青山学院大学国際政治経済学部
土山實男ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部ゼミ連Weblog  


土山實男ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/j-tsuchiyama/seminar/m/


小林 太樹

※後日公開!!

投稿者
2008年1月 1日00:00 [2010年度卒業生] | コメント (0)


「魅力ある土山ゼミ」

                       「魅力ある土山ゼミ」
                                              谷口由加子

 こんにちは、土山ゼミの3年のゼミ代表をやらせて頂いている谷口由加子です。

 このブログをみてくれてる多くの方は土山ゼミに興味をもってくださっている2年生の方だと思います。今回は土山ゼミの魅力を語らせていただきます。

 まず、我がゼミの魅力はなんといっても土山先生です!土山先生はとてもチャーミングで国際政治についてはもちろんですが、その他様々な分野についての造詣が深く授業中や飲み会の席ではついつい土山先生のお話に聞き入っているという事がしばしばです。また、土山先生は生徒に対して親身に優しく接していただけるので、授業の雰囲気もとても良く、疑問点など生徒がどんどん質問をしています。なので、国際政治以外の学科の方で土山ゼミを考えている方も、授業についていけるか等の心配はあまり気にする必要はないと思います。もう一つ、魅力といしてあげられるのは土山ゼミの学生同士の仲の良さではないでしょうか。先輩、後輩分け隔てなくとても仲がよく、フレンドリーな学生ばかりです。なので授業もお互い協力しあって進み、とてもよい雰囲気の中行われています。
 
 次に、ゼミ代表の仕事についてお話します。内容は授業内にて生徒が担当する論文の分担&連絡とゼミナール連合会の会議への参加等です。今のところは、まだ3年ということもあり仕事の方もあまり多くはなく、先輩や仲間に協力してもらっているので、とても助かっています。

 最後に、バレーボール大会についてお話します。土山ゼミのメンバーってどういう人?という質問には…何事にも完全燃焼、やるからにはとことんタイプが多いのではないでしょうか(笑)それは授業中の雰囲気にもよく現れていますが、ゼミ連が主催したゼミ対抗でのバレーボール大会でのあの、情熱はどこのゼミにも負けていなかったと思います!!というのも、土山ゼミは前回のバレーボール大会でなんと優勝しました☆本当にみんな、燃えていて私もセッターとして出ていたのですが、とっても楽しかったです。バレーボールが得意な方はぜひ土山ゼミにもし入ってくださいね、そして再度、優勝を目指しましょう(笑)

投稿者
2008年1月 1日00:00 [2010年度卒業生]


「新入生歓迎会と春合宿を通して感じたこと」

                 「新入生歓迎会と春合宿を通して感じたこと」
                                                樋山多門

 土山ゼミの今年最初の活動は新入生歓迎会でした。歓迎会に参加するまでは先輩たちがどのような人なのか、またゼミの雰囲気もどのようなものなのか全くわからなかったので、正直不安な点もいくつかありました。しかし、歓迎会に参加したことでその不安は消え、むしろ早くゼミが始まらないかと思うようになりました。会場はゼミ幹の佐野さんの一押しの落ち着いた感じのするステーキハウスでした。出てくる料理はどれもおいしく、先輩たちと楽しく飲むことができました。また、土山先生も気軽に話しかけてきてくださいました。先生が甘いもの好きという意外な一面も見ることができました。先輩のみなさんはとても気さくな方で、初対面であるのにもかかわらず、いろいろなことをして楽しませてくださいました。土山ゼミの先輩は個性的な人が多く、一緒にいてとても楽しいです。2年生のみなさんも、2年間ゼミで楽しみながら勉強をしたいという人はぜひ土山ゼミに来てみてください。

 また、私たち3年生にとって、春休みのゼミ合宿が本格的なゼミのデビューとなりました。事前に与えられていた課題を新入生全員で分担してやることになったのですが、一人ひとりの担当する量が多く、また英語の文献ということもあり、苦労したのを今でも覚えています。しかしここでの苦労があったからこそ、その後のゼミを頑張ろうと思えたので、いい経験になったと思います。先生や先輩方の前で発表するのはとても緊張しましたが、みなさんがいろいろとアドバイスをしてくださったので何とかやり遂げることができました。夜の飲み会では先生の面白い話を聞くことができ、全然眠くなることはありませんでした。このように土山ゼミは勉強する時は集中してやり、楽しむ時はとことん楽しむというメリハリのついたゼミです。

投稿者
2008年1月 1日00:00 [2010年度卒業生]


「サザンオレゴン大学留学体験記」

                   「サザンオレゴン大学留学体験記」
                                               三浦紗理

 はじめまして!三浦紗理です。2年の後期から留学していた為ゼミに参加するのはこの夏からで少し緊張していますがよろしくお願いします。

 手短に私の留学エピソードを書きたいと思います。私が留学したのはアメリカ、オレゴン州のアシュランドという小さな街にあるSouthern Oregon Universityというとても小さな大学で、すれちがう人はみんな顔見知りと言っても過言ではないほどでした。ルームメイトの妊娠発覚という衝撃から始まった私の留学生活はたくさんの最高な友達にかこまれてとても充実したものでした。クラスではどんどん生徒が意見を述べ、いつのまにかディスカッションのようになるアメリカの独特な雰囲気がとても好きでした。ある授業では働かなければならなかったり、ある授業ではパールハーバーを始めとする二次大戦でのアメリカの日本に対する嫌悪を直接に感じたりと、とても貴重な経験ができました。少し思い返しただけでもどんどん記憶が蘇り改めて最高の留学だったと思います。

 1年の留学で学んだものも大きかったですが、ゼミや他の授業で遅れをとってしまったのでこれから頑張っていきたいと思っています。よろしくお願いします。

投稿者
2008年1月 1日00:00 [2010年度卒業生]


「新入生歓迎会とバレーボール大会でのエピソード」

                「新入生歓迎会とバレーボール大会でのエピソード」
                                                本山大樹

 土山先生のゼミでは政治理論、主にリアリズムについて勉強しています。ゼミは非常に穏和な雰囲気で包まれています。先輩達は個性的でありながら、とても思いやりのある方々ばかりで、土山先生はダンディかつジェントルマンかつ、ざっくばらんな素敵な方です。

 新入生歓迎会ではOBOGの方々とも一緒に大変有意義な一時を過ごさせていただきました。なかでも最も記憶に残っているのが、ゼミ幹である佐野先輩は、全くアルコールを飲めず、コンパの最初から最後までピンクレモネードのみを豪快に飲み干していたことです。

 そして今年ゼミ連によって開催されたゼミ対抗バレーボール大会では、我が土山ゼミが見事優勝を収めることができました。まさにリアリズムが勝利した瞬間であります。休憩時間に佐野先輩がプロテインの錠剤をあたかもかっぱえびせんを食らうかのようにボリボリ食べていたことが昨日のことのように思い出されます。

 まぁ話は長くなりましたが、土山ゼミに所属することができて、本当によかったと思っています。

投稿者
2008年1月 1日00:00 [2010年度卒業生]