UPDATED : WEDNESDAY, SEPTEMBER 17, 2014

国際政経合同研究室 Weblog

2014年9月17日

公開講演会のお知らせ

元内閣総理大臣 鳩山由紀夫氏

「東アジア共同体をどう再構築するか」


日時:925日(木)(13:20-14:50)

    (日程が当初予定しておりました9月26日から変更となりました)


場所:青山学院 講堂



講演会の申し込みは、以下に登録をお願い致します。

ーお申込みー

以下のサイトより、事前登録を
お願いいたします(お名前、ご所属、メイルアドレス、電話番号等)。
http://goo.gl/bHglyf
*当日は混雑が予想されますので、お時間に余裕をもってお越
しいただければと思います。

(私語、遅刻早退出は控えていただきますようお願い申し上げます。)


2014年8月 4日

イーゴカード返却のお願い

2014年9月修了生で、国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は、必ず9月30日(火)までに返却してください。


《研究室開室日》 

85日・15日・19日・22日・26日・29日・92日・5日・9日・12日(9/16以降、通常通り開室)

 

《開室時間》 

9:0016:009/16以降、通常通り17時まで)

(昼休み 11:3012:30


《返却先》


1)国際政治経済合同研究室(8号館5階)
※合同研究室が閉室している場合は、ドアのポストに投函していただいても構いません。


2)教務課 国際政治経済学研究科窓口(17号館2階)



2014年7月14日

2014年度夏休み開室日のお知らせ

夏期休業中の国際政経合同研究室の開室日は以下のとおりです。

開室時間は9:0016:00です。(昼休み 11:30-12:30)

 

【8月】

  5、15、19、22、26、29

 

【9月】

  2、5、9、12


9/16から平常開室になります。


2014年1月27日

青山学院創立140周年記念 公開講演会 「経済を考える」

 

青山学院創立140周年記念 公開シンポジウム

 

主催  国際政治経済学部・国際研究センター


 

 

 「経済を考える


白川方明(青山学院大学 特任教授)

 

日 時: 3月8日(土) 14:00 - 16:00

場 所: 本多記念国際会議場(青山キャンパス17号館6階)




申込方法

青山学院大学HP「講演会・イベント一覧」(http://www.aoyama.ac.jp/info/event/2013/01556/)に掲載

3月6日申込受付締切。

大学のHPよりお申込みください。

 

問合せ先 : kokusaiseikei2014@sipeb.aoyama.ac.jp (国際政経学部合同研究室)



2014年1月27日

青山学院創立140周年記念 公開シンポジウム 「文明論からみた日本の課題」

 

青山学院創立140周年記念 公開シンポジウム

催  国際政治経済学部・国際研究センター

後援  朝日新聞社

 

 

 「文明論からみた日本の課題」



パネリスト:    猪木武徳 青山学院大学特任教授 

                                     (元国際日本文化研究センター所長)  

           

         青木 保 国立新美術館館長(元文化庁長官)

                 

         御厨 貴 青山学院大学特別招聘教授


司 会:   隈元信一 朝日新聞編集委員

 

日 時: 31日(土) 14:00 - 17:00

場 所: 本多記念国際会議場(青山キャンパス17号館6階)




申込方法

青山学院大学HP「講演会・イベント一覧」(http://www.aoyama.ac.jp/info/event/2013/01555/)に掲載。

227申込受付締切。

大学のHPよりお申込みください。

 

問合せ先 : kokusaiseikei2014@sipeb.aoyama.ac.jp (国際政経学部合同研究室)






2014年1月22日

2013年度 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済学部 合同研究室の
期末休暇期間中(2月3日~331日)の開室日は以下の通りです。


2月》
3日(月)、4日(火)、5日(水)、6日(木)、24日(月)、25日(火)、

26日(水)、27日(木) 、28日(金)

3月》
3日(月)、4日(火)、5日(水)、6日(木)、7日(金)、11日(火)、14日(金)、

18日(火)、25日(火) 、28日(金)


開室時間:9:0017:00(昼休み11:3012:30

41日(火)より通常通り開室いたします。


2013年12月18日

2013年度 学生研究論文 表彰式

2013年度の学生研究論文の表彰式が12月18日に行われました。

 

◇◆◇受賞者のみなさんと国際政治経済学部の先生方◇◆◇


IMG_0608[1].JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

 今回の学生研究論文募集には3.4年の部8点の論文が集まり、審査を経て入賞4,佳作2が決まりました。審査結果につきましては、こちらご覧ください。

 

 

 

 


2013年12月13日

2013年度 冬季休暇期間閉室のお知らせ

国際政治経済学部合同研究室は以下の期間閉室となります。


2013年12月24日(火)~2014年1月5日(日)

