work in military sociology concentrates on the sociology of military families, military technology, military profession, international co-operation, the military sociology of Norbert Elias, military education, conflict in Chechnya and media. With Stephen Mennell he edited Norbert Elias's The Genesis of the Naval Profession (2007, Dublin: UCD press). He published several more books and in journals o.a. in the British Journal of Sociology and in Armed Forces and Society (amongst others on military families and the Dutch Approach). A book on militaire families (Routledge will appear 2015. He was acting president of the European Research Group on Military and Society from 2009-2011. From 2011 he is secretary of this above mentioned Research Group.


日時: 2014年7月17日 (木)  午後18:30−20:00


場所:青山学院大学 青山キャンパス8号館4階 国際研究センター会議室

アクセス:http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/access.html

キャンパスマップ:http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html


参加登録:2014年7月16日(水)まで: e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年6月18日

7月9日 タイ2014年クーデターの政治背景

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催


タイ2014年クーデターの政治背景


《講師》水上祐二氏
(チェンマイ大学 人文学部 歴史学科 専任講師)


≪司会≫菊池 努 教授
(本学国際政治経済学部 国際政治学科)

     


日時:7月9日(水)12:30~14:00
場所:青山学院大学8号館4階 国際研究センター会議室


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.j


2014年6月18日

6月27日 Agrarian change and livelihood dynamics of small scale farmers in south Tamil Nadu, India

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催

Agrarian change and livelihood dynamics of small scale farmers in south Tamil Nadu, India


《講師》Dr. Muniandi Jegadeesan
(総合地球環境学研究所 & Tamil Nadu Agricultural University)


【Abstract】
Indian agriculture has been under tremendous pressure due to recent globalization and the deterioration of water resources. We conducted the survey of 200 households from four villages in Tamil Nadu, India where so-called tank (small reservoir) irrigation is dominant water source. The results show that paddy farmers have diversified their crop choices based on water availability (e.g. tank deterioration) and market potential. Sizable proportion of the respondents have chosen to migrate internationally and grown milk and meat animal for their livelihood support. With the complication of farming, the demand for high level farm management skills is increasing.


≪司会≫ 加治佐 敬 教授
  (本学国際政治経済学部) 


日時:6月27日(金)17:00~18:30
場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年6月10日

6月14日 "Global Education around the Globe: Should World History and Geography become Compulsory Subjects in High School"?

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催セミナー

"Global Education around the Globe: Should World History and Geography become Compulsory Subjects in High School"?              


①「The Role and Place of Intelligentsia in Russia:
Translation of Tradition」
《講師》Dr.Konstantin Vinogradov, Ph.D in History , International Studies

講師略歴:Ph.D in History (Moscow University), Ph.D in International Studies (Waseda University), Representative of Russian
Cooperation Agency ("Rossotrudnichestvo") in Japan


②「Does History Education Really Matter?
The Comparative Study of Japanese and Russian History Textbooks(1997-2010)」
 
《講師》Dr.Elena Kolesova, Ph.D in History (Asian Studies)


講師略歴: Programme Leader of Postgraduate programmes, Unitec Institute of Technology, Department of Communication Stadies
(Auckland, New Zealand); Reviews Editor New Zealand Journal of Asian Studies

③「Role of History in a broad and balanced secondary education and recent developments in the UK National Curriculum」

《講師》Dr.Elena Zaitseva, Ph.D in History (Educational Studies)


講師略歴: Research Officer, Academic Registry Education and Academic Quality Services
(Liverpool John Moores University, Liverpool, UK)


≪司会≫ポダルコ・ピョートル教授
    (本学国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科)


6月14日(土)13:00~17:00
場所:青山学院大学総研ビル8階 第10会議室


※使用言語:英語,日本語


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年6月10日

6月13日 "Multi-culturalism and the problem of historical education in modern British society"

2014年度 青山学院大学国際研究センター主催セミナー


"Multi-culturalism and the problem of historical education in modern British society"


  
発表者:Dr.Elena Zaitseva,


Ph.D in History (Educational Studies)
講師略歴: Research Officer, Academic Registry Education and Academic Quality Services (Liverpool John Moores University, Liverpool, UK)


2)ドキュメンタリー映画
「謎の騎馬民族・スキタイ古墳発掘」


≪コメンテーター≫ポダルコ・ピョートル教授
  (本学国際政治経済学部 )


日時:6月13日(金)13:20~17:00
場所:青山学院大学8号館 4階 国際研究センター会議室

※使用言語:英語,日本語

参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年5月13日

6月21日 18世紀ヨーロッパの雑誌における日本表象

青山学院大学 国際研究センター主催


「18世紀ヨーロッパの雑誌における日本表象」


《講師》Francesco Campagnola 氏


(Dr. Assistant, Ghent University(BELGIUM), Faculty of Letters and Philosophy, Department ofLanguages and Cultures Institute of Japanese Studies) 


この講演では、17世紀末葉から18世紀中葉にかけて、「文芸共和国」という学者の共同体で好奇心の的にして文化的・象徴的な表象の対象となった「日本」について考察しよう。考察にあたっては、近世の学術雑誌に焦点を当てる。当時新しく興隆しつつあった学者たちの国際的共同体にとって、雑誌とは、最も包括的にして最新の交流手段にほかならなかった。そうした雑誌の内容を――なかでもフランス語で書かれた雑誌のいくつかを選び出してその全記事を――分析することで、「日本」が主にどのような話題と結び付けられていたのか、またそれがますます包括的にして体系的になりゆく近世の知識人たちの知識の発展にとっていかなる意味をもっていたのか、理解できるだろう。つまりこの講演は、世界の表象が新しく拡張され形成されていくなかで「日本」が担った、発見的にして修辞的な役割の見取図を提示するものである。その際、「日本」をそのほかの非ヨーロッパ地域が担った役割とも結びつけつつ、「日本」に固有で特殊な特徴に光を当てる。そうして最終的には、「日本」の表象が「文芸共和国」自体に内在していた分裂と統合といかなる関連を示しているのか、考察することにしたい。


講師略歴:
Dr. Assistant, Ghent University(BELGIUM), Faculty of Letters and Philosophy,
Department of Languages and Cultures Institute of Japanese Studies.
 Associate Researcher, Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University(2011-2013).
Associate Researcher, Institute for Research in Humanities, Kyoto University(2009-2010)
Research Assistant: "natura e sovranatura nella filosofia tedesca della prima età moderna", Università di Roma 'Sapienza', funded by the Ministry of Research and University(2008-2009)

Teaching Experience: Ghent University
Japanese: text and context - Modern Sovereignty from Thomas Hobbes to Maruyama Masao


著作:博士論文:
«Formes et histoires des savoirs philosophiques dans l'Europe moderne e contemporaine », Sorbonne (Paris IV), Università degli Studi di Lecce. In cotutorship (cotutelle) with École Pratique des Hautes Études(2008).
Book: Teorie dell'analogia tra Irlanda e Inghilterra nel secolo XVIII. La fine dell'unità della ragione(Theories of Analogy in Seventeenth and Eighteenth Century England and Ireland. The End of the Unity of Reason) , Olschki, Firenze 2012
Articles: (with Fiorella Bucci) The Shifting Place of Madness in Modernizing Japan. An Interview with Kazushige Shingu, in: «Rivista di psicologia clinica/Review of Clinical Psychology» 1 (2014)
『「文芸共和国」の分断──学問の共同体における制度と個人の関係(The Republic of Letters Breaking up. Institutions and Personal Relationships in the Community of Knowledge)』, in: «Diaphanes», I, 1 (2014)『自己、社会、そして神に反して──哲学・法学・文学に見る一八世紀イタリアの自殺論 (Against Oneself, Society, and God. Theories on Suicide in Eighteenth Century Italy's Philosophy, Jurisprudence and Literature) 』, in: «Gendai Shisō (現代思想)» XLI, 7 (2013)


≪司会≫ ポダルコ・ピョートル 教授 (本学国際政治経済学部 )


≪討論者≫陳 継東 教授 (本学国際政治経済学部 ) 


日時:6月21日(土)16:00~17:30
※使用言語:日本語

参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年4月25日

5月10日  ①国内規範の多面性 ―武器輸出三原則の緩和を事例として―, ②1960年代における米・西独関係の変容― 安全保障と経済の相関関係に着目して―


国際研究センター研究会のお知らせ            
 

         記


日時
2014年5月10日(土)14:30-17:30


場所
青山学院大学8号館4階国際研究センター会議室


発表1.畠山京子
関西外国語大学 講師


国内規範の多面性
――武器輸出三原則の緩和を事例として――


 冷戦後、日本は、国際平和協力活動への参加や対テロ戦における協力等、安全保障分野における役割を拡大してきている。このような流れのなか、2011年、民主党政権は、日本の反軍国主義あるいは平和主義的な規範の象徴ともされていた武器輸出三原則の緩和を行った。これは、長年日本の安全保障政策を縛ってきた反軍国主義的な規範が変化あるいは消滅したことを意味するのだろうか。本報告では、武器輸出三原則の緩和を事例に、上記の問いに答えることを目的とする。検証の方法としては、1.インタビューを通じて主なアクター(政府、左派、防衛産業、経産省など)がどのように規範を解釈しているのか、2.緩和へと至った国内・外部要因、の2点を中心に考察する。


発表2.
倉科一希
広島市立大学国際学部 准教授

1960年代における米・西独関係の変容
――安全保障と経済の相関関係に着目して――


 1960年代において、アメリカと西欧同盟国との関係は大きく動揺していた。米ソ間の相互抑止状態が徐々に確立してアメリカの核拡大抑止の信頼性が揺らぎ、同盟関係が不安定化した。さらに経済的にも、アメリカ経済が対外関与の負担に苦しむ一方、西欧諸国の経済復興が進んで、両者の軋轢が増した。
本報告では、安全保障領域における変化と経済領域の変化の相関関係を検討し、米欧関係の変化を総体として理解しようとする。とくに本報告では、米欧関係における重要な焦点の一つであった西ドイツとアメリカに着目する。


司会 和田 洋典 (本学国際政治経済学部 ) 


関西外国語大学講師 畠山 京子
略歴:慶応大学法学部政治学科卒業後、マッコーリ―大学で修士及び博士号取得。外務省専門分析員を経て2011年より現職。
主な著作:"Japan's peacekeeping policy: strategic calculation or internalization of norm?", The Pacific Review, forthcoming等。


広島市立大学国際学部准教授 倉科 一希
略歴:一橋大学法学部卒、同大学院法学研究科修士課程を修了後、ラトガース大学大学院歴史学部修了(Ph.D.)。国際教養大学を経て、2012年10月より現職。
主著:『アイゼンハワー政権と西ドイツ―同盟政策としての東西軍備管理交渉』(ミネルヴァ書房2008年)など


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp



2014年3月14日

4月9日 The Currents and Future of Civil-Military Interaction in the Field:Humanitarian Space and UN Integration

2014年度 国際研究センター研究会のお知らせ


The Currents and Future of Civil-Military Interaction in the Field:
Humanitarian Space and UN Integration


講師:ウイリアム J. フレーヴィン
平和維持・安定化活動研究所 副所長

司会・討論 青井 千由紀(本学国際政治経済学部)


講義内容:The nature and complexities of today's multi-dimensional operations are such that no single organization, department, or agency has all the requisite resources, authority, or expertise to single-handedly provide an effective response. While the military normally focuses on reaching clearly defined and measurable objectives within given timelines under a command structure, civilian organizations are concerned with fulfilling changeable political, economic, social, and humanitarian interests using dialogue, bargaining, risk taking, and consensus building. Harnessing the power of disparate organizations with different priorities and procedures is a daunting task. As such, collaboration among various military, governmental, non-governmental, and civilian agencies with the host nation is needed to achieve a common goal.


講師略歴:William Flavin assumed the job as the Assistant Director at the Peacekeeping and Stability Operations Institute, located at the U.S. Army War College in Carlisle, Pennsylvania in July 2013. Before this assignment he was the head of the Doctrine and Education Division in PKSOI. From 1995 to 1999, he served as the Deputy Director of Special Operations for the Supreme Allied Commander Europe at the Supreme Headquarters, Allied Powers Europe. He was a senior fellow at CSIS for his Army War College year and taught at the Army War College.
使用言語:英語


日時:2014年4月9日(水) 午後18:30−20:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室


参加申込先:国際研究センター e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年3月14日

4月4日 THE ROK and its Navy: Perceptions of Seapower and the Rise of China

2014年度 国際研究センター研究会のお知らせ

THE ROK and its Navy:
Perceptions of Seapower and the Rise of China

講師: イアン・バワーズ
上級研究員
ノルウエー防衛問題研究所 (オスロ)


討論者: グラント・ニューシャム
フェロー 日本戦略研究フォーラム


司会 : 青井 千由紀 (本学国際政治経済学部)


The ROK Navy is an organization torn between deterring North Korea in the littorals of the Korean Peninsula and developing forces capable of operating within the wider East Asian maritime environment. This presentation will analyze how the ROK and by extension its navy views and reacts to the security challenges posed by the rise of China. Importantly, it will shed light on the history procurement and operational doctrine of the ROKN, linking them to the ROK's regional security policies and will demonstrate that the rise of China is an important element in informing the ROK's perceptions of security and the utility of seapower.

