UPDATED : THURSDAY, JULY 4, 2013

国際政経合同研究室 Weblog

2012年3月 9日

3月29日国際政治学科主催研究会のお知らせ

日時: 3月29日(木) 14:00~16:00

場所: 青山学院大学(青山キャンパス) 8号館4階 国際研究センター会議室

議題: Meta-Jackson: Rethinking Patrick Thaddeus Jackson's Conduct of Inquiry

講師: Hidemi Suganami 教授 (Aberystwyth University of Wales)

講演者紹介:

東京大学卒、 ロンドン大学Ph.D., キール大教授を経て2003年より現職

英国学派(English School)を代表する国際関係理論家として活躍。主な著書に次がある。

The English School of International Relations: A Contemporary Reassessment

(Cambridge: Cambridge University Press, 2006), with Andrew Linklater

On the Causes of War (Oxford: Clarendon Press, 1996)

The Domestic Analogy and World Order Proposals(Cambridge: Cambridge University Press, 1989)

 

 

 


2012年1月25日

3月15日 国際コミュニケーション学科主催ワークショップ

青山学院大学大学院国際コミュニケーション専攻では下記のとおりワークショップを行います。振るってご参加ください。

 

日時:2012年3月15~17日(3日間とも10:00-17:00)

場所:青山学院大学(青山キャンパス)

8号館4階国際研究センター会議室(旧:コモンルーム)

講師:永田アデア (Adair Nagata, Ph.D.)

米国オレゴン州Master of Arts in Intercultural Relationsプログラム教授

論題:"Synergizing Approaches for Transforming Communication" (仮題)

参加費:無料

定員:35名(席がなくなり次第締め切り)

連絡先・申し込み:末田清子sueda@sipeb.aoyama.ac.jp

申し込み締め切り:2012年2月25日(土)

内容概要:このワークショップはホリスティックなアプローチから自己への気づきを高め、他者のコミュニケーションニーズや他者とのコミュニケーションのダイナミクスにより敏感になることを目的としています。

具体的には4つのアプローチ(ボディマインドフルネス、パーソナル・リーダーシップ、CMM、変形学習)を援用し、その全てのアプローチを併せて学んでいくことで、より生産的かつ創造的な対人コミュニケーション・異文化コミュニケーションを行うための手がかりを探って行きます。

 

This workshop offers a holistic approach to becoming more self-aware, sensitive to others’ needs and the dynamics in the interactions between self and other. The combination of techniques introduced will enable participants to develop themselves so they may engage in more productive and constructive interpersonal and intercultural communication exchanges with others with potentially transformative results.

 

Participants will learn about these different approaches through presentations of information and a variety of activities to apply these techniques and their tools through case studies and reflective and dialogic practices.

 

The workshop will explore the synergies between the following approaches with an emphasis on collaboration between the participants in considering their applicability in different cultural contexts to people with varied communication styles:

 

・Bodymindfulness, a process of attending to all aspects of the bodymind—body, emotion/feeling, mind, and spirit—in order to grasp the holistic personal meaning of an internal event and to use the resultant understanding to communicate skillfully.

 

・Personal Leadership, a practice of leading ourselves forward by formulating and continually refining our vision of ourselves functioning at the peak of our capability with mindfulness and creativity,

 

・  Coordinated Management of Meaning (CMM), a practical theory built on the principles of coherence, in that we are always trying to make meaning of our experiences; coordination, so that we may be in rhythm with others; and mystery, enabling us to enter into our interactions with others filled with curiosity.

 

・Transformative Learning, in which we are able to critically reflect on our situations through dialogue so that we may transform our perspectives to broaden our understanding of others, the situation, and ourselves. 