1月6日より平常開室となります。


2013年11月18日

青山学院大学国際交流共同研究センターからシンポジウムのお知らせです

青山学院大学国際交流共同研究センターからシンポジウムのお知らせが届きました。
細は以下の通りです。

◆テーマ:「多文化共生」の新たな展開に向けて
 ―移動する人々からみた日本社会の課題
http://www.jripec.aoyama.ac.jp/report/symposium/sym0037.html
◆日程:2013年12月7日(土) 13:00~18:00
◆場所:本多記念国際会議場 (17号館6階)
http://www.aoyama.ac.jp/outline/campus/aoyama.html
◆講演概要:
グローバルかつ長期的な人の移動が活発化するなか、日本社会においても
「多文化共生」という考え方が徐々に根付きつつあります。本シンポジウムでは、
多文化共生をめぐる現状をトランスナショナルな視点から捉え直し、課題と展望に
ついて考察します。具体的には、国境を超えて移動ないしは移住する多様な
人々に焦点を当て、移動する側の経験や視点から日本社会の現状と課題を
明らかにし、多文化共生の今後に向けた提言を目指します。  基調講演には、
移動の経験から傑出した文学作品を生み出されているカレン・テイ・ヤマシタ氏に
登壇いただくとともに、2つのセッションを設けて、移動の当事者として活躍する
研究者を含めた専門家によるディスカッションを行います。 

◆プログラム

・開会挨拶:  土山實男 (青山学院大学国際交流共同研究センター所長)
・ウェルカムスピーチ: 小倉和夫 (青山学院大学特別招聘教授・国際交流基金顧問)
・基調講演: "Reimagining Traveling Bodies - Bridging the Future/Past"
 (移動する主体の再考-未来と過去をつなぐ)
 カレン・テイ・ヤマシタ (作家・カリフォルニア大学サンタクルス校)
・セッション1 :さまざまな移動の経験が照射する日本社会 
 コーディネータ: 平野健一郎 (国立公文書館アジア歴史資料センター長、
 東京大学/早稲田大学名誉教授)
 パネリスト: カレン・テイ・ヤマシタ (作家・カリフォルニア大学サンタクルス校)
 文京洙 (立命館大学)
 南誠 (長崎大学)
 李善姫 (東北大学)
・セッション2: 越境移動をどう捉えるか-ディアスポラ、シティズンシップ、アイデンティティ
 コーディネータ: 伊豫谷登士翁 (一橋大学名誉教授)
 パネリスト: 戴エイカ (ノースキャロライナ州立大学)
 ファーラー・グラシア (早稲田大学)
 ジョハンナ・ズルエタ (創価大学)
・総括討論: 小倉和夫 (青山学院大学特別招聘教授・国際交流基金顧問)
・全体司会: 飯笹佐代子 (青山学院大学国際交流共同研究センター)


参加申し込み方法:
メールの件名を「12月シンポジウム参加申込」とし、
氏名・フリガナ・所属・役職(本学学生の場合は学生番号)・メールアドレスを明記の上 
12月5日(木)までに国際交流共同研究センター nfo@jripec.aoyama.ac.jp宛に送ってください。
なお、学生は当日、学生証をお持ちくださいとのことです。
*会場の都合で満席になり次第、締切日前でも締め切る可能性があるとのことです。


問い合わせ先:
青山学院大学 
国際交流共同研究センター 
info@jripec.aoyama.ac.jp 
東京都渋谷区渋谷4-4-25


2013年11月18日

『旅立ち』上映会――映画を通してアフリカの難民問題を知る

青山学院大学総合文化政策学部
映像翻訳ラボ 『旅立ち』上映会のお知らせ

総合文化政策学部「ラボ・アトリエ実習」のひとつ、
通称「映像翻訳ラボ」(担当:宮澤淳一教授)では、
その成果発表として、本年度履修生11名が字幕を担当し、
第8回UNHCR難民映画祭(本年10月)で
日本初上映された映画
『旅立ち―母と子の6,954キロ―』の特別上映会を行います。

映画『旅立ち―母と子の6,954キロ―』は、
ルワンダの難民キャンプからフィンランドの小さな町へ移住する
までの母子を扱った、静かなドキュメンタリー映画です。

当日は、ルワンダ、コンゴなど中部アフリカ諸国の政治経済を
専門とする武内進一先生(アジア経済研究所)をお招きして、
上映前に、映画の背景についてお話をうかがいます。
難民問題、アフリカ情勢、異文化理解、映像翻訳(字幕作成)等に
ご関心のある方、ぜひお越しください。