Dr Ian Bowers is a Senior Research Fellow at the Norwegian Institute of Defence Studies based in Oslo. He specializes in South Korean security and Asian naval affairs, his current projects include a study on the influence of non-traditional naval operations on Asian navies and the future of South Korean - Japanese Security Relations. Dr Bowers received his PhD in War Studies from King's College London in 2013.

Grant Newsham is a research fellow at the Japan Forum for Strategic Studies in Tokyo. He was recently the first US Marine Liaison Officer to the Japan Ground Self Defense Force. He is also a former US diplomat, serving at the US Embassy, Tokyo in the 1990's.

日時: 2014年4月4日(金) 午後18:30−20:00
場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室 ※使用言語:英語 

参加申込先:国際研究センター e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年2月12日

3月4日Hidemi Suganami氏、Oreste Foppiani 氏講演会

2013年度 国際政治経済学部・青山学院大学国際研究センター共催

第一部:Causalising world politics: what philosophy Can and cannot do to help

日時:3月4日(火)14:00~15:30
《報告者》Hidemi Suganami


講師略歴
Professor Hidemi Suganami is a representative scholar of the English School of International Relations and author of numerous books and articles on international politics including The Domestic Analogy and World Order Proposals (Cambridge University Press, 1989) and On the Causes of War (Clarendon Press, 1996). He will be describing the basic characteristics and historical development of the English School and discussing the relevance of the English School of the contemporary international politics. Professor Hidemi Suganami holds a BA from Tokyo University , an MSc(Econ), by research, from Aberystwyth, and a PhD from the London School of Economics. He began teaching International Relations in 1975 at Keele University and had held a personal chair there in the Philosophy of International Relations until 2004, when he joined the Department of International Politics at Aberystwyth.


《司会》青井 千由紀 教授(本学国際政治経済学部 ) 
《コメント》押村 高 教授(本学国際政治経済学部 )


第二部:Mediterranean Security vis-à-vis Pacific Security: A US Navy's "Game Reserve"or New
Games and Roles?


日時:3月4日(火)15:30~17:00
《報告者》Oreste Foppiani


講師略歴
Dr Foppiani earned a PhD in International History and Politics from the Graduate Institute of International and Development Studies (HEI) in 2008. His dissertation, which has been published in 2011 (www.peterlang.com), is on Anglo-American relations with, perceptions of, and judgments on, the Italian Social Republic during the Italian Civil War (1943-1945). During his PhD he received the Albert Gallatin Fellowship in International Affairs to spend a year at SAIS-Johns Hopkins University in Washington, DC, and was awarded a scholarship from the Department of Political Sciences of the Catholic University, Milan, to spend a semester at the National Archives-Public Record Office in Richmond, Surrey, UK.
He has conducted research on historical topics, such as the Spanish-American War, Anglo-American relations during World War II, Republican Fascism, the US and Italian Navies, British and US intelligence during World War II, the history of European integration, EU security policies, EU-US relations, US power politics and the illegal immigration in the Mediterranean Sea. He is currently working on a project on the new role of Japan as a regional power and the Japanese Navy vis-à-vis Tokyo's new foreign policy.
Besides his historical research, Dr Foppiani comments and writes in the popular press on the issues of the day concerning EU-US relations, US foreign policy, NATO, and security. He is a regular contributor to Italian and Swiss newspapers and a permanent correspondent accredited to the United Nations Organization. He has published articles in Relations Internationales, European History Quarterly, Révue Militaire Suisse, The Journal of Transatlantic Studies, Rivista Marittima, Crossroads and Il Politico.

Last but not least, he is a senior reserve officer of the Italian Navy (www.marina.difesa.it) and an Italian Red Cross instructor of International Humanitarian Law (www.cri.it).


《司会》押村 高 教授(本学国際政治経済学部 ) 
《コメント》青井 千由紀教授(本学国際政治経済学部 )


場所:8号館 4階 国際研究センター会議室

参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年2月 4日

2月27日  ヨーロッパ映画に見る移民 《講演とシンポジウム》

主催:2013年度 青山学院大学国際研究センター
   上智大学学内共同研究「ヨーロッパ映画における『ボーダー』」

 
《講演とシンポジウム》ヨーロッパ映画に見る移民

第1部「『ある海辺の詩人』と移民俳優」
《講師》奥彩子(共立女子大学専任講師、ユーゴスラヴィア文学)

第2部「誰が地中海に飛び込むのか?――エマヌエーレ・クリアレーセの『海と大陸』をめぐって」
《講師》押場靖志(学習院大学・法政大学講師、イタリア思想史)


パネリスト:吉村和明(上智大学教授、フランス文学)
マウロ・ネーヴェス(上智大学教授、ポルトガル語圏文化論)
ライノルト・オプヒュルス=鹿島(上智大学教授、ドイツ現代文化論)

司会:村田真一(上智大学教授、ロシア演劇)
狩野良規(青山学院大学教授、イギリス文学)


日時:2月27日(木) 13:00~17:00

場所:青山学院大学8号館 4階 国際研究センター会議室


問い合わせ先:狩野良規(ykano56@sound.ocn.ne.jp)
参加申込先:青山学院大学国際研究センター(rsc@sipeb.aoyama.ac.jp)



2014年1月27日

2月5日 Korean Courage to Deal with Japan

2013年度 青山学院大学国際研究センター主催

Korean Courage to Deal with Japan


《講師》Leif-Erik Easley
(韓国梨花女子大学国際学部助教授)


講師略歴: ハーバード大学大学院政治学科卒 、PhD。2012年より現職。The Asan Institute for Policy Studies 研究員(兼)。現在、日本国際問題研究所訪問研究員。スタンフォード大学アジア太平洋研究センター訪問研究員、南キャリフォーニア大学韓国研究センター訪問研究員、延世大学訪問研究員。米中、日中、日韓関係を含む東アジア国際関係が専門。


報告概要:Anti-Japanese sentiment in Korea is negatively affecting the economies and security of South Korea and Japan, with strategic implications for Asia and the United States. South Koreans passionately protest when Japanese politicians make insensitive remarks about history or claim the Korean- controlled island of Dokdo as Takeshima. However, anti-Japanese sentiment is inhibiting cooperation with Tokyo that is clearly in South Korea's interests, including a recently scuppered intelligence-sharing agreement. Seoul needs Tokyo's help with North Korea, whether for conflict contingencies or for moving toward or realizing peaceful unification. Problems in Seoul-Tokyo relations concern Washington in the area of loss of security-enhancing, cost-saving trilateral coordination. Korean and Japanese shared values for human rights, economic freedom, democracy, and the rule of law can support further economic and functional cooperation. South Korea's interests would be served by showing leadership in resuming regular diplomacy in Northeast Asia and emphasizing strategic cooperation rather than historical animosities.


《司会・討論》 林 載桓 准教授
      (本学国際政治経済学部 ) 


日時:2月5日(水)14:00~16:00

場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


※使用言語: 英語


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年12月13日

【中止】1月8日 The Currents and Future of Civil-Military Interaction in the Field: Humanitarian Space and UN Integration

諸事情により以下の講演は中止になります。ご了承くださいませ。(2014年1月6日国際研究センター)


2013年度 青山学院大学国際研究センター主催


The Currents and Future of Civil-Military Interaction in the Field:
Humanitarian Space and UN Integration


《講師》ウイリアム J. フレーヴィン
平和維持・安定化活動研究所 (米・PKSOI) 副所長 

講師略歴: William Flavin assumed the job as the Assistant Director at the US Army Peacekeeping and Stability Operations Institute, located at the U.S. Army War College in Carlisle, Pennsylvania in July 2013. Before this assignment he was the head of the Doctrine and Education Division in PKSOI. From 1995 to 1999, he was a Colonel in the US Army serving as the Deputy Director of Special Operations for the Supreme Allied Commander Europe at the Supreme Headquarters, Allied Powers Europe. William Flavin has a BA in History from VMI and an MA in History from Emory University. He was a senior fellow at CSIS for his Army War College year and then taught at the Army War College.


《司会・討論》 青井 千由紀教授
      (本学国際政治経済学部 ) 


日時:1月8日(水)18:30~20:00

場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


※使用言語: 英語


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp
(12/22~1/5まで窓口閉室のためお返事が遅れます。申し訳ございません。あらかじめご了承下さいませ)


2013年11月 5日

11月20日東アジアの国際政治と日米の対朝鮮半島政策

2013年度 青山学院大学国際研究センター主催


東アジアの国際政治と日米の対朝鮮半島政策


《講師》Young C. Kim
ジョージ・ワシントン大学エリオット国際関係大学院名誉教授 


講師略歴
ペンシルバニア大学大学院卒、Ph.D. ジョージ・ワシントン大学エリオット国際関係大学院教授を長年つとめ、現在、同大名誉教授。同大学ガストン・シグールセンター所長を歴任。専門は、朝鮮半島、日本など東アジアの国際政治。東アジアの国際政治と米外交政策などについて「Future of Korean Peninsula」、「Japanese-Soviet Relations」「Asia and Decline of Communism」など多数の著作がある。また、American Political Science ReviewやWorld Politics などに70を越える論文を発表している。朝日新聞など日本の新聞にも過去30年にわたってしばしば寄稿している。


《司会》 土山 實男 教授
    (本学国際政治経済学部 ) 


日時:11月20日(水)15:00~17:00


場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


※使用言語:日本語


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年10月 2日

10月11日 シベリア考古学と日ロ文化交流の展望

シベリア考古学と日ロ文化交流の展望


≪講師≫Aleksandr Solovyev氏
  (Professor Ph.D  旧鉄器時代研究部主任) 


Institute of Archaeology & Ethnology
Siberian Branch of Russian Academy of Sciences
(Novosibirsk)


《司会》Podalko, Petr 教授
   (本学国際政治経済学部) 


日時:10月11日(金)16:50~18:20
場所:8号館 4階 国際研究センター会議室
※発表言語は英語です。


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年10月 1日

10月9日イスラーム法(シャリーア)に基づく社会規範とイラン女性

イスラーム法(シャリーア)に基づく社会規範とイラン女性


《講師》山﨑和美氏 
   (公益財団法人 中東調査会 研究員 イラン・編集担当)  


講師略歴
東北大学大学院国際文化研究科国際地域文化論専攻博士後期課程修了。博士(国際文化)。東北大学国際文化研究科専門研究員を経て、2009 年6 月より外務省所管財団法人中東調査会(2012年4月より内閣総理大臣認定公益財団法人中東調査会に移行)研究員。2009年9 月より横浜市立大学非常勤講師、2010 年4 月より青山学院大学および駒澤大学非常勤講師。専門はイラン地域研究(比較教育社会史、女性史)。


《司会》末田 清子教授
  (本学国際政治経済学部) 


日時:10月9日(水)15:00~16:30


場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年6月27日

8月17日 Does Economic Interdependence Lead to Peace or War?

2013年度 青山学院大学国際研究センター・国際安全保障学会共催

Does Economic Interdependence Lead to Peace or War?


