青山学院大学国際政治経済学部
土山實男ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部ゼミ連Weblog  


土山實男ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/j-tsuchiyama/seminar/m/

« 小山花子(青山学院大学国際政治経済学部助教) | メイン | 外崎恵子 »


ゼミの概要について(佐野裕太)

 こんにちは。土山ゼミ4年生代表佐野裕太です。僕からは、土山ゼミ全体の紹介をします。

 土山ゼミの学生は、以下のような内訳になっています。
3年生 計5人(男子3人、女子2人)(政治5人、経済4人)
4年生 計8人(男子3人、女子5人)(政治4人、経済4人)

 土山先生は、難解な問題についても、身近な例を用いて、学生にわかりやすいように解説してくださいます。笑いも交えた先生のお話は興味深く、そのため学生が聞き入ってしまい、気がつくとあっという間に時間が経っていたということも度々です。また、先生は国際政治学に精通しているにとどまらず、文学や映画についても造詣が深いため、学生の多種多様な知的好奇心に応えてくださいます。

 基本的には、学生が論文や書籍についてプレゼンテーションを行い、先生がその内容に関して講義を行う形式をとっています。3年生は、配布される国際政治学に関する論文を同期全員で分担し、各自の担当箇所を読み、レジュメを作成し、それに基づいてゼミ内で発表します。発表の頻度は、1学期に約3回前後です。4年生は、各自でテーマを選び、卒業論文の作成を行います。ゼミでは、卒論作成のために読んだ論文・書籍について発表し、先生のアドバイスをいただきます。

 土山ゼミは安全保障のゼミですから、もちろん国際政治学に関する知識を増やしていくことができます。また、国際政治学のみならず、先生のお話を通して社会においてよりよく生きていく術も学ぶことができます。国際安全保障に興味がある学生、リアリズム的な考えを持っている学生、土山先生の講義を面白いと感じた学生、土山先生の雰囲気が好きな学生などにおすすめです。また、経済学科やコミュニケーション学科の学生でも、国際政治学に興味があれば大丈夫です。
 
 土山ゼミは火曜日の4限と5限に開催されており、4限は3年生のみ、5限は3年生・4年生合同で行われます。
 
 先生も参加される食事会が約2ヶ月に1回のペースで行われ、普段の学校で行われるゼミとは異なる雰囲気の中で懇親を深めます。また、合宿は春と夏に関東近郊で行われます。
 
 土山先生の考え方について知りたい学生は「安全保障の国際政治学 焦りと傲り」などの著書を読むことをお薦めします。
土山ゼミの学生の多くは一般企業に就職します。また、大学院を希望する学生もおり、青山学院大学大学院以外にも一橋、筑波、慶応、米スタンフォードなどの各大学院に進学しています。

投稿者 student4
2008年9月 3日16:30 [About Seminar] | コメント (0)

コメント

コメントしてください