<記>


催事名:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」主催

『旅立ち』上映会――映画を通してアフリカの難民問題を知る

日 時:2013年11月28日(木)19時00分~20時30分(18時30分開場)
場 所:青山学院アスタジオ(地下 多目的ホール)
地下鉄表参道駅B2出口より渋谷方向へ。無印良品を右折。直進し左手。徒歩5分。
http://www.aoyamagakuin.jp/practice/redevelopment/project03.html

プログラム:
(1)お話「映画『旅立ち』の背景――コンゴ東部の紛争とルワンダ系住民」
  武内 進一 先生(日本貿易振興機構アジア経済研究所アフリカ研究グループ長)
(2)映画上映『旅立ち―母と子の6,954キロ―』
(監督:フアン・レイナ監督,フィンランド,2012年,56分,ドキュメンタリー)
 6,954 Kilometre to Home (directed by Juan Reina, Finland, 2012)
  字幕:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」
  (宮澤淳一教授担当「ラボ・アトリエ実習」2013年度履修生計11名)
  ※指導協力:日本映像翻訳アカデミー

入 場:無料(先着順の入場ですので、お早めにお越しください)
主 催:青山学院大学総合文化政策学部「映像翻訳ラボ」(宮澤淳一研究室)
協 力:国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
    日本映像翻訳アカデミー(http://www.jvtacademy.com)
お問い合わせ:宮澤淳一研究室
(media-bunka<アットマーク>sccs.aoyama.ac.jp
2013年10月 5日

11/ 1, 2 合同研究室閉室のお知らせ

11月1日(金)、2日(土)は合同研究室は青山祭のため閉室いたします。ご不便をお掛けしますが、ご了承下さいませ。



2013年9月21日

2013香港杯全日本大学生英語スピーチコンテスト

「2013香港杯全日本大学生英語スピーチコンテスト」のお知らせです。
入賞者4人に2週間の香港研修旅行が送られます。
詳細は、以下のURLをご覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/hongkongcup2013/

問い合わせは
香港杯事務局
TEL:03-6739-5877
e-mail:hongkongcup@yomiuri.com
2013年9月19日

国際研究センター刊行 "Aoyama Journal of International Studies" 投稿論文募集

国際研究センターでは"Aoyama Journal of International Studies"と称する紀要を発行することになりました。
投稿論文を受け付けています。募集要項はこちらをご覧下さい。
原稿・申込書提出締切:2013年10月30日(必着厳守)


2013年7月15日

2013年度夏休み開室日のお知らせ

夏期休業中の国際政経合同研究室の開室日は以下のとおりです。

開室時間は9:0016:00です。(昼休み 11:30-12:30)

 

【8月】

13、16、20、23、27、30

 

【9月】

3、6、10、13 

9/17から平常開室になります。


2013年5月10日

6月1日 青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム 「東アジア諸国関係のダイナミズム 」開催のお知らせ

青山学院大学・台湾師範大学 シンポジウム

東アジア諸国関係のダイナミズム
                                 国際政治経済学部・ 国際研究センター  


日時: 2013年 6月1日(土) 10:00〜17:30
場所: 青山学院大学 本多記念国際会議場(17号館‐6階)

 

開会挨拶(10:00~10:10)


●東アジア諸国関係の交錯(10:10〜12:10)
司 会: 陳継東 教授
報告1: 張崑將 教授:「臺灣如何思考中國與東亞」(台湾から見た中国と東アジア)
報告2: 邵軒磊 助理教授:「臺灣的中國大陸研究」(台湾における中国大陸研究)
報告3: 羽場久美子 教授:「アジアにおける地域統合と日本の役割」
討論者: 深串徹 大学講師


昼食休憩


●東アジアの情勢変化(13:40〜15:40)
司 会: 土山實男 教授
報告1: 潘朝陽 教授:
「一九四九年之后兩岸儒家學術和社會發展」(1949年以降両岸における儒教学と社会発展)
報告2: 林賢參 助理教授:
「日本在臺海安全所扮演的角色」 (台湾海峡の安全保障における日本の役割)
報告3: 林載桓 准教授:「中国の台頭と朝鮮半島―持続と変化」
討論者: 和田洋典 准教授


休憩


●東アジアにおけるアメリカのプレゼンス(16:00〜17:30)
司 会: 潘朝陽 教授
報告1: 關弘昌 助理教授:
「探究驅動美國會支持臺灣的因素」(アメリカ議会における台湾支持の要因)
報告2: 中山俊宏 教授:「オバマ政権二期目のアジア太平洋政策を検証する」
討論者: 高木誠一郎 日本国際問題研究所研究顧問 