《講師》Dr. Dale Copeland氏 
Associate Professor of Government and Foreign Affairs, University of Virginia


講師略歴
University of Chicago大学院卒(Ph.D.)。John M. Olin Institute for Strategic Studies of Harvard University 研究員などを経て現職。国際政治学の理論家として注目されている。著書にThe Origins of Major War (Cornell University Press, 2000)がある。
今回の発表に直接関わるものとしてEconomic Interdependence and War (Princeton University Press)がまもなく出版される。安全保障の学術誌Security Studiesの編集委員をつとめている。今回、青山学院大学で国際政治学を教えるために初めて来日する。


《司会》 土山 實男 教授
     (本学国際政治経済学部 ) 
《討論者》山影 進 教授
    (本学国際政治経済学部 )


日時:8月17日(土)13:00~15:00
場所:8号館 4階 国際研究センター会議室
※1階の入口は閉錠されているため、8号館地下の入り口よりご入館下さい。


※使用言語:英語


研究者、国際政治専門家、大学院生、学生、国際政治に関心をもたれる方を対象としています。


参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年5月24日

6月12日人民解放軍の軍事戦略と軍の近代化

「人民解放軍の軍事戦略と軍の近代化」

《講師》峯村健司氏
(前朝日新聞北京総局特派員)


【略歴】 青山学院大学国際政治経済学部(国際政治学科)卒。
1997年 朝日新聞入社。2007年5月から最近まで朝日新聞北京総局特派員。
2011年 中国の軍事安全保障政策や情報政策に関する優れた報道でボーン・上田記念
国際記者賞受賞。
2013年 6月末からハーバード大学フェアバンク中国研究センター客員研究員の予定。


《司会》 菊池 努 教授
    (本学国際政治経済学部 国際政治学科) 
《コメント》林 載垣 准教授
    (本学国際政治経済学部 国際政治学科)


日時:6月12日(水)14:00~16:00
場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は6月10日までに国際研究センターまでメールでお知らせ下さい。


連絡先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年5月14日

5月29日Psychological Constructs toward Agricultural Technology Adoption: Evidence from Eastern India

Psychological Constructs toward Agricultural Technology Adoption: Evidence from Eastern India


《講師》 山野 峰 氏 

(International Rice Research Institute,
Social Science Division, Senior Economist)


Abstract

We apply the theory of planned behavior (TPB) to identify farmers' psychological constructs toward agricultural technology in three dimensions: attitude, subjective norm, and perceived behavioral control. We use data from 731 farmers in Eastern India. The sample farmers come from two groups: 157 farmers who have received a seed mini-kit of a new stress-tolerant rice variety, called Swarna Sub 1, from NGOs and 574 farmers who were randomly selected in the villages where the mini-kits were distributed. In this paper, we find that the mini-kit recipient farmers have higher scores on psychological constructs toward new technologies than the representative farmers. We also find that scheduled caste, female, and less educated farmers have lower scores on the psychological constructs. Among representative farmers, we estimate an adoption model of Swarna Sub 1 and find that attitude and perceived behavioral control indexes are positively associated with the adoption of Swarna Sub 1. Although the causality between the psychological constructs and the adoption of Swarna Sub 1 is indecisive in this paper, the result indicates the importance of investigating farmers' psychological constructs in technology adoption in developing countries.


《司会》 加治佐 敬 教授
   (本学国際政治経済学部 国際経済学科) 


日時:5月29日(水)15:30~17:00
場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


※研究会は学内外どなたでもご参加いただけます.
発表は日本語で行う予定です。


連絡先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年5月10日

6月1日 青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム 「東アジア諸国関係のダイナミズム」

青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム

東アジア諸国関係のダイナミズム


                               国際政治経済学部・ 国際研究センター                         


日時: 2013年 6月1日(土) 10:00〜17:30
場所: 青山学院大学 本多記念国際会議場(17号館‐6階)


開会挨拶(10:00~10:10)


●東アジア諸国関係の交錯(10:10〜12:10)
司 会: 陳継東 教授
報告1: 張崑將 教授:「臺灣如何思考中國與東亞」(台湾から見た中国と東アジア)
報告2: 邵軒磊 助理教授:「臺灣的中國大陸研究」(台湾における中国大陸研究)
報告3: 羽場久美子 教授:「アジアにおける地域統合と日本の役割」
討論者: 深串徹 大学講師


昼食休憩


●東アジアの情勢変化(13:40〜15:40)
司 会: 土山實男 教授
報告1: 潘朝陽 教授:
「一九四九年之后兩岸儒家學術和社會發展」(1949年以降両岸における儒教学と社会発展)
報告2: 林賢參 助理教授:
「日本在臺海安全所扮演的角色」 (台湾海峡の安全保障における日本の役割)
報告3: 林載桓 准教授:「中国の台頭と朝鮮半島―持続と変化」
討論者: 和田洋典 准教授


休憩


●東アジアにおけるアメリカのプレゼンス(16:00〜17:30)
司 会: 潘朝陽 教授
報告1: 關弘昌 助理教授:
「探究驅動美國會支持臺灣的因素」(アメリカ議会における台湾支持の要因)
報告2: 中山俊宏 教授:「オバマ政権二期目のアジア太平洋政策を検証する」
討論者: 高木誠一郎 日本国際問題研究所研究顧問 


※一般の方もご参加いただけます(受付でお名前と所属をご記入下さい)
※日中同時通訳がつきます


2013年4月18日

5月29日 国家建設のための教育と文化―アフガニスタンにおけるユネスコの活動

2013年度 国際研究センター・国際政治経済学部共催

国家建設のための教育と文化
―アフガニスタンにおけるユネスコの活動


Education and culture for Nation-Building:
UNESCO's Action in Afghanistan


パオロ・フォンターニ氏講演会
(ユネスコ・アフガニスタン代表)


略歴 Mr. Fontani holds a Master's Degree in Law with a specialization in international law and human rights from the University of Pisa (Italy) and an MA in Education and International Development from the Institute of Education, University of London (UK).
He joined UNESCO in October 1996 at the Organization's Headquarters in Paris. Mr. Fontani worked in Bosnia, Kosovo, Afghanistan, the Caribbean, and Brazil. Since September 2012, he is the Head of Office and UNESCO Representative to Afghanistan.


日時:5月29日(水)13:20~14:50

場所:青山学院大学17号館6階 本多記念国際会議場


※講演内容は青山学院大学学生・院生を対象としていますが、
学内関係者どなたでもご参加いただけます。
なお、講演の言語は英語で通訳はつきません


       

《司会》猿橋 順子准教授
(本学国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科)
≪コメント≫青井 千由紀教授
(本学国際政治経済学部 国際政治学科)


連絡先:国際研究センター: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp



2012年10月31日

11月21日 Territorial issues and the US-Japan Relations: Problems and Possibilities

Territorial issues and the US-Japan Relations: Problems and Possibilities


《講師》Thomas U. Berger氏 
 (Associate Professor of International Relations, Department of International Relations at Boston University)


Thomas Berger氏略歴
MIT で博士号取得後、ハーバード大学オーリン戦略研究所所員,ジョンス・ホプキンス大学政治学部准教授などをへて現職。この間,「Culture of Antimilitarism: National Security in Germany and Japan 」(Johns Hopkins University Press,1998)はじめ多くの著作を発表し,今年「War,Guilt, and World Politics after World WarII」(Cambridge University Press, 2012)を出版して、コンストラクティヴィズムにたつ国際安全保障の理論家また東アジアの安全保障専門家として注目されている。日本語も堪能。2005年に本学部で夏期授業をされている。


   
《司会》土山實男教授
 (本学国際政治経済学部 )


日時:11月21日(水)12:30~14:00


場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は11月19日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。


連絡先:8号館5階国際政経合同研究室内  
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年9月20日

10月3日 The Eurosystem's Monetary Policy in the Current Crisis

The Eurosystem's Monetary Policyin the Current Crisis


《講師》Prof. Dr. Ulrike Neyer 
(Heinrich-Heine-Universitat Dusseldorf)


《司会》竹田憲史 准教授
(本学国際政治経済学部 )


日時:10月3日(水)17:00~18:30


場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は10月1日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。
8号館5階国際政経合同研究室内/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年9月 7日

10月12日 ミニ・レクチャー・コンサート イギリスとフランスの古いうた ~16世紀の世俗歌曲 ダウランド、ジャヌカン、セルミジ~

ミニ・レクチャー・コンサート イギリスとフランスの古いうた ~16世紀の世俗歌曲 ダウランド、ジャヌカン、セルミジ~


時は16世紀、日本では安土桃山時代、豊臣秀吉が君臨していた頃...。
その当時ヨーロッパではどんな歌が歌われていたのでしょうか?
教会ではもちろん教会音楽、宗教曲が演奏されていましたが、
それ以外の場では、こんな曲が親しまれていたようなのです...!
1曲1曲が短くて、メロディが親しみやすい!
今の日本に暮らすわたしたちが聴いてもどこかなつかしい!
...そんな曲の数々をご紹介したいと思います。


内容
歌: 中島 万紀子(早稲田大学非常勤講師)
リュート: 田村 仁良(リュート奏者)
ヴィオラ・ダ・ガンバ: 田中 孝子(ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者)
リコーダー: 瀬下 万美子(早稲田大学文化構想学部3年)
秘密結社セグレタ(秘密の声楽アンサンブル)


クローダン・ド・セルミジ  「わたしはもはや少しも愛情を持っていない」
ジョスカン・デ・プレ  「千々の悲しみ」
クローダン・ド・セルミジ  「ラ、ラ、ピエール先生」
ピエール・セルトン  「おでぶで脂ぎったチボー坊さん」
ジョン・ダウランド  「騒ぎ立つ思いよ」
ジョン・ダウランド  「晴れていても曇っていても」
ジョン・ダウランド  「さあ、もう一度」
ジャック・アルカデルト  「マルゴよ、葡萄畑を耕しなさい」
クレマン・ジャヌカン  「緑の森へ」
クレマン・ジャヌカン  「愛と死と生」
クローダン・ド・セルミジ  「歓びをあなたにあげましょう」
クローダン・ド・セルミジ  「花咲く日々に生きる限り」           ほか


日時:10月12日(金) 19:00開演 (18:30開場)
場所:青山学院 アスタジオ 地下1階ホール
参加費:無料
出席される方は10月10日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。

8号館5階国際政治経済合同研究室内/学内内線12318
直通電話03-3409-8045/rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年6月11日

6月27日 Who's afraid of FTAs?Free trade areas and world welfare

Who's afraid of FTAs? Free trade areas and world welfare


《講師》 Kaz Miyagiwa 氏 
 (Florida International University)
報告タイトル Who's afraid of FTAs?Free trade areas and world welfare

《講師》 太田浩 氏 
 (青山学院大学名誉教授)
報告タイトル Capital-intensity hypothesis and Factor Price Equalization Theorem:Intriguing relationship?
       
《司会》 中川浩宣 教授 
    (本学国際政治経済学部)


日時:6月27日(水)15:00~18:00
場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室
出席される方は6月25日までに国際研究センター
までメール等でお知らせください。


8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12318
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年5月29日

6月13日 カナダの安定化に対するアプローチ

カナダの安定化に対するアプローチ
Canada's approach to stabilisation


《講師》ロバート・デロウィン氏 
(カナダ大使館 公使)
略歴  現カナダ公使。カナダ外務・国際貿易省安定化・復興タスクフォース(START)ディレクター、カナダ国際開発庁(CIDA)非営利セクタープログラムディレクターを歴任。JICAに3年間勤務経験あり。


《コメンテータ》中原 正孝氏 
(国際協力機構 JICA 南アジア部部長)
略歴  現JICA南アジア部部長。JICAパキスタン事務所所長、アフガニスタン事務所所長を経て2008年より現職。


《司会》青井千由紀 教授
(本学国際政治経済学部 )


This seminar will investigate Canada's historical approach to development cooperation and how this influenced Canadian efforts in stabilizing and rebuilding fragile states and conflict-affected countries. What are Canada's priorities in addressing the challenges of fragile states? How does Canada tackle issues related to inter-agency and cross-government coordination? What are the primary lessons learned from Canada's experience in Afghanistan and other most affected areas, such as Haiti and Sudan? What are the prospects for Canada-Japan cooperation in reconstruction and peacebuilding?
Drawing from his own experience in leading the Stabilization and Reconstruction Task Force (START), Mr. Derouin will share his insights on Canada's role, experience and current policies regarding fragile states, as well as the day-to-day functions and management of the unit within Canadian foreign and development policy.


日時:6月13日(水)18:30~20:00


場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は6月11日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。
8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12318 e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年5月21日

6月13日 旧ソ連各地域における移民の問題

旧ソ連各地域における移民の問題:
(The problem of migration and migrants in the territories of former Soviet Union)


報告者:Podalko, Petr 教授(本学国際政治経済学部)


日時:6月13日(水)13:00~15:00


場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は6月11日までに国際研究センター
までメール等でお知らせください。


8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12318
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2012年4月26日

5月9日 Eurasian Regionalism and Russian Foreign Policy

 
 報告者:Mikhail A. Molchanov 氏
(St.Thomas University, Canada)


 司会者:Podalko, Petr 教授
(国際政治経済学部)


 日時:5月9日(水)13:00~15:00


場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


※出席される方は5月7日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。
8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12318
直通電話03-3409-8045/ e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年11月21日

12月14日 Japan as an international trouble shooter

Is there a security dimension to Japan's Soft Power?