2011年7月19日

9月16日 多文化関係学会10周年記念大会開催

大会テーマ:「多文化社会日本の課題―共生と衝突が織りなす狂詩曲(ラプソディ)―」

日時:9月16日(金)、17日(土)、18日(日)

会場:青山学院大学11号館

 

9月16日(金):プレスカンファレンス・ワークショップ

(本学国際政治経済学部 田崎勝也氏)

 「比較文化研究におけるバイアスの検証」

 *30名限定。事前登録は下記URLから: https://swj02.securesites.net/jsmr0901/form/index_attend.html

 

9月17日(土):

(1)招聘講演(本学総合文化政策学部 福岡伸一氏)

「多文化共生と動的平衡」

(2)パネルディスカッション(立命館大学政策科学部 稲葉光行氏)

「ICTが拓く多文化共生の未来」

 

9月18日(日)

(1)オープンフォーラム(本学国際政治経済学部 田崎勝也氏)

「大学院教育を考える―『文化』を学ぶ大学院生の現状と課題―」

(2)震災ワーキンググループ(埼玉大学経済学部 渋谷百代氏)

「被災地の声―みえてくる多文化社会の課題と挑戦―」

 

問合せ先:大会委員会・委員長 本学国際政治経済学部 抱井尚子

<jsmr2011taikai@gmail.com>

プログラムの詳細および大会参加申し込みは、学会ホームページからお願いします。

学会ホームページ  http://js-mr.org/

プログラムの詳細  http://js-mr.org/meeting/meeting02.html

大会参加申し込み  https://swj02.securesites.net/jsmr0901/form/index_attend.html

 (*事前登録は8月19日までにお願いします。ホスト校である青山学院大学関係者には、今回学会員レートが適用されます。)

 


2010年2月15日

3月12日 国際経済学科が M. Kemp氏らを迎えワークショップ開催

国際経済学科では国際研究センターと共催で、3月12日(金)にMurray Kemp氏、大山道広氏ほか数名の国際経済学者を招き、”International Workshop on Positive and Normative Analysis on International Economics" と題する国際ワークショップを開催します。プログラムはこちらをご覧下さい。

【日時】 3月12日(金)
      午前の部 9:45〜
      午後の部 14:00〜
【会場】 ガウチャーメモリアルホール 5F 13会議室
【参加費】 無料。先着60名。

参加ご希望の方は、3月6日(土)迄に、所属とお名前を以下のアドレスにご連絡ください。
申込先アドレス: Workshop2010@sipeb.aoyama.ac.jp

【Access Map】
http://www.aoyama.ac.jp/en/other/access_aoyama.html

【Campus Map】
http://www.aoyama.ac.jp/en/other/map_aoyama.html

【Download】
Murray Kemp, "A Critical History of Thought on the Gains from International Trade"

Michihiro Ohyama, "Product Innovation and International Trade"

Hiroshi Ohta, "Revealing the Moral Scientific Nature of Stolper-Samuelson's Proposal to 'Bribe'"

Eden Siu Hung Yu, "Product Market Imperfection and the Two-Sector Harris-Todaro Economy"(Full)

Hong Hwang, "Social Welfare and Spatial Price Discrimination in Intermediate Good Market"(Full)

Wen-Jung Liang, "Transnational Licensing in the Presence of Trade Barriers"(Full)

Chao-Cheng Mai, "The Competitive Position of Shanghai in the Asia-Pacific Region: A Comparative Study"


Program updated on Feb.24
Program updated on Feb.26
Program fixed on March 3

(国際経済学科)


2006年7月12日

8月12日 国際政治経済学部特別セミナーのお知らせ 
Preventive War in Theory and History 

2006年度第5回 国際政治経済研究開発センター研究会

Jack S. Levyラトガ-ス大学教授が、来月、青山学院大学国際政治経済学部に招聘教授として来られます。Levy教授は戦争原因・戦略研究やプロスペクト理論の文字通り第一人者として高い評価を獲得されておられ、Peace Science Society(International)の会長に現在ついておられるほか、International Studies Association の次期会長に就任される予定です。Levy教授の初めての来日を記念しまして、現在の米国のイラク政策もふくみまして予防戦争論についてのLevy教授の特別セミナーを開催いたします

《発表者》Jack S. Levy 氏
 Professor of Political Science at Rutgers University

《討論者》 山 本 吉 宣 青山学院大学教授

《司 会》 土 山 實 男 青山学院大学教授

日時: 8月12日(土)14:00~16:00

場所:青山学院大学6号館 第4会議室


※参加ご希望の方は7月31日(月)までに、お名前とご所属をFAX.03-5485-0782(土山宛)にお送り下さい。

※セミナー終了後、16時半から、レヴィ教授を囲んでレセプションを開催いたします。ご都合のつく方はぜひご来場下さい。会場は青山学院の近くを予定しております。決まり次第お知らせいたします。参加費は無料です。


