UPDATED : SUNDAY, JULY 20, 2014

ジャーナリズム指導室

2014年7月19日

勉強会 2014/07/19

こんにちは。本日は前期最後の勉強会でした。

講義をして頂いたのは、朝日新聞社の編集委員を務めていらっしゃる、峰久和哲さんでした。
峰久さんは現在、世論調査や選挙報道を担当していらっしゃいます。
私達は事前に、14日の朝日新聞朝刊で峰久さんの書いていらっしゃる滋賀県知事選挙に関する記事を読み、今日を迎えました。

世論調査に関しては、私達の知らない裏話を聞くことができました。
現在、朝日新聞の基本調査は郵送調査だそうです。誰が答えたのかわからないという問題点はありますが、その統計学的な誤差は、わずか±2.5ポイント。かなり正確で驚きました。

私が一番印象に残っているお話は、世論調査の落とし穴です。
・回答者は知らないことでも考えもせずに回答する事が多いため、調査結果が「正確」であるとは限らないということ
・選択肢や質問の作り方により、結果が変わってくること
だからこそ、世論調査は政治を操縦する「パイロット」ではなく、正しい飛行をするためには、なくてはならない「メーター」である
というお話を聞き、世論調査の奥深さに興味をもちました。

指導室のメンバーもかなり興味があったようで、たくさんの質問が出て、ディスカッションが盛んに行われました。

今回の勉強会は、選挙について改めて考えるきっかけとなりました。
個人的にはこれから新聞やテレビで世論調査の結果の見方が変わると思います。

さて、前期の勉強会が終了となりましたが、
ずっと撮っていなかった集合写真を撮りました。

指導室2014ver2.jpg



















指導室1.jpg



















今年度はこのメンバーで活動しています!
夏休みはインターン、旅行、アルバイトなどで充実する予定のメンバーが多いようです。

皆さんも良い夏休みをお過ごしください。
では、また後期にお会いしましょう!

担当: 大澤

2014年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Search
Search this site:

Category
午後勉強会 [7 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)