報告者: Yee-Kuang Heng  氏
(シンガポール国立大学(Lee Kuan Yew School on Public Policy)准教授)


コメンテーター:北川 敬三 氏
(防衛研究所 2等海佐)


司会: 青井 千由紀 教授

(国際政治経済学部)


日時: 12月14日(水) 18:00~19:30


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、12月12日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年10月18日

11月16日 Outsourcing, Economies of scale and Terms of Trade

報告者: Eden S. H. Yu  氏
(香港城市大学)


司会: 内田 達也 教授

(国際政治経済学部)


日時: 11月16日(水) 17:30~19:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、11月14日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年10月10日

10月26日 Seminar on Japan-Korea Relations

報告者:
Peter Beck 氏
( Hitachi Fellow, Council on Foreign Relations at Keio University and POSCO Fellow, East-West Center, Honolulu)

       
Young C. Kim 氏
(Professor of Political Science, Emeritus and Senior Counselor, The Gaston Sigur Center for Asian Studies,George Washington University, Washinton, D. C., and a Visiting Professor, The Faculty of Law, Keio University)


コメンテーター: 山本 吉宣 氏
      (東京大学名誉教授、青山学院大学名誉教授)


司会: 青井 千由紀 教授

     (国際政治経済学部)


日時: 10月26日(水) 18:00~20:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、10月24日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年8月16日

9月21日 研究会中止のお知らせ

本日の研究会は、台風の影響により、中止とさせていただきます。


セッション1
Effective Actors for International Peace?: JSDF Overseas Operations in the 1990s

報告者:Garen Mully 氏 (Daito-Bunka University)
コメント:Alessio Patalano 氏


セッション2
From Anti-Terrorism to Anti-Piracy: Japan's Evolving Maritime Strategy

報告者:Alessio Patalano 氏 (King's College London)
コメント:Garen Mully 氏


司会: 青井 千由紀 教授

     (国際政治経済学部)


日時: 9月21日(水) 18:00~19:00(セッション1)
               19:10~20:00(セッション2)


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、9月19日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年6月17日

6月30日 Emerging Asian security architecture? US, Japan and Korean relations

報告者:
Robert Dujarric 氏
(Director, Institute of Contemporary Asian StudiesTemple University, Japan Campus)

       
Andrew L. Oros 氏
(Associate Professor of Political Science and International Studies, Washington College)
 

討論者: 土山 實男 教授
      (本学副学長・国際政治経済学部教授)


司会: 青井 千由紀 教授

     (国際政治経済学部)


日時: 6月30日(木) 18:00~19:30


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、6月28日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年5月24日

6月1日 Exporting Best Practices

Exporting Best Practices:
Are foreign-owned Insurers More Efficient in the Life Insurance Market?


報告者: Hongmin Zi  氏
(梨花女子大学ビジネス大学院教授、青山学院大学客員研究員)


司会: 中川 浩宣 教授

(国際政治経済学部)


日時: 6月1日(水) 15:00~17:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、5月30日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年4月21日

6月18日 戦前・戦中の柴田敬の経済学研究と行動

報告者: 牧野 邦昭  氏
(摂南大学 経済学部)


司会: 岡村 稔 教授

(国際政治経済学部)


日時: 6月18日(土) 13:00~15:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、6月16日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2011年1月14日

1月26日 研究会のお知らせ

How can we induce farmers' water saving behavior?
Institutional innovation of water user groups in Hubei, China


報告者: 加治佐 敬 氏
(政策研究大学院大学)


司会: 内田 達也 教授

(国際政治経済学部)


日時: 1月26日(水) 11:30~13:30


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、1月24日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年12月22日

1月14日 日本民主党の対外政策と日中関係

報告者: 蔡増家 教授 
(国立政治大学(台湾) 現代日本研究センター 所長)


司会: 高木 誠一郎 教授

(国際政治経済学部)


日時: 1月14日(金) 12:30~14:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、1月12日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年11月29日

12月17日 安定化-成功の条件としての正当性

報告者: 青井 千由紀 氏 
(本学国際政治経済学部 国際政治学科 准教授)


司会: 山本 吉宣 教授

(国際政治経済学部)


日時: 12月17日(金) 18:30~20:30


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、12月15日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年11月 9日

11月24日 1873年の北京-小栗栖香頂の「北京紀事」を通して

報告者: 陳 継東 氏 
(武蔵野大学 准教授)


司会: 林 世景 教授

(国際政治経済学部)


日時: 11月24日(水) 14:00~15:30


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、11月22日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年11月 5日

11月13日 リスボン条約後のEU: ドイツの役割, ポーランドの議長国、セルビアの加盟努力

The EU after the Lisbon Treaty: The German Role,
The Presidency of Poland, and Serbian Accession


報告者:
Mr. Peter Rondorf (Minister of German Embassy)
The German Role and the New Enlarged European Union after Lisbon Treaty


Mr. Radosław Tyszkiewicz (First Secretary of Polish Embassy)
Polish Presidency in the EU after the Lisbon Treaty: The EU and the Eastern Partnership


Snezana Jankovic (First Counselor of Serbian Embassy)
Serbian Path to the European Union:All are English, and Japanese lecture by Ms. Jankovic


司会: 羽場 久美子 教授

(国際政治経済学部)


日時: 11月13日(土) 10:00~11:00


場所: ガウチャー・メモリアル・ホール


※ 出席される方は、11月11日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年11月 1日

11月18日 リスク管理と国際紛争:コソボからイラクまで

Risk management and war:
Anglo-American campaigns from Kosovo to Iraq


報告者: Y.K.ヘング(政治学博士)
セント・アンドリュース大学(スコットランド)
テロリズム・政治暴力研究センター 准教授・研究員


司会: 青井千由紀 准教授

(国際政治経済学部)


日時: 11月18日(木) 18:30~20:00


場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)


※ 出席される方は、11月15日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年9月24日

10月20日 「中華思想」と現代中国

報告者: 横山 宏章 氏 
(北九州市立大学  教授)

司会: 菊池 努 教授

(国際政治経済学部)

コメンテイター: 中兼 和津次 氏

日時: 10月20日(水) 15:00~17:00

場所: 8号館4階 国際研究センター会議室
            (旧コモンルーム)

※ 出席される方は、10月18日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年7月15日

8月4日 Seminar on Japan’s International Security Engagement: Paradoxes of Japanese Defence

Speakers:

Alessio Patalano
(Lecturer in War Studies (East Asian Security and Warfare, Department of War Studies, King’s College London)
“Japan’s External Military Commitment: The Naval Dimension”

Guibourg Delamotte
(Associate Professor, Institut National des Langues et Civilisations Orientales (INALCO))
“The Paradoxes of Japan’s Defense Policy ― A European View”

Chiyuki Aoi
(Associate Professor, Aoyama Gakuin University)
“Japan’s Approach to Stabilisation”


Chair and Commentator:
Professor Yoshinobu Yamamoto (Aoyama Gakuin University)

**Seminar is open to faculty and their guests.

日時:8月4日(水)13:00~15:00 
Date: 4 August 2010 (Wed.) 1:00-3:00 p.m.

場所: 8号館 4階 コモンルーム
Place: Aoyama Gakuin University, Aoyama Campus, Building 8,
4th floor Common Room

※出席される方は8月2日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。
  RSVP : e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp
なお、学外の方は正門より入構してください。

 青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年7月 9日

7月21日 The Lisbon Treaty: A Legal and Political Overview

諸事情により、この研究会はキャンセルとなりました。
急な変更、大変申し訳ございません。お間違いのないよう、お願い申し上げます。

報告者:David SIRITZKY 氏 
(R.f.rendaire (legal clerk) at the General Court of the European Union
Administrateur (legal clerk), French National Assembly)

司会: 青井 千由紀  准教授
(国際政治経済学部)

コメント: 羽場 久美子 教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月21日(水) 13:00~15:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※  出席を希望される方は7月20日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年7月 8日

7月21日 International Harmonization of Patent-Awarding Rules

報告者:Kaz Miyagiwa  氏 
(Emory University 教授)

司会: 内田達也 教授

(国際政治経済学部)

日時: 7月21日(水) 16:00~18:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 出席される方は、7月20日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年6月24日

7月7日 日中相互理解のための座談会

報告者:劉作奎 (Liu Zuokui)  氏 
(青山学院大学 国際政治経済学大学院招聘研究員、中国社会学院ヨーロッパ研究所准教授)

コーディネーター: 井出 静 教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月7日(水) 15:00~17:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 客員研究員として本学部に滞在中の中国社会科学院ヨーロッパ研究所の劉作奎准教授をお招きし、日本と中国の国内政治・外交政策、経済・社会問題及び中国社会科学院と本学部の研究活動動向等について、井出静教授をコーディネーターとして幅広く相互質問と討論を行う会合を開催いたしますので、奮ってご参加下さい。

使用言語: 日本語、中国語、英語。中国語日本語通訳あり。

出席される方は、7月5日までに国際研究センターまでメール等でお知らせ下さい。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年6月17日

7月1日 How is the Chinese Perception to the European Union?

報告者:劉作奎 (Liu Zuokui)  氏 
(青山学院大学 国際政治経済学大学院招聘研究員、中国社会学院ヨーロッパ研究所准教授)

司会: 羽場 久美子  教授
(国際政治経済学部)

コメンテイター: 高木 誠一郎 教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月1日(木) 18:30~20:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 用語は英語です。
   出席を希望される方は6月29日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年5月27日

6月18日 上海協力機構の現状と課題

報告者:潘 光 (Pan Guang)  氏 
(上海社会科学院上海協力機構研究センター 主任)

司会: 高木 誠一郎  教授
(国際政治経済学部)

日時: 6月18日(金) 16:30~18:00

場所: 8号館5階 国際研究センター

※ 用語は英語です。
   出席を希望される方は6月16日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年4月30日

5月13日 西欧の政治文化と中欧の民主主義

西欧の政治文化と中欧の民主主義
 -欧州政治思想と現在-

報告者:Fodor, Gabor (フォードル・ガーボル)  氏
(青山学院大学国際政治経済学研究科 招聘教授、
雑誌『世紀末』編集研究部長、ブダペシュト大学教授(政治学))

※ 日本外務省の招聘で、日本の政治・政治思想・政治哲学の研究のために、
  来日されるとのことです。 日本研究者との交流を望んでおられます。

司会: 羽場 久美子  教授
(国際政治経済学部)

コメンテイター: 押村 高 教授
(国際政治経済学部)

日時: 5月13日(木) 18:30~20:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席を希望される方は5月12日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年2月25日

3月8日 Trade Gains and Public Goods: Further Thoughts, TBA

報告者: Murray Kemp 氏
Martin McGuire

司会: 友原 章典 教授
(国際政治経済学部)

日時: 3月8日(月) 14:00~17:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 出席を希望される方は3月7日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年2月25日

3月4日 Normative Trade Theory under Gossenian Assumptions

報告者: Murray Kemp 氏

司会: 中川 浩宣 教授
(国際政治経済学部)

日時: 3月4日(木) 14:00~16:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 出席を希望される方は3月3日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2010年2月24日

3月1日 鳩山政権の外交課題

報告者: 谷内 正太郎 氏 (前・外務次官)
(谷内氏の略歴:外務省で人事課長、ロサンゼルス総領事、条約局長、総合外国政策局長、内閣官房副長官補を歴任し、平成17年1月に外交事務次官に就任、20年1月に退任した。現在、早稲田大学日米研究機構日米研究所教授、慶応大学大学院SDW研究科特別招聘教授、東京大学大学院総合文化研究科客員教授等)

司会: 袴田 茂樹 教授
(国際政治経済学部)

日時: 3月1日(月) 12:00~14:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※ 出席を希望される方は2月28日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年10月22日

11月4日 民主党政権と日韓関係

報告者: 朴喆煕(パク・チョルヒ) 氏
(ソウル大学国際大学院副教授)

司会: 高木 誠一郎 教授
(国際政治経済学部)

日時: 11月4日(水) 12:30~14:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※用語は日本語です。
出席を希望される方は10月29日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年7月24日

8月6日 Asia's Regional Archifecture

報告者: Brian Job 氏
(Professor, University of Britich Columbia)

司会: 菊池 努 教授
(国際政治経済学部)

日時: 8月6日(木) 16:30~18:00

場所: 8号館4階 コモンルーム
研究会当日は、8号館正面入口が閉鎖されております。
9号館地下の守衛室よりお入りください。

※出席を希望される方は8月4日までにkikuchi@sipeb.aoyama.ac.jpまでお知らせください。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階 国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045


2009年7月 3日

7月22日 国際研究センター 研究会のお知らせ

Japan's Economic Strategy toward China after the Global Economic Tsunami

報告者: Rongyung King 氏
(University of South Carolina Ph.D,
Professor and Dean of College of Commerce at Ching Yun University, Taiwan)

司会: 友原 章典 准教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月22日(水) 12:00~13:30

場所: 8号館5階 国際研究センター会議室

※出席を希望される方は7月20日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年6月29日

7月14日 国際研究センター 研究会のお知らせ

The Self-Defense Force in the formation of Japanese post-war security policy: the case of Maritime Self Defense Force

報告者: Alessio Patalano 氏
(Laughton Naval History Scholar, Department of War Studies,
King's College London、学術振興会外国人特別研究員)

司会: 高木 誠一郎 教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月14日(木) 12:30~14:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席を希望される方は7月10日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年6月18日

7月16日 世界金融危機と東アジア

世界金融危機と東アジア
-再び経済危機は起きるのか?欧州危機とどう異なっているのか?

