青山学院大学国際政治経済学部
土山實男ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部ゼミ連Weblog  


土山實男ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/j-tsuchiyama/seminar/m/


2013ゼミ生


こんにちは。
2013年度のゼミ生を紹介します。
今年は4年生のみ、6人です。


※五十音順

__________________________


名前 (恋愛対象)

1.なぜ土山ゼミに入ったか
2.卒論テーマや他の関心分野
3.その他自由にいろいろ(趣味、将来の展望、なにか言いたいことなど)

__________________________


伊藤 (男)

1.おこがましいのですが、土山先生が書かれるような文章を、
  書けるようになりたいと思ったからです。内容も、文章そのものも。

2.A.ジョージの強制外交理論を、WW1に当てはめることは妥当か。
  そのほか、国際政治と文化、国際政治と国際法の関係にも関心があります。

3.何かのプロになります。


__________________________


黒田 (男)

1.元々安全保障を中心に勉強したかったので。
  政治学科のゼミのなかでも、土山ゼミが一番安全保障に直結する内容だと
  ゼミガイダンスで感じました。

2.安全保障では欠かせないパワーについて興味を持っています。
  卒論ではパワーの劣る小国が大国に勝利するケースの要因は何か、
  ということを研究したいです。

3.将来は記者を目指しています。メーカー・公務員・マスコミ等
  土山ゼミの先輩方は幅広い分野で活躍なさっているので、
  勉強以外にも学ぶところが多いと思います。


__________________________


鈴木 (能年ちゃん、若かりし頃の倍賞千恵子)

1.土山先生が考えられている事や授業で教わった事を
  もっとよく勉強したかった。

2.国家が合理性を失う原因とは何か

3.掃除最高!


__________________________


関野 (?)

1.土山先生の本(通称、焦りと傲り)が面白かったからです。
  あと、先生の雰囲気に惹かれて。

2.戦間期の体制(特に国際連盟)がなぜうまくいかなかったのか、
  ということを抑止の観点から考えようと思っています。

3.靴が好きです。靴の手入れも好きです。
  将来は良い家庭を築けたら、と思っています。 
  あと、いいゼミだと思います。


__________________________


高畑 (女)

1.安全保障を古典的な部分から学びたかったので。

2.パワーバランスの変動が国家に与える影響を、
  特に東アジア地域を対象として調べています。

3.優秀な営業マンになりたいです。


__________________________


西澤 (男)

1.土山先生の雰囲気

2.資源戦争、脆弱国家、紛争解決

3.戦争に興味があるけど、平和が好き!


__________________________

以上です。

ゼミ生の雰囲気は、もちろん年によって異なるでしょうが、
なんとなく共通するものがあるのかな、とも思います。

それではまた。

投稿者 student4
2013年10月 7日19:27 [ゼミ生] | コメント (0)


2010ゼミ生

土山ゼミの四年生は政治5名、経済1名、コミュ2名の計八名で楽しく活動しています。

ゼミ生は個性豊かでさまざまな課外活動をしている人が多く、好奇心旺盛な人ばかりです。
その夢も学者、政治家、官僚、会計士など多様であり、
まさに現代社会が織りなす権力構造のバランス・オブ・パワーが
ゼミ内で見事に体現されているかのようです。

そんな自由なゼミ生たちですが、実はみんな穏和で協調性があり
ゼミの際には温かく和やかな雰囲気のもと一緒に勉強しています。
これはまさにかの"Concert of Europe"...! と、いい加減ここら辺でやめておきましょう。

そんな緩やかにまとまった自由人たちは以下のとおり。
詳しい自己紹介は、後日彼らによって更新されることでしょう。


●土山ゼミ四年生メンバー
※あいうえお順、()内は役職

安藤歩美
岩城久平
蝦名宰
小澤陽太
古賀祐太郎
重田和也
重松茉莉
山上剛史

投稿者 student4
2010年1月27日18:12 [ゼミ生] | コメント (0)