UPDATED : SATURDAY, JULY 12, 2014

国際研究センター

2014年5月13日

6月21日 18世紀ヨーロッパの雑誌における日本表象

青山学院大学 国際研究センター主催


「18世紀ヨーロッパの雑誌における日本表象」


《講師》Francesco Campagnola 氏


(Dr. Assistant, Ghent University(BELGIUM), Faculty of Letters and Philosophy, Department ofLanguages and Cultures Institute of Japanese Studies) 


この講演では、17世紀末葉から18世紀中葉にかけて、「文芸共和国」という学者の共同体で好奇心の的にして文化的・象徴的な表象の対象となった「日本」について考察しよう。考察にあたっては、近世の学術雑誌に焦点を当てる。当時新しく興隆しつつあった学者たちの国際的共同体にとって、雑誌とは、最も包括的にして最新の交流手段にほかならなかった。そうした雑誌の内容を――なかでもフランス語で書かれた雑誌のいくつかを選び出してその全記事を――分析することで、「日本」が主にどのような話題と結び付けられていたのか、またそれがますます包括的にして体系的になりゆく近世の知識人たちの知識の発展にとっていかなる意味をもっていたのか、理解できるだろう。つまりこの講演は、世界の表象が新しく拡張され形成されていくなかで「日本」が担った、発見的にして修辞的な役割の見取図を提示するものである。その際、「日本」をそのほかの非ヨーロッパ地域が担った役割とも結びつけつつ、「日本」に固有で特殊な特徴に光を当てる。そうして最終的には、「日本」の表象が「文芸共和国」自体に内在していた分裂と統合といかなる関連を示しているのか、考察することにしたい。


講師略歴:
Dr. Assistant, Ghent University(BELGIUM), Faculty of Letters and Philosophy,
Department of Languages and Cultures Institute of Japanese Studies.
 Associate Researcher, Graduate School of Human and Environmental Studies, Kyoto University(2011-2013).
Associate Researcher, Institute for Research in Humanities, Kyoto University(2009-2010)
Research Assistant: "natura e sovranatura nella filosofia tedesca della prima età moderna", Università di Roma 'Sapienza', funded by the Ministry of Research and University(2008-2009)

Teaching Experience: Ghent University
Japanese: text and context - Modern Sovereignty from Thomas Hobbes to Maruyama Masao


著作:博士論文:
«Formes et histoires des savoirs philosophiques dans l'Europe moderne e contemporaine », Sorbonne (Paris IV), Università degli Studi di Lecce. In cotutorship (cotutelle) with École Pratique des Hautes Études(2008).
Book: Teorie dell'analogia tra Irlanda e Inghilterra nel secolo XVIII. La fine dell'unità della ragione(Theories of Analogy in Seventeenth and Eighteenth Century England and Ireland. The End of the Unity of Reason) , Olschki, Firenze 2012
Articles: (with Fiorella Bucci) The Shifting Place of Madness in Modernizing Japan. An Interview with Kazushige Shingu, in: «Rivista di psicologia clinica/Review of Clinical Psychology» 1 (2014)
『「文芸共和国」の分断──学問の共同体における制度と個人の関係(The Republic of Letters Breaking up. Institutions and Personal Relationships in the Community of Knowledge)』, in: «Diaphanes», I, 1 (2014)『自己、社会、そして神に反して──哲学・法学・文学に見る一八世紀イタリアの自殺論 (Against Oneself, Society, and God. Theories on Suicide in Eighteenth Century Italy's Philosophy, Jurisprudence and Literature) 』, in: «Gendai Shisō (現代思想)» XLI, 7 (2013)


≪司会≫ ポダルコ・ピョートル 教授 (本学国際政治経済学部 )


≪討論者≫陳 継東 教授 (本学国際政治経済学部 ) 


日時:6月21日(土)16:00~17:30
※使用言語:日本語

参加申込先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2014年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Search
Search this site:

Archives
Category
Workshop [134 items]
workshop2 [2 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)