報告者: 白井 さゆり 氏
(慶應大学総合政策学部教授)

司会: 中兼 和津次 教授
(国際政治経済学部)

日時: 7月16日(木) 10:30~12:30

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席を希望される方は7月14日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年6月 3日

6月17日 政府開発援助と経済学

報告者: 澤田 康幸 氏
(東京大学大学院経済学研究科 准教授)

司会: 中兼 和津次 教授
(国際政治経済学部)

日時: 6月17日(水) 10:30~12:30

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席を希望される方は6月15日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 
青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年5月 1日

5月20日 Multi-trillion USD Foreign Debt :Defining the Problem

報告者: Martin McGuire 氏
(University of California-Irvine)

司会: 中川 浩宣 教授
(国際政治経済学部)

日時: 5月20日(水) 10:30~12:30

場所: 8号館5階 国際研究センター会議室

※出席を希望される方は5月18日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
 Brainstorming的なセミナーでありますので、幅広い分野からの参加者をお待ちしております。
 なお、お申し込みの際はタイトルを明記していただくよう、お願い致します。

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年4月10日

5月20日 ネオクラシカル・リアリズムの台頭と日本外交研究

報告者: 川崎 剛 氏
(サイモン・フレイザー大学 准教授)

司会: 菊池 努 教授
(国際政治経済学部)

日時: 5月20日(水) 12:30~

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席を希望される方は5月18日までにメール等でお知らせいただければ幸いです。
  お申し込みの際は、タイトルを明記していただくよう、お願い致します。

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12318
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2009年1月12日

2月4日 国際研究センター第9回研究会

「欧州統合ー拡大とEU条約ーいかなる方向に進むのか?」
東ドイツの現状も含めて報告

European Integration: Enlargement and EU Treaty
-How do we move on?

報告者: ミヒャエル・ロス氏
(ドイツ連邦議会議員、政治学、安全保障) 

司会 :押村 高 教授(国際政治経済学部) 

日時: 2月4日(水)10:30~12:00

場所:8号館4階 コモンルーム

※当日参加もできますが、出席希望をされる方は2月3日までに国際研究
センターまでメール等でお知らせいただければ幸いです。

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045   
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年10月28日

11月10日 中国の構造変化と民主化

報告書: 呉軍華 氏 (日本総合研究所理事・主席研究員)

司会兼・コメンテーター: 中兼 和津次 教授 (国際政治経済学部国際経済学科)

日時: 11月10日(月)16:30~18:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席される方は11月8日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年10月23日

11月19日 平和構築と信頼醸成~アフガニスタンと東チモールの現場から~

報告書: 東 大作氏 (ブリティッシュ・コロンビア大学博士課程在籍中)

司会: 菊池 努 教授(国際政治経済学部国際政治学科)

日時: 11月19日(水)12:30~14:30

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席される方は11月17日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  


8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年8月19日

9月9日 Valuing Intergenerational Transfers: Social Security's Aggregate Burden and Individual Value?

報告書: トーマスセーヴィング 教授
(テキサス農工大学経済学部教授; NCPA Senior Fellow; Director, Private Enterprise Research Center)

司会: 太田 浩 教授 (国際政治経済学部)

日時: 9月9日(火)14:30~16:00

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席される方は9月5日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045   
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年7月23日

9月11日 The English School of International Relations: Historical Development

Speaker: Professor Hidemi Suganami
      (Professor at the Department of International Politics a Aberywyth,
      Wales Visiting Professor at Aoyama Gakuin University)

Moderator: Professor Jitsuo Tsuchiyama
Discussant: Professor Masatsugu Naya

日時:9月11日(木)15:00~17:00
場所:青山学院大学 総研ビル10階 第18会議室

使用言語:英語

Professor Hidemi Suganami is a representative scholar of the English School of International Relations and author of numerous books and articles on international politics including The Domestic Analogy and World Order Proposals (Cambridge University Press, 1989) and On the Causes of War (Clarendon Press, 1996). He will be describing the basic characteristics and historical development of the English School and discussing the relevance of the English School of the contemporary international politics.

Professor Hidemi Suganami holds a BA from Tokyo University , an MSc(Econ), by research, from Aberystwyth, and a PhD from the London School of Economics. He began teaching International Relations in 1975 at Keele University and had held a personal chair there in the Philosophy of International Relations until 2004, when he joined the Department of International Politics at Aberystwyth.

※講演会の資料として、菅波先生の論文があります。事前に必要な方はお問い合わせください。
※出席される方は9月9日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045   
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年5月23日

6月18日 ラテンアメリカの経済発展と国際協力

報告書:  細野 昭雄氏 (前エルサルバドル大使)

司会: 幸地 茂 (国際政治経済学部専任講師)

コメンテーター: 中兼和津次 (国際政治経済学部教授)


日時: 6月18日(水)11:00~12:30

場所: 8号館4階 コモンルーム

※出席される方は6月17日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045   
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年5月13日

5月28日 研究会のお知らせ

1.報告者:Prof.Steven Rosefielde
 ( Professor of Economics, The University of North Carolina ,Chapeli Hill, USA)
“Russian Energy Policy between Asia & The EU”

2.報告者:Prof. Mikhail A. Molchanov
(Associate Professor of Political Science, St. Thomas University, Canada)
“Shanghai Cooperative Organization and Russia”

司会:羽場久美子教授(本学国際政治経済学部国際政治学科)

コメンテーター:袴田茂樹教授(本学国際政治経済学部国際政治学科)

日時:2008年5月28日(水) 18:00-20:00

場所:総研ビル3階 第11会議室

*出席される方は5月27日(火)までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線12425 
直通電話番号03-3409-8045/E-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年3月25日

4月16日 近代日本の同盟締結行動:バンドワゴン優位説の検証

-------------------------------------------------------------------------------
講師: 川崎 剛氏 (カナダ、サイモン・フレーザー大学准教授)
 
司会: 菊池 努教授 (本学国際政治経済学部 国際政治学科)
 
日時: 4月16日(水)12:30~14:00
      *軽食の用意があります

場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は4月14日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2008年2月12日

2月23日 転換点を迎える中国経済

報告者: 蔡昉 氏
(中国社会科学院人口・労働経済研究所所長)

通訳者:杜進 氏
(拓殖大学教授) 

司会:中兼 和津次 教授
(国際政治経済学部 国際経済学科)

日時:2月23日(土)16:00~18:00
           
場所:8号館4階 コモンルーム

使用言語:中国語(日本語の通訳がつきます)

*出席される方は事前に国際研究センターまでメール等でお知らせください。

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12425
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年12月20日

1月16日 プーチン体制 -その本質と不安定要因-

【発表者】木村 汎 氏
      (北海道大学名誉教授・国際日本文化研究センター名誉教授)

【司会】高木 誠一郎 教授
      (国際政治経済学部 国際政治学科)

【日時】1月16日(水)16:00~17:30
           
【場所】8号館 4階 コモンルーム


※出席される方は1月15日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  


青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12425
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年12月 4日

12月14日国際シンポジウム「拡大EUと東アジアの地域統合―比較研究―」

青山学院大学国際政治経済学部創設25周年記念国際シンポジウム

「拡大EUと東アジア統合―比較研究―」

日時:2007年12月14日(金)13:00~18:00

場所:青山学院大学総研ビル12階大会議室
 
【プログラム】

 挨拶  土山實男 (青山学院大学国際政治経済学部学部長)      

趣旨説明   羽場久美子(青山学院大学国際政治経済学部教授)

第1部:13:15-14:50

司会:太田浩
(青山学院大学国際政治経済学部教授) 

Hugh Richardson(駐日欧州委員会代表部大使)
  「拡大EUと東アジア」   
        
Christophe Penot(フランス大使館公使)
  「拡大EUとフランスの位置」             
  
  *通訳がつきます。
 
       
第2部:15:10-16:10

司会:押村高
(青山学院大学国際政治経済学部教授)

庄司克宏(慶応義塾大学教授;日本EU学会理事長)
  「EU改革条約の意義と限界」         

 羽場久美子(青山学院大学教授) 
 「拡大EUと東アジア共同体(競争、ナショナリズム、安全保障)」   

コメント
ポダルコ・ピョートル(青山学院大学准教授) 
  「ロシアとEU、東アジア共同体」              

第3部:16:10-18:00

司会:菊池努
(青山学院大学国際政治経済学部教授・前国際政治経済研究開発センター長)

李鍾元(立教大学教授) 
 「六者協議と、東アジア地域統合」

中兼和津次(青山学院大学教授)
  「中国、FTA、東アジア共同体」

全体討論  司会 高木誠一郎
(青山学院大学国際政治経済学部教授・国際研究開発センター長)

総括コメント
山本吉宣(青山学院大学教授)
 「ヨーロッパとアジアの地域統合:比較と相互作用」
                        
*報告時間、その他に若干変更の可能性があります
--------
◆レセプション 18:30-20:00 青学会館


*ご出席をご希望の方は12月12日までに下記の内容を明記の上、お申込ください。

学生  お名前・学生番号・学部

一般 お名前・ご所属・連絡先(メールアドレス、ファックス番号等)

*定員150名。先着順。

【申込先】
FAX:03-5485-0782/ e-mail:cis1214@sipeb.aoyama.ac.jp  青山学院大学国際研究センター


2007年10月30日

12月5日 「辺境東アジア」アイデンティティの特徴:沖縄・台湾・香港・マカオの調査

発表者: 林泉忠 氏 (琉球大学法学部 准教授)

コメンテーター: 押村 高 教授 (国際政治経済学部国際政治学科)

司会 : リチャード・エバノフ 教授 (国際政治経済学部国際コニュニケーション学科)

日時: 12月5日(水)12:30~14:00
     *軽食の用意があります。
         
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は12月3日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12425
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年10月28日

11月27日”European Identity and National Identity: in the Enlarging EU”

発表者: Stefano Bartolini 氏
(Director of the Robert Schuman for Advanced Studies European University Institute)

司会兼コメンテーター: 羽場 久美子 教授
(国際政治経済学部 国際政治学科)

日時: 11月27日(火)11:00~12:30
         
場所: 青山学院大学総研ビル4階14404室


*英語での発表になりますが、通訳がつきます。
*出席を希望される方は、11月26日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。


青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12425
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年10月27日

11月26日”On Globalization and East Asian Integration”

日時 : 11月26日(月)15:00~17:00
         
場所 : 8号館 4階 コモンルーム

(1)15:00~ 
“Globalization: An Economist’s Perspective and Experience”
発表者:Eden Yu氏(香港城市大学)
討論者:Ke Li氏(日本大学グローバルビジネス研究科)
司会:竹田 憲史(国際政治経済学部国際経済学科)

(2)16:00~ 
“East Asian Integration as an Inescapable Trend”
発表者:Ke Li氏(日本大学グローバルビジネス研究科)
討論者:Eden Yu氏(香港城市大学)
司会:中川 浩宣(国際政治経済学部国際経済学科)

※英語での発表になります。
※出席される方は11月22日までに国際研究センターまでメール等でお知らせください。  

青山学院大学国際研究センター(旧:国際政治経済研究開発センター)
8号館5階国際政治経済学部合同研究室内/学内内線 12425
直通電話 03-3409-8045/e-mail: rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年10月12日

11月7日 気候変動の国際レジームと日本の役割


発表者:  小島 敏郎 氏 (環境省地球環境審議官)

討論者:  太田 宏 氏 (早稲田大学国際教養学部 教授)


司会:    高木 誠一郎 教授 (国際政治経済学部 国際政治学科)


日時:  11月7日(水)12:30~14:00
     *軽食の用意があります。
         
場所: 青山学院大学 8号館 4階 コモンルーム

※ 出席される方は11月6日までに国際政治経済研究開発センターまでメール(rsc@sipeb.aoyama.ac.jp)でお知らせください。  

国際政治経済研究開発センター


2007年7月26日

②9月26日"China's Growth Prospects to 2025?"