Jack S. Levy (Ph.D., University of Wisconsin, 1976) is Board of Governors' Professor of Political Science at Rutgers University. He has held tenured positions at the University of Texas at Austinand the University of Minnesota, and visiting or adjunct positions at Tulane, Stanford, Harvard, Yale, Columbia, and NYU. Levy received APSA's Helen Dwight Reid Award for the best dissertation in International Relations in 1975-76, and the Distinguished Scholar Award from the Foreign Policy Analysis Section of the International Studies Association (2000). He has served as president of the International History and Politics section of APSA, and he is currently serving on the APSA Task Force on Political Violence.


2005年12月19日

1月14日 Internatoinal Workshop のお知らせ

国際政治経済学部では、来年1月14日(土)の午後、中国、香港から3研究者を招き、Micro-Econometric Analysis of the Chinese Economy と題するワークショップを開催します。プログラムはこちら

お申し込みは1月11日(水)までに、合同研究室(FAX:03-5485-0782)まで。学外の方は、申し込み時に所属とお名前、レセプションへの参加の有無をお知らせください。(当日参加も受け付けますが、レセプションへの参加をお断りすることがあります)。

学部広報委員会


2004年11月20日

12月1日 第7回グローバル・ガヴァナンス研究会開催

第7回グローバル・ガヴァナンス研究会

《テーマ》
グローバル・ガヴァナンスの歴史的変容
   ―国連と国際政治史―

《報告者》 半澤 朝彦 氏
  明治学院大学 国際学部 専任講師
  (国際関係論、国際機構論) 
  
報告者略歴) 
-東京大学で歴史学修士、オックスフォード大学
 セント・アントニーズ校で現代史博士号を取得する。
-北海道大学 法学部 研究員、専任講師を経て現在に至る。

博士論文はAn Invisible Surrender: The United Nations
and the End of the British Empire, 1956-1963。
ほかに「国連とイギリス帝国の消滅 1960-1963」 
『国際政治』126号(2001年2月) 、「アフガニスタン・
イラク攻撃とスエズ戦争」 『創文』(2004年5月)などがある。

《司会》 青井 千由紀 助教授
     国際政治経済学部 国際政治学科

日時:12月1日(水)12:30~14:00  
場所:総研ビル6階 14605教室

出席される方は11月29日(月)までに
国際政治経済研究開発センター
(8号館5階/内線12425)までお知らせください。
受付時間:平日9時-17時・土曜 9時-12時

事務担当  小野 繁子
直通電話 03-3409-8045
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年11月20日

11月26日 第6回グローバル・ガヴァナンス研究会 成果報告会 開催

科研プロジェクト 
第6回グローバルガバナンス研究会 成果報告会

《テーマ》
グローバルガバナンス
―プロセス、有効性、そして制度―

基調講演:
国際政治経済学部特別招聘教授 小倉和夫氏

”グローバリゼーション、グローバリズム、
  そして反グローバリズム”

《報告者》
国際政治経済学部長  土山實男 氏
都立大学教授       山田高敬 氏
国際政治経済学部教授 山本吉宣 氏
                太田 宏 氏
                飯田敬輔 氏

《討論者》
東京大学教授 古城佳子 氏
国際基督教大学準教授  毛利勝彦 氏

日時:2004年11月26日(金) 13:00~18:00
会場:総研ビル3階第11会議室(12時半受付開始)

お問い合わせ、ならびに出席を希望される方は、
飯田敬輔 教授宛に、メールにてご連絡ください。  
アドレス:mailto:iida@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年10月 7日

10月19日(火) 井出静ゼミ(中国の社会と文化)研究会 日中文化と日中関係を考える

期日 : 10/19(火) 14:45 ― 18:00
場所 : 渋谷キャンパス 8号館 4F コモンルーム

お話 : 尚会鵬教授 
     ●北京大学国際関係学院教授
     ●北京大学アジアアフリカ研究所
        -アジア太平洋地域研究室主任
    
主な著書:

