UPDATED : FRIDAY, JULY 12, 2013

国際研究センター

2013年5月24日

6月12日人民解放軍の軍事戦略と軍の近代化

「人民解放軍の軍事戦略と軍の近代化」

《講師》峯村健司氏
(前朝日新聞北京総局特派員)


【略歴】 青山学院大学国際政治経済学部(国際政治学科)卒。
1997年 朝日新聞入社。2007年5月から最近まで朝日新聞北京総局特派員。
2011年 中国の軍事安全保障政策や情報政策に関する優れた報道でボーン・上田記念
国際記者賞受賞。
2013年 6月末からハーバード大学フェアバンク中国研究センター客員研究員の予定。


《司会》 菊池 努 教授
    (本学国際政治経済学部 国際政治学科) 
《コメント》林 載垣 准教授
    (本学国際政治経済学部 国際政治学科)


日時:6月12日(水)14:00~16:00
場所:8号館 4階 国際研究センター会議室


出席される方は6月10日までに国際研究センターまでメールでお知らせ下さい。


連絡先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年5月14日

5月29日Psychological Constructs toward Agricultural Technology Adoption: Evidence from Eastern India

Psychological Constructs toward Agricultural Technology Adoption: Evidence from Eastern India


《講師》 山野 峰 氏 

(International Rice Research Institute,
Social Science Division, Senior Economist)


Abstract

We apply the theory of planned behavior (TPB) to identify farmers' psychological constructs toward agricultural technology in three dimensions: attitude, subjective norm, and perceived behavioral control. We use data from 731 farmers in Eastern India. The sample farmers come from two groups: 157 farmers who have received a seed mini-kit of a new stress-tolerant rice variety, called Swarna Sub 1, from NGOs and 574 farmers who were randomly selected in the villages where the mini-kits were distributed. In this paper, we find that the mini-kit recipient farmers have higher scores on psychological constructs toward new technologies than the representative farmers. We also find that scheduled caste, female, and less educated farmers have lower scores on the psychological constructs. Among representative farmers, we estimate an adoption model of Swarna Sub 1 and find that attitude and perceived behavioral control indexes are positively associated with the adoption of Swarna Sub 1. Although the causality between the psychological constructs and the adoption of Swarna Sub 1 is indecisive in this paper, the result indicates the importance of investigating farmers' psychological constructs in technology adoption in developing countries.


《司会》 加治佐 敬 教授
   (本学国際政治経済学部 国際経済学科) 


日時:5月29日(水)15:30~17:00
場所: 8号館 4階 国際研究センター会議室


※研究会は学内外どなたでもご参加いただけます.
発表は日本語で行う予定です。


連絡先:国際研究センターe-mail : rsc@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年5月10日

6月1日 青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム 「東アジア諸国関係のダイナミズム」

青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム

東アジア諸国関係のダイナミズム


                               国際政治経済学部・ 国際研究センター                         


日時: 2013年 6月1日(土) 10:00〜17:30
場所: 青山学院大学 本多記念国際会議場(17号館‐6階)


開会挨拶(10:00~10:10)


●東アジア諸国関係の交錯(10:10〜12:10)
司 会: 陳継東 教授
報告1: 張崑將 教授:「臺灣如何思考中國與東亞」(台湾から見た中国と東アジア)
報告2: 邵軒磊 助理教授:「臺灣的中國大陸研究」(台湾における中国大陸研究)
報告3: 羽場久美子 教授:「アジアにおける地域統合と日本の役割」
討論者: 深串徹 大学講師


昼食休憩


●東アジアの情勢変化(13:40〜15:40)
司 会: 土山實男 教授
報告1: 潘朝陽 教授:
「一九四九年之后兩岸儒家學術和社會發展」(1949年以降両岸における儒教学と社会発展)
報告2: 林賢參 助理教授:
「日本在臺海安全所扮演的角色」 (台湾海峡の安全保障における日本の役割)
報告3: 林載桓 准教授:「中国の台頭と朝鮮半島―持続と変化」
討論者: 和田洋典 准教授


休憩


●東アジアにおけるアメリカのプレゼンス(16:00〜17:30)
司 会: 潘朝陽 教授
報告1: 關弘昌 助理教授:
「探究驅動美國會支持臺灣的因素」(アメリカ議会における台湾支持の要因)
報告2: 中山俊宏 教授:「オバマ政権二期目のアジア太平洋政策を検証する」
討論者: 高木誠一郎 日本国際問題研究所研究顧問 


※一般の方もご参加いただけます(受付でお名前と所属をご記入下さい)
※日中同時通訳がつきます


2013年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Search this site:

Archives
Category
Workshop [115 items]
workshop2 [2 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)