発表者:Thomas G. Rawski 氏
(Professor at Pittsburgh University)

司会 :中兼 和津次 教授
(国際政治経済学部 国際経済学科)

日時 :9月26日(水)15:00~17:00
         
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は9月25日までに国際政治経済研究開発センターまでメール(rsc@sipeb.aoyama.ac.jp)でお知らせください。  

国際政治経済研究開発センター


2007年7月26日

①9月26日"Sociology of International Ordanizations: Preliminary Thoughts and Data"

【発表者】 Dr. Jean-Marc Coicaud
( Director, United Nations University (UNU) Office in New York)

【司会・コメンテーター 】 青井 千由紀准教授
(国際政治経済学部 国際政治学科)


【日時 】9月26日(水)12:30~14:00
          *軽食の用意があります。
【場所 】 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は9月25日までに国際政治経済研究開発センターまでメール(rsc@sipeb.aoyama.ac.jp)でお知らせください。  


国際政治経済研究開発センター


2007年7月26日

9月22日"From Superpower to Besieged Global Power:Restoring Global Order after the Bush Doctrine's Failure"

発表者: Edward A Kolodziej氏

<略歴>
シカゴ大学大学院卒(Ph.D) イリノイ大学教授・同大学グローバル研究センター所長。専門は米国外交政策と軍備管理を中心とする安全保障論。
近著に「Security and International Relations」(Cambridge University Press, 2005)がある。


司会:土山 實男 学部長 (国際政治経済学部 国際政治学科)
討論者:高木 誠一郎 教授 (国際政治経済学部 国際政治学科)
日時:9月22日(土) 15:00~16:45
場所:ガウチャーメモリアルホール(15号館)5階 第13会議室

※出席される方は9月21日までに国際政治経済研究開発センターまでメール(mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp)でお知らせください。  

国際政治経済研究開発センター


2007年7月12日

7月24日 “From Kaigun to Kaiji: Seapower and National Security in Post-Cold War Japan”

発表者: Alessio Patalano氏
(Laughton Naval History Scholar Department of War Studies King's College London)

コメンテーター: Robert Dujarric氏
(Director of the Institute for Contemporary Japan、Temple University)

司会:  青井 千由紀 准教授(本学国際政治経済学部 国際政治学科)

日時 : 7月24日(火)15:30~17:00

場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は7月23日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年7月 7日

7月17日 中国の経済実力とその影響:一つの評価

発表者: 胡鞍鋼 氏 (清華大学国情センター教授)

通訳: 杜 進 氏 (拓殖大学教授)

司会: 中兼 和津次 教授 (本学国際政治経済学部 国際経済学科)

使用言語 : 中国語

日時: 7月17日(火)16:00~18:00
         
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は7月16日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  
8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年6月29日

②7月18日 "The new Statute of Autonomy of Catalonia in the framework of the regionalism reform in Spain and in Europe" 

《発表者》 Josep Maria CASTELLA ANDREU氏
       (専修大学法学部客員教授・バルセロナ大学法学部教授)

《司会》   武田 興欣 准教授 (国際政治学科)

《コメンテーター》   押村 高 教授 (国際政治学科)

             渡邊 千秋 准教授 (国際コミュニケーション学科)

日時: 7月18日(水)14:15~16:15
     
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は7月16日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年6月29日

①7月18日 “Japanese Nonproliferation Policy in the 1970s”

《発表者》 Dane Swango 氏
     (University of California, Los Angeles, 本学招聘研究員)

《司会》  高木 誠一郎 教授
     (本学国際政治経済学部 国際政治学科)


《討論者》  山本 吉宣 教授
     (本学国際政治経済学部 国際政治学科)

        納家 政嗣 教授(予定)
     (本学国際政治経済学部 国際政治学科)


日時: 7月18日(水)12:30~14:00
          (軽食の用意があります)
場所: 8号館 4階 コモンルーム


※出席される方は7月16日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年6月19日

7月4日 日本の戦後思想と国際政治学 ―参照枠としてのハンナ・アレント

《発表者》小山 花子氏(本学部卒業生)
       日本学術振興会 特別研究員(PD)

《司会》 武田 興欣 准教授
      (本学国際政治経済学部 国際政治学科)
 
日時: 7月4日(水)12:30~14:00
      (軽食の用意があります)
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方7月2日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年6月 5日

6月20日 東ティモールの平和構築~国づくり現場の観点から~

《発表者》 坂部 有佳子氏
    (内閣府 国際平和協力本部事務局 研究員、本学部卒業)

《司会》  高木 誠一郎教授
     (本学国際政治経済学部 国際政治学科)

《コメンテーター》 藤重博美氏    
(日本国際問題研究所研究員、Ph.D.)

日時: 6月20日(水)12:30~14:00
         (軽食の用意があります)

場所: 8号館 4階 コモンルーム

*出席される方は6月18日までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年5月17日

5月23日「ロシアから見た朝鮮半島の現状」

国際政治経済研究開発センター研究会

2007年5月23日(水) 14:30~16:30

コモンルーム(8号館5階)

発表者 アレクサンドル・ヴォロンツォフ氏

     (Head of Korean&Mongolian Studies' Department, Institute of Oriental Studies、Academy of Sciences(Russian Federation))

司会  ポダルコ・ピョートル先生

★ 出席される方は国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425

直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年3月13日

3月30日 「近代国際社会の融解か持続か―ヨーロッパ地域統合から考える」

国際政治経済研究開発センター研究会
(共催:国際関係思想・研究ネットワーク)

2007年3月30日(金) 15:00~18:00
総研ビル第18会議室

「近代国際社会の融解か持続か―ヨーロッパ地域統合から考える」
(ラウンド・テーブル形式)
司会  山崎 望(法政大学講師)
報告1 統合における主権概念の有効と有害
     押村 高(青山学院大学教授)
報告2 拡大と「ヨーロッパ」の意味変容(仮)
     羽場久美子(法政大学教授)
コメント 鈴木一人(筑波大学教授)

★ 出席される方は3月29日(木)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年3月 2日

3月9日 第13回研究会開催のお知らせ

司 会 太田 浩 教授(本学国際政治経済学部)

日 時 3月9日(金)16:30 ~18:30
   
場 所 8号館 4階 コモンルーム 

プログラム
●16: 30 – 17: 30   Martin McGuire (University of California, Irvine)
“Reversal of Misfortune when Providing for Adversity,” paper joint with Gary Becker

●17: 30 – 18: 30   Murray Kemp (MacQuarie University)
“Normative Trade Theory under Gossenian Assumptions"

★ 出席される方は3月8日(木)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。


青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年2月 9日

2月13日 Durable Goods Oligopoly and the Tokyo Condominium Market in the 1990s

発表者:Migiwa Tanaka 氏
      (Johns Hopkins University)

司 会: 岡村 稔 教授(本学国際政治経済学部)

日 時: 2月13日(火)12:00 ~ 14:00
   
場 所:  8号館 4階 コモンルーム 

★ 出席される方は国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。


青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年12月19日

12月22日 Is the regulation of the transport sector always detrimental to consumers?

報告者   Jacques Thisse 氏
(べルギー、ルーヴァン大学 教授)

司 会 太田 浩 教授(本学国際政治経済学部)

日 時 12月22日(金)11:00 ~ 13:00
   
場 所 8号館 4階 コモンルーム 

★ 出席される方は12月21日(木)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。


青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年11月22日

12月6日 アメリカ中間選挙の分析

報告者 中山 俊宏 氏
     (津田塾大学国際関係学科・助教授)
     武田 興欣 氏
     (本学国際政治学科・助教授)

司 会 高木 誠一郎教授(本学国際政治経済学部)

日 時 12月6日(水)16:30 ~ 18:30
      (コーヒーの用意がございます)

場 所  ガウチャーメモリアルホール(15号館)5階15406室

★ 出席される方は12月4日(月)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。


青山学院大学国際政治経済研究開発センター 8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年10月17日

11月1日 中東から見た日本外交 ~青山学院大学出身の大使が語る外交論~

発表者: 加藤重信氏(在ヨルダン 特命全権大使)
 
 <加藤重信大使 略歴>----------------------------

1968   青山学院大学在学中、外務省入省 
1970   青山学院大学経済学部卒

1997   外務省文化交流部文化第1課長
1999   外務参事官
2000   外務審議官
2001   シドニー総領事
2003   トリニダード・トバゴ特命全権大使
2006   ヨルダン 特命全権大使
----------------------------------------------

討論者 : 高木誠一郎教授(本学国際政治経済学部)

司会:  土山實男 教授 (本学国際政治経済学部)
 
日時 : 11月1日(水)13:00 ~ 14:30

場所:  青山キャンパス 8号館 4階 コモンルーム

* 出席される方は10月26日(木)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年10月14日

10月18日 "The Psychology of Nuclear Proliferation"

《発表者》 Jacques E. C. Hymans氏
Jacques E. C. Hymans is Assistant Professor in the Department of Government at Smith College (Northampton, Massachusetts). His research focuses on international relations and foreign policy, with an emphasis on the growth and impact of collective identities. Hymans received his Ph.D. in Political Science from Harvard University in 2001. He has held residential fellowships at the Mershon Center at the Ohio State University, the Olin Institute for Strategic Studies at Harvard University, the Center for International Security and Cooperation at Stanford University, and the Ecole Normale Supérieure in Paris

《コメンテーター》 Dr. Vesselin Popovski
(Director of Studies on International Order and Justice,
Peace and Governance Programme United Nations University)

《司会》 青井 千由紀(本学国際政治経済学部国際政治学科 助教授)

 日時: 10月18日(水) 12:30~14:00
(12時20分より軽食の用意があります)

場所:ガウチャーメモリアルホール(15号館)5階15503室

※出席される方は10月16日(月)までに国際政治経済研究開発センターまで
メール等でお知らせください。 
 
8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年8月25日

9月15日 国際社会における正義 -懐疑論の克服と21世紀の展望-

青山学院大学国際政治経済研究開発センター主催・国際関係思想・研究ネットワーク協賛

シンポジウム
国際社会における正義
    ―懐疑論の克服と21世紀の展望― 


日時: 9月15日(金)13:00 ~ 19:00
場所: 青山学院大学総合研究所ビル(14号館)
10階第18会議室

プログラム
開会挨拶: 土山實男(青山学院大学国際政治経済学部長)

報告:
13:10~15:00
Ⅰ 戦争と介入の正義
 司会: 佐藤哲夫(一橋大学教授)
 1 正義の戦争と現代                山内進(一橋大学教授)
 2 武力行使の倫理的ジレンマ           中本義彦(静岡大学教授)
 3 介入はどのような正義に基づきうるか     押村高(青山学院大学教授)
 *コメント                        土佐弘之(神戸大学教授)
     -休憩-
15:10~17:10
Ⅱ グローバルな社会正義の行方
 司会: 飯田敬輔(青山学院大学教授)
 1 国際正義論のポスト・ロールズ的展開      神島裕子(早稲田大学助手)
 2 貧困の放置は罪なのか               伊藤恭彦(静岡大学教授)
 3 主体化の暴力と脆さ:フェミニストの応答     土佐弘之(神戸大学教授)
*コメント1                   太田宏(青山学院大学教授)
*コメント2                   五野井郁夫(学振研究員、東京大学)
     -休憩-
17:20~18:50
Ⅲ 国際社会と正義の実践
 司会: 押村高(青山学院大学教授)
 1 国際組織およびその決定の正当性         佐藤哲夫(一橋大学教授)
 2 グローバル・ガヴァナンスにおける規範の役割   太田宏(青山学院大学教授)
*コメント                    北村治(関東学院大学講師)


*出席される方は9月13日(水)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年7月14日

7月28日 対外依存の経済構造と資産価格の乱高下-中国のケース

報告者:孫立堅氏 (中国復旦大学経済学院教授)

司会 :中兼 和津次 (青山学院大学国際政治経済学部教授)
 
日時 :7月28日(金)15:00 ~ 17:00

場所:ガウチャーメモリアルホール(15号館)4階15405室

*報告・討論は日本語で行います

*出席される方は7月26日(水)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年7月 6日

7月21日 “A Production and Market Driven Model for Capturing Transportation Efficiencies”

 《発表者》 Michael Lahr 氏
       Associate Research Professor, Center for Urban Policy
       Research, Edward J. Bloustein School of Planning and Public Policy,
       Rutgers, The State University of New Jersey


       《司会》 太田 浩
       (本学国際政治経済学部国際経済学科 教授)
 
    日時: 7月21日(金)11:00~14:00
    (12時20分より軽食の用意があります)

    場所:8号館 4階 コモンルーム
    ※出席される方は7月19日(水)までに国際政治経済研究開発センターまで
      メール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/ 
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年6月29日

7月12日 “East Asian Conflict or Cooperation?: Current Issues of Trade and Finance”

日時:7月12日(水)11時~13時半
場所:ガウチャー・メモリアル・ホール(15号館)  3階15306室
司会:太田 浩(本学国際政治経済学部 国際経済学科教授)

プログラム:
午前の部 11時~
“International Trade and Interchanges Between China and Japan”
<発表者>  Eden Yu 氏 (香港城市大学)

昼食
軽食の用意があります。

午後の部 12時半~13時半
“Financial Integration in East Asian Equity Markets”
<発表者>  Ke Li 氏 (日本大学グローバルビジネス研究科)

●出席される方は7月7日(金)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。 

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425 / 直通電話03-3409-8045/    
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年5月30日

6月26日 "New Directions in China's Foreign Policy"

《発表者》Harry Harding 氏
 
University Professor of International Affairs
the George Washington Universit

《司会》 高木 誠一郎教授
(本学国際政治経済学部 国際政治学科)
 
日時: 6月26日(月)12:30~14:00
(12時20分より軽食の用意があります)