1 中国人と日本人 
―社会集団、行動様式と文化心理の比較研究
   北京大学出版社1998(中国語:日本語版出版予定)

2 中日文化
-衝突と理解の事例研究  
    中国国際広播出版社 2004(中国語)

内容:
1 「経熱政冷(経済は熱く、政治は冷たい)」と言われる今の日中関係、サッカーアジアカップでのブーイング事件など、日中関係で色々な問題が注目されていますが、日中間の認識のずれや相違を社会学・文化・民族心理などからどのように見るか、考えて見る。

2 日中文化摩擦の社会学的分析について

申し込み:
興味ある学部生、院生の参加を歓迎します。自由参加ですから、申し込みは必要ありません。井出への参加の一報はありがたいです(idesh@sipeb.aoyama.ac.jp)。


2004年9月30日

10月8日 Guest lecture by Peter Berg

Peter Berg, one of the orginators of the concept of "bioregionalism," will be giving a special guest lecture at Aoyama Gakuin University on October 8, 2004 from 6:00 - 8:00 p.m.

The lecture will include an overview of Berg's ideas on bioregionalism and how they can be applied to contemporary environmental issues. Berg is director of the Planet Drum Foundation in San Francisco and is currently on a speaking tour of Japan, visiting various universities and groups.

The lecture is free and open to students, faculty, and the general public. It will be held at the Shibuya Campus of Aoyama Gakuin University inBuilding #11, 2nd floor, room 1123. The lecture is being co-sponsored bythe International Green Network EcoStudy Group and Richard Evanoff's seminaron Environment and Culture.

If you have any questions about the lecture, please contact Richard Evanoff, a professor of School of International Politics, Economics and Business.


2004年8月24日

9月15日 国際政治経済学部 2004年度 第3回グローバル・ガバナンス研究会 拡大EUと東アジアにおける環境問題

拡大EUと東アジアにおける環境問題
(Environmental Problems in the Enlarged EU and East Asia)

《講演者》 ミランダ・シュラーズ 氏
     メリーランド大学 政治学部 準教授 

講演者略歴 )
 ワシントン大学(Universty of Washington, Seatle)にて
学士と修士(国際関係学、専門日本研究)を取得後、
ミシガン大学(University of Michigan, Ann Arbor)にて
比較政治学の博士号を取得。
 立教大学、中央大学など日本の大学でも教鞭をとる。
 編著書や論文など多数。代表的なものは、
Environmental Politics in Japan, Germany, and the United States
(日本語の訳書出版予定)、
編著のEcological Security in Northeast Asia など。

《司会》  太田 宏 教授
  国際政治経済学部 国際政治学科

日時:9月15日(水)13:00~15:00
場所:総研ビル3階  第10会議室
―講演は日本語で行われます。―

出席される方は9月13日(月)までに国際政治経済学部
合同研究室 担当 小野までメールにてお知らせください。
 e-mail: s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2004年6月13日

6月23日研究会The 'New Wars' Debate:A Historical Perspective is Needed

《報告者》 Edward Newman 氏
An Academic Officer in the Peace and Governance
Program of the United Nations University  

報告者略歴 )
He was educated in the United Kingdom at the University of Keele
and the University of Kent, where he received a PhD in International
Relations. He has taught as a lecturer at Shumei University and Aoyama
Gakuin University. He is also a Research Associate at the University of
Tokyo (2004-5).

Recent publications include Refugees and Forced Displacement:
International Security, Human Vulnerability, and the State (co-edited, UNU
Press, 2003), Recovering from Civil Conflict: Reconciliation, Peace and
Development (co-edited, Frank Cass, 2002).


《討論者》 山本吉宣 教授
本学国際政治経済学部 国際政治学科

《司会》 太田 宏 教授
本学国際政治経済学部 国際政治学科

日時: 6月23日(水)12:30~14:00
12時より軽食の用意があります

場所:8号館 3階 セミナールーム

出席される方は6月21日(月)までに国際政治経済学部合同研究室
(8号館5階/内線12425)までお知らせください。
受付時間:平日9時~17時・土曜 9時~12時
mailto:s-ono@sipeb.aoyama.ac.jp


2013年7月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Search
Search this site:

Archives
Category
Classified [12 items]
News [197 items]
Workshop [12 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)