場所:総研ビル(14号館) 10階第17会議室

※出席される方は6月22日(木)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/    
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年5月23日

6月7日 The Legacy of the Tokyo Trial: Contemporary Significance Revisited

《発表者》二村まどか 氏
 Department of War Studies, King's College London

《コメンテーター》Dr. Vesselin Popovski
(Director of Studies on International Order and Justice,
Peace and Governance Programme United Nations University)

《司会》 青井 千由紀 助教授
(本学国際政治経済学部 国際政治学科)
 
日時: 6月7日(水)12:30~14:00
(12時20分より軽食の用意があります)
場所: 8号館 4階 コモンルーム

※出席される方は6月2日(金)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  

8号館5階国際政経合同研究室内/学内内線12425
直通電話03-3409-8045/    
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2006年1月11日

1月27日 ASEAN地域フォーラムの分析―合理的制度論からの視点

《報告者》

川崎 剛(カナダ、サイモン・フレーザー大学教授)


《司会》菊池 努 氏

本学国際政治経済学部国際政治学科教授


日時:1月27日(金)12:00~14:00

11時45分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は1月24日(火)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年12月14日

1月18日 韓国から見た6者協議

《報告者》 李 元徳 氏

《報告者の略歴》

ソウル大学外交学科で学士、修士号取得(1987)後来日して6年間東京大学大学院博士課程で
国際関係学を研究、博士号を取得(1994)。
その後韓国に戻り、ソウル大学国際大学院特別研究員、
世宗研究所研究委員をへて1998年より国民大学国際学部副教授。
2003年12月より10ヶ月アメリカピッツバーグ大学の客員研究員 歴任、
2004年10月より1年間、東京大学駒場キャンパスの大学院国際社会科学専攻客員教授歴任

代表業績(韓国語)としては『韓日過去事処理の原点』単著、『脱冷戦期韓日関係の争点』共著、
『動揺する日本神話』共著など
 

          
《司会》 山本 吉宣 氏 (本学国際政治経済学部 国際政治学科教授)
   
《使用言語》日本語


日時:1月18日(水)16:00~18:00

場所:コモンルーム(8号館4階)


出席される方は1月16日(月)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年12月10日

12月21日 「日本に外交(政策)はあるのか?」

国際政治経済研究開発センター年末恒例特別企画 


《講演者》 渡辺昭夫 先生 (日本とアジア・アジア太平洋) 青山学院大学名誉教授

          
山本吉宣 先生(日米関係)

中兼和津夫 先生(日中関係)
 
高木誠一郎 先生(日中関係)
  (以上本学国際政治経済学部教授陣)

追加講師
井出 静 先生(中国から見た日本)

《司会と問題提起》 菊池 努 先生
   

日時:12月21日(水)15:00~18:00

場所:コモンルーム(8号館4階)

終了後、「ノン・アルコール」パーティを開催します。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。(無料)

出席される方は12月16日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年11月24日

12月7日 イギリス現代政治とニュー・レイバー

国際政治学科・国際政治経済研究開発センター共催 研究会

《Presentation》

1, Ben Clift(University of Warwick)
The Political Economy of the New Labour since 1997

2.Kensuke Takayasu (Hokkaido University)
"Modernisation" as an Electoral Strategy: New Labour's Policy Change, Policy Innovation, and Vigorous Media Relations


《略歴》
1 Ben Clift-Ph.D(シェフィールド大学)、2003年よりウォーリック大学講師、
主な著書: French Socialism in a Global Era, Continuum, 2003; Where Are National Capitalisms Now? Palgrave, 2004

2 高安健将-Ph.D(ロンドン大学)、2005年より北海道大学専任講師、
主な論文: 「政党政治と執政政治の間-首相の日英比較」日本比較政治学会『日本政治を比較する』、2005年

《Chair》Okiyoshi Takeda 氏

《Discussion》Keisuke Iida
Tadashi Kuramatsu

本学国際政治経済学部国際政治学科教授

※講演、討論は英語で行われます

日時:12月7日(水)12:00~14:30

11時50分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は12月2日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年11月18日

12月21日 Power Resources, Preferences, and Influence at the UN General Assembly

《報告者》 Dong-Joon Jo 

Assistant Professor
Department of International Relations
University of Seoul


《コメンテーター》 山本 吉宣 氏

《司会》 青井 千由紀
共に本学国際政治経済学部国際政治学科教授



日時:12月21日(水)11:30~13:00

11時20分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は12月16日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年10月13日

10月26日Division of Labor, Specialization, and the Enforcement of Property Rights

Division of Labor, Specialization, and the Enforcement of Property Rights: A General Equilibrium Analysis 

《報告者》 Dr.Ke Li  

Graduate School of Business, Nihon University

《司会》 太田 浩 教授
    (本学国際政治経済学部 国際経済学科)


日時:10月26日(水)12:30~13:30

12時15分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は10月21日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年10月 4日

10月19日Conflict and Stability in the South Pacific Islands

《報告者》 Dr.David Hegarty  

Australian National University (ANU)


日時:10月19日(水)12:30~14:00

12時00分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は10月14日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp

 太平洋の中央に数多くの小さな国々からなる南太平洋地域があります。かつて日本が国際連盟のもとで委任統治していた島々もあります。太平洋戦争中はこの地域で日本軍と連合国軍との間で激しい戦闘が行われました。日本にとっては「玉砕の地」でもあります。今この南太平洋の政治経済社会が激しく動いています。日本にいると日ごろ知ることのない南太平洋で今何が起きているのか。オーストラリアの外交官(大使)、研究者としてこの地域を長い間観察してきたオーストラリア国立大学のヘガティー博士にお話をしていただきます。南太平洋のビデオ(DVD)の上映も予定されています。


2005年7月14日

7月27日 Learning and information in strategic trade policy

《報告者》 Kaz Miyagiwa 教授 

Department of Economics,Emory University


日時:7月27日(水)12:30~14:30

12時20分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は7月22日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年7月12日

7月25日 International Capital Mobility and Pollution Tax Coordination 

《発表者》 Eden Siu-hung Yu  氏 

香港城市大学教授

《司会》 太田 浩 教授
    (本学国際政治経済学部 国際経済学科)

《使用言語》 英語

日時:7月25日(月)12:00~13:00

12時より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は7月21日(木)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年6月16日

6月29日EU-Asia dialogues on human rights -Paving the road towards an Asian human rights regime?-

《発表者》 Dr. Martina Timmermann   

Director of Studies on Human Rights and Ethics, Peace & Governance Programme, UNU headquarter, Tokyo

略歴 
・Since 2005 Director of Studies on Human Rights and Ethics, Peace & Governance
Programme, UNU headquarter, Tokyo;
・Since 2004 Academic Programme Officer, Peace & Governance Programme, United
Nations University (UNU) headquarter in Tokyo;
・Since 2003 Board Member of the German Association for Asian Studies (DGA) in
Hamburg;
・Publications on Japanese Foreign Policy, Japanese and US American political
culture, human rights, and regional community-building in Asia.

        
《コメンテーター》  高木 誠一郎 教授
             押村 高 教授 
           (共に本学国際政治経済学部 国際政治学科)

《司会》 青井 千由紀 教授
    (本学国際政治経済学部 国際政治学科)

《使用言語》 英語

日時:6月29日(水)12:40~14:10

12時30分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は6月24日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年6月 9日

6月29日 The Adjusted Solow Residual and Asset Returns

<発表者> Jeong-Joon Lee
    Assistant Professor, Department of Economics, Towson University
    タウソン大学経済学部助教授


<経歴> 延世大学経済学部卒、スタンフォード大学経済学部博士課程修了。2000年より現職。
<発表論文要旨> 下記参照
<使用言語> 英語
 
<司会> 戸堂 康之 氏 (本学国際政治経済学部経済学科助教授)


日時:6月29日(水)16:00~17:30

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は6月24日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp

<発表論文要旨>
 The purpose of this paper is to examine effects of a measured aggregate productivity shock on asset returns. To achieve this, a simple Real Business Cycle (RBC) model is presented to show that an aggregate productivity shock can be identified as a factor affecting asset returns. Then, Solow's productivity residual is chosen as a proxy for the measured aggregate productivity shock for empirical investigations. One of the valuable contributions of this study is its incorporation of recent macroeconomic developments on variable factor utilization. In particular, it deviates from the conventional method of growth> accounting to adjust for the cyclical variation of the conventional Solow residual. By doing so, this study seeks to understand a role of the adjusted Solow residual in explaining asset returns. This study shows that the asset returns tie with capital returns based on the standard business cycle model without adjustment costs. Then, it empirically evaluate the relationship with VARs. Although the model is not based on sticky prices, the measured technological progress generates dynamics very similar to Basu, Fernald, and Kimball’s (2004) results. The empirical investigations based on post-World War II U.S. data document significant differences between the conventional Solow residual and the adjusted Solow residual in their dynamic effects on asset returns. An interesting aspect is that the technology improvements have delayed effects on asset returns, implying that asset returns could be predictable.


2005年6月 9日

6月23日 EU憲法条約の行方 ‐フランスはなぜ「ノン」なのか‐

《報告者》 大野 博人   (朝日新聞外報部長)


         脇阪 紀行  (朝日新聞外報部次長)

《コメンテーター》 押村 高 氏 
           (本学国際政治経済学部教授)

《司会》 支倉 寿子  氏
    (本学国際政治経済学部教授)

日時:6月23日(木)12:30~14:30

12時15分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は6月20日(月)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年4月28日

5月18日転換期の日韓関係:争点と課題

〔報告者〕 李元徳

〔報告者の略歴〕
ソウル大学外交学科で学士、修士号取得
(1987)後来日して6年間東京大学大学院博士課程で国際関係学を研究、
博士号を取得(1994)。その後韓国に戻り、ソウル大学国際大学院特別研究員、
世宗研究所研究委員をへて1998年より国民大学国際学部副教授。
2004年12月よりピッツバーグ大学の客員研究員、
10月より東京大学駒場キャンパスの大学院国際社会科学専攻の客員教授
  代表業績(韓国語)としては『韓日過去事処理の原点』単著、『脱冷戦期
韓日関係の争点』共著、『動揺する日本神話』共著など 

〔司会〕 山本吉宣 氏 (本学 国際政治経済学部 国際政治学科教授)
   
〔使用言語〕 日本語

日時:5月18日(水)12:30~14:00

12時15分より軽食の用意があります。

場所:コモンルーム(8号館4階)

出席される方は5月13日(金)までに氏名・(学生or一般)を明記の上、
国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。
 

8号館5階 国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/ 
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年4月16日

4月27日特派員の見た中国社会と日中関係~「反日デモ」の深層を探る~

 

〈講演者〉 五十川 倫義 氏
      朝日新聞社論説委員、前中国総局長


〈司会〉 菊池 努 氏
       本学 国際政治経済学部 国際政治学科教授
  
    日時:4月27日(水)12:30~14:00
        12時より軽食の用意があります。    
    
    場所:15403教室(ガウチャー)  

※出席される方は4月22日(金)までに国際政治経済研究開発センター
までメール等でお知らせください。  

国際政経合同研究室内/学内内線12425・直通電話03-3409-8045/    
e-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2005年4月12日

4月25日  Development,Conflict&Peace

《報告者》 Erik Gartzke 氏
        Associate Professor, Dept. of Political Science, Columbia University in NY


Erik Gartzke 氏の略歴紹介 
Dr. Gartzke explores the origins of war, peace, and international
institutions using formal and quantitative methods. His research involves
the role of information in how states, leaders, and others interact across
borders. He published work focuses on the democratic peace, economic
interdependence, the theory of war, enduring rivalries, alliances, and
domestic determinants of world politics.

《使用言語》 英語

《司会》  山本 吉宣 氏
        本学 国際政治経済学部 国際政治学科教授

 日時:4月25日(月)15:30~17:00  
 場所:8号館4階 コモンルーム
  
出席される方は4月22日(金)までに国際政治経済研究開発センターまでメール等でお知らせください。  
e-mail:rsc@sipeb.aoyama.ac.jp

当日配布資料がありますので、事前にほしい方は下記まで取りに来てください。(8号館5階 国際政経合同研究室/学内内線12425・直通電話03-3409-8045)


2005年3月 7日

3月22日中国金融の脆弱性と銀行改革のジレンマ

《報告者》     孫立堅 氏
          復旦大学経済学院 助教授
  
孫立堅 助教授の紹介) 
1962年上海に生まれ、1984年上海同済大学で土木工程学院から工学
学士号を取得。1993年4月から2000年3月まで、一橋大学 大学院商学研究科に留学し、商学博士号を取得。帰国後、上海復旦大学経済学院で教鞭を取っている。
 孫氏の主な研究分野は、金融市場のミクロ構造、比較金融体系、国際
金融、実証金融理論と開放マクロ経済学など。主な研究成果として"開放
経済中的価格伝逓効応"(《経済学季刊》,第三卷第一期、2003年)、"従'零利率'政策到'負利率'結果:透析日本金融体系的微観伝導机制", 《国際
金融研究》,2003年第9期)など。帰国後、教育と研究業績で数度の受賞。
マスコミでも活躍している注目の若手経済学者。

司会》   中兼 和津次 氏
       本学 国際政治経済学部 国際経済学科教授

 日時:3月22日(火)15:30~17:30  
 場所:8号館4階 コモンルーム

使用言語》 日本語
 
  出席される方は3月18日(金)までに国際政治経済研究開発センターまで
メール等でお知らせください。
e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp
研究会までの開室日:3/11,15,18 受付時間:10時-16時(8号館5階/内線12425)


2005年2月25日

3月19日「インドセミナー」のご案内

下記の日程で「インド・セミナー」を開催します。
対象は主として学部の学生ですが、
大学院生、教職員の参加も歓迎です。

 中国と並んで国際社会に大きな姿を
現わしつつあるインドの今日の外交政策・
日印関係等について、ジャワラル・ネルー大学の
ケサヴァン先生にお話しいただきます。

《テーマ》
1)「今日の国際関係とインド外交」 11:00-12:15
2)「日印関係の展開」 13:15-14:30
3)「インドの経済改革」      14:45-16:00

《講師》  K.V.Kesavan 氏
    インド・ジャワラル・ネルー大学教授(国際関係)
     

《司会》 菊池 努 氏
本学 国際政治経済学部 国際政治学科 教授

《日時》  3月19日(土) 11時~16時
《場所》  8号館 4階 コモンルーム

*  セミナー終了後、ケサヴァン先生を囲んで同所にて
ノン・アルコールパーティを開催します。(無料)

 出席を希望される方は3月15日(火)までに
メール等でお知らせください。

mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp
青山学院大学 8号館 5階
国際政治経済 研究開発センター
担当 小野
電話 03-3409-8045
(学内 内線 12425)

セミナーまでの開室日3/1,4,7,11,15,18
(受付時間:平日10時~16時)


2004年12月13日

12月22日(水)2005年の世界を読む

2004年度 第16回
国際政治経済研究開発センター研究会のお知らせ
年末特別大企画 第2弾

《テーマ》2005年の世界を読む

《報告者》本学 国際政治経済学部教授陣
*報告者の追加の可能性あり。

山本吉宣 先生   (アメリカの外交・安全保障政策)
中兼和津次 先生 (中国経済)
高木誠一郎 先生 (中国外交)
袴田茂樹 先生   (ロシア・中央アジア) *交渉中
飯田敬輔 先生   (WTO交渉、FTA)

《司会》 菊池 努 先生

(セミナーの形式)
 当該分野に関し、2005年の動きを見る際の
「ポイント」を(大胆に)3つ程度指摘していただきます。
その後質疑応答とします。

《日時》  12月22日(水) 17時~19時
《場所》  8号館 4階 コモンルーム

終了後、同所にて「ノン・アルコール」パーティを
開催します。たくさんの皆様のご参加をお待ちします。
(無料)

 出席を希望される方は12月20日(月)までに
メール等でお知らせください。

国際政治経済 研究開発センター
8号館 5階
電話 03-3409-8045
学内内線 12425
 (受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時)
小野 繁子
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年12月 8日

12月15日Saving Dolphins:UnverifiableTechnology, Boycotts and Trade Policy

《報告者》Kaz Miyagiwa 教授 (Emory University)

国際経済を専門とする方に限らず、広く動物愛護、環境保護、食品安全に関心のあるファカルティーメンバー、大学院生の参加を歓迎します。

Abstract:
Consumers often boycott imported goods because they do not approve the way they are manufactured, e.g., using child labor or causing dolphin deaths. Without independent oversight firms must first resist the temptation to employ such modes of production and still
convince consumers that they do not employ them. This lecture develops a model in which a foreign monopolist uses the price to signal his technology choice in the presence of such moral hazard and adverse selection problems. We find that boycotts and indiscriminate tariffs are effective in addressing consumer concerns, but mandatory labeling of the products is not.

《司会》  太田 浩 教授
  国際政治経済学部 国際経済学科

 日時:12月15日(水)11:00~12:30  
 場所:8号館3階 国政経セミナールーム

出席される方は12月13日(月)までに国際政治経済研究開発センター
(8号館5階/内線12425)までお知らせください。
受付時間:平日9時-17時・土曜 9時-12時
e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年11月19日

12月1日》『アメリカ大統領選挙を解剖する』

2004年度 第14回 国際政治経済研究開発センター研究会のお知らせ

”新進気鋭の米国政治研究者二人の揃い踏みによる
        年末特別大企画”

《テーマ》『アメリカ大統領選挙を解剖する』

《スピーカー》 
中山俊宏 氏
    日本国際問題研究所主任研究員
    本学 国際政治経済学部 非常勤講師
     
 武田興欣 氏
    本学 国際政治経済学部 助教授

《司会》
 菊池 努 氏
本学 国際政治経済学部 教授

《日時》  12月1日(水) 17時~18時半
《場所》  8号館 4階 コモンルーム
* 終了後、同所にて「ノン・アルコール」パーティを
開催します。たくさんの皆様のご参加をお待ちします。

 出席を希望される方は11月29日(月)までに下記まで
メール等でお知らせください。

国際政治経済 研究開発センター 
(受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時)
(学内内線 12425)

事務担当 小野 繁子
直通電話 03-3409-8045
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年11月12日

11月25日(木)研究会  China’s Macroeconomic Stability: Some Issues and Policy Debates”

China’s Macroeconomic Stability:
Some Issues and Policy Debates”

世界的にも注目が集まっている最近の中国経済「過熱現象」について、中国きってのエコノミストである講師が分析します。
なお、報告は英語で行われます。
 

《講師》
樊 綱 氏(中国経済改革研究基金会国民経済研究所長)

経済学博士,中国経済体制改革研究会副会長,中国改革基金会秘書長,
国民経済研究所所長, 北京大学、中国社会科学院研究生院経済学教授

近著『中国:未完の経済革命』(岩波書店2003年、関志雄訳)

《司会》 中兼 和津次 教授
     国際政治経済学部 国際経済学科

日時:11月25日(木)17:30-19:00
    
場所:コモンルーム (8号館 4階)

 出席される方は11月22日(月)までに
国際政治経済研究開発センター
(8号館5階/内線12425)までお知らせください。

受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時

担当 小野 繁子
電話 03-3409-8045
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年11月 8日

11月17日研究会“An Emerging East Asian Community ?”

《講師》 Dr. Eric Teo Chu Cheow 氏
 Council Secretary of the Singapore Institute of International Affairs(SIIA)
Managing Director of Savoir Faire Corporate Consultant, Singapore


「東アジア共同体」の可能性と課題を、国際政治経済の変容、日本、アメリカ、中国、ASEANなどの動きを念頭に分析する。

《司会》  菊池 努 教授
  国際政治経済学部 国際政治学科

日時:11月17日(水)12:30~14:00  
        12時より軽食の用意があります
        
場所:コモンルーム (8号館 4階)
出席される方は11月15日(月)までに国際政治経済研究開発センター
(8号館5階/内線12425)までお知らせください。
受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時
e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年10月13日

10月27日“Important Quality of Democracy”

2004年度 第11回
国際政治経済研究開発センター研究会のお知らせ

“Important Quality of Democracy”

講演者》 Philippe Schmitter 氏
European University Institute 教授 

《講演者略歴》
 比較政治学、デモクラシー論の重鎮、現在フローレンス・ヨーロッパ大学教授

《主な著書》
『民主化の比較政治学』(未来社、1986年)、“How to democratize
the European Union..and Why Bother?” (R&L Publishers, Inc., 2000) ほか、著書、論文多数

《司会》  押村 高  本学 国際政治経済学部 教授

《討論者》 竹中治堅 政策研究大学院大学 助教授
 


《日時》 10月27日(水) 13時~15時 
《場所》 8号館 4階 コモンルーム

 出席を希望される方は10月25日(月)までにメール等でお知らせください。

国際政治経済 研究開発センター 
電話 03-3409-8045 
(受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時)
e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp 担当 小野


2004年10月13日

10月22日“Losing to Terrorism”

2004年度 第10回 研究会
《第5回グローバル・ガバナンス研究会》

“Losing to Terrorism”
-An American Work in Progress-

講演者》 Davis B. Bobrow 氏

ピッツバーグ大学 大学院教授
《略歴》
 シカゴ大学卒。マサチューセッツ工科大学Ph.D. プリンストン大学、ミネソタ大学、
メリーランド州立大学などで教えた後、現職。 国際関係理論、米外交・安全保障
政策の専門家として知られ、日本の防衛政策や日米関係にも詳しい。
米国際政治学会長を務めた。

《主な著書》
・”Policy Analysis by Design” ( Pittsburgh University Press, 1987)
・”Defensive Internationalism: Providing Public Goods in an Uncertain World (University of Michigan Press, forthcoming) など多数。

《司会》  土山 實男 国際政治経済学部 教授
《討論者》 山本 吉宣 国際政治経済学部 教授


《日時》 10月22日(金) 12時30分~14時 (軽食の用意があります。)

《場所》 8号館 4階 コモンルーム

 出席を希望される方は10月20日(水)までにメール等でお知らせください。

国際政治経済 研究開発センター 
電話 03-3409-8045  (受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時)
e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp 担当 小野


2004年9月30日

10月6日(水)研究会“Canadian Experience in Promoting Security Multilateralism in the Asia-Pacific:

《講演者》
 デイヴィッド・ドゥイット 氏
 ヨーク大学国際戦略研究所所長

《略歴》
The Council for Security Cooperation in Asia Pacific (CSCAP)設立者
Co-director of Canada's North Pacific Cooprerative Security Dialogue research program (1990-93

《主な著書》
" Development and Security in Southeast Asia (co-editor with Carolina Hernandez, Ashgate, 2002);

"Directions in Canada's International Security Policy:
From a Marginal Actor at the Centre to a Central Actor at the Margins

"The Middle Kingdom Meets the Middle East:等

《司会》     高木 誠一郎  国際政治経済学部 国際政治学科 教授
《コメンテーター》菊池 努  国際政治経済学部 国際政治学科 教授

《日時》
 10月6日(水) 12時30分~14時
 昼食の用意があります。
《場所》
15号館 (ガウチャー) 15405教室

出席を希望される方は10月4日までに8号館5階
国際政治経済学部 合同研究室へお知らせくださるか
メールにて下記までお知らせください。
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp
担当 小野
国際政治経済 研究開発センター
電話 03-3409-8045
tree_line.gif


2004年6月28日

7月14日 研究会 A New Security Framework In East Asia Focusing on Sino-Japanese Relations

報告者) Quansheng Zhao
Professor and Director of Center for Asian Studies,
American University

報告者略歴)
  北京大学卒。カリフォルニア大学(バークレー校)Ph.D.
現在、アメリカン大学アジア研究センター所長。比較政治・国際政治専攻。
著書に『Japanese Policymaking: ―Politics behind Politcs―
Informal Mechanisms and the Making of China Policy 』
(邦訳 『日中関係と日本の政治』 岩波書店)など多数がある。

司会》  高木 誠一郎 教授
  国際政治経済学部 国際政治学科

日時:7月14日(水)12:30~14:00  
12時より軽食の用意があります
場所: 8号館 4階 コモンルーム

出席される方は7月12日(月)までに国際政治経済研究開発センター(8号館5階 内線12425)まで
お知らせください。受付時間:平日0900~1700土曜0900~1200)
e-mail:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年6月16日

6月16日 日朝国交正常化問題  ―技術流出の観点から―   

木村 光彦 氏
国際政治経済学部 国際経済学科 教授


2004年6月 2日

6月02日On the Superiority of Austrian Roundabout Methods of Production  

秋場 勝彦氏 国際政治経済学 研究科
 国際経済学専攻 博士課程 


2004年5月25日

5月25日”How to Publish in Topflight Journals”

Kwan Choi 氏
 Iowa州立大学教授 
Review of International Economics 編集長


2004年5月24日

5月24日From International Solidarity to International Security

Jean-Marc Coicaud 氏
国連大学 北米事務所 所長代行


2004年5月19日

5月19日授業体験の共有に向けて

武田 興欣 氏
国際政治経済学部 国際政治学科 助教授


2004年5月12日

5月12日『中国台頭』の時代の日本の東南アジア外交

宮川眞喜雄 氏
(財)日本国際問題研究所所長


2004年5月 7日

5月7日Sustainable Governance, Economic Development, and the Functions of Force

Martin C. McGuire*
*Department of Economics, Univ of CA-Irvine, Irvine, California. 92697


2014年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Search this site:

Archives
Category
Workshop [135 items]
workshop2 [2 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)