※一般の方もご参加いただけます(受付でお名前と所属をご記入下さい)
※日中同時通訳がつきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2013年2月23日

港ゼミの2名が中小企業懸賞論文で本賞受賞

港ゼミの棚町香澄さんと廣田雄一郎さんが共同で執筆した、『老舗企業の発展におけるグローバル展開と地域金融機関の新たな情報ネットワーク構築の必要性』が、「24年度中小企業懸賞論文」の本賞に輝きました。この懸賞論文は、一般財団法人商工総合研究所が、中小企業の産業・金融に関する論文を学生ならびに実務家から募集し、優れたものを表彰するものです。棚町さんと廣田さんが応募したのは、金融部門における『老舗企業の発展と地域金融機関の役割』 というテーマ。賞の詳細は商工総合研究所が発行する「商工金融(3月号)」で紹介されます。
2012年12月19日

2012年度 学生研究論文 表彰式

2012年度の学生研究論文の表彰式が12月19日に行われました。

 

◇◆◇受賞者のみなさんと国際政治経済学部の先生方◇◆◇

 

IMG_0562.JPGのサムネイル画像

 今回の学生研究論文募集には3.4年の部11点の論文が集まり、審査を経て入賞2,佳作6が決まりました。審査結果につきましては、こちらご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2012年10月31日

国際政治経済学部創設30周年 青山学院大学名誉博士号授与記念講演会を開催しました

10月29日ガウチャー記念礼拝堂にて国際政治経済学部創設30周年 青山学院大学名誉博士号授与 記念講演会を開催しました。

Sir Adam Roberts教授・英国学士院総裁による "J.J.Rousseau on International Relations"をテーマにした講演会は大盛況のうちに閉幕しました。

 

青山学院大学HP「ニュース」にも本件に関する詳細記事を掲載しております。併せてご覧ください。 http://www.aoyamagakuin.jp/info/news/2012/01377/

 

 

隰帶シ比シ喀_TES2056.JPG


2012年10月31日

11/2 合同研究室閉室のお知らせ

11月2日(金)は合同研究室は青山祭のため閉室いたします。ご不便をお掛けしますが、ご了承下さいませ。


2012年10月31日

第3回「Youth Forum」開催のお知らせ

学部から、ウェスレー・ファンデーション主催「YouthForum」開催の

お知らせをご紹介します。関心のある方は、下記に記載されております

担当者・志垣宣枝さんにご連絡ください。

 

-----------------------------------------

Youth Forum #3 Teach In:「第7UNHCR難民映画祭」Part II

20121116日(金)
18452015 ドキュメンタリー鑑賞

20152025 休憩

20252100 Teach In


プログラム内容:
・作品上映「ぼくたちは見た-ガザ・サム二家のこどもたち-」(86分)
・古居みずえ監督&国連難民高等弁務官(UNHCR駐日事務所・難民映画祭

 マネージャー、今城大輔氏によるTeach In

・質疑応答


目的:
鑑賞後は上映作品に関する解説や質疑応答などの「Teach In」を実施。

2008年から09年にかけてのイスラエル軍によるパレスチナ・ガザ地区への

攻撃後、古居監督は現地に入った。1400人の犠牲者の内、300人以上

子供たちも犠牲になったことへの衝撃を受け、取材を始めた。ガザ南部の

農業地帯ゼイトゥーンに住むサム二家の子供たちの過酷な経験、そして

どのような思いで今を過ごし、未来に向かっているのか、彼らの声に耳を

傾けていく。今後、日本にいる私たちにできるパレスチナ問題への解決

とは何か、監督と共に話し合っていく。


*スナック・ドリンクをご用意します。

*プログラムの内容の詳細は添付ファイルをご高覧ください。

Youth Forum#3.pdf

----------------------------------------

参加ご希望の方は下記の項目をご記入の上、

nshigaki@wesleyfoundationjp.comまでご返信ください

氏名
大学・大学院名
携帯電話番号
e-mail





2012年10月17日

国際政治経済学部創設30周年 青山学院大学名誉博士号授与記念講演会

 

"J.J.Rousseau on International Relations"

Sir Adam Roberts 教授・英国学士院総裁

 

                 

略歴

オックスフォード大学卒、同大学モンタギュー・バートン講座教授、2002年にエリザベス女王より「聖マイケル・聖ジョージ勲章」授与。

2009年より「英国学士院総裁」。専門は国際関係論、国際法など。

 

日時: 10月29日(月) 15:00~16:30

場所:   ガウチャー記念礼拝堂

※通訳あり

 

青山学院大学学生・大学院生、青山学院教職員のみ入場できます。学生・院生は学生ポータルで10月26日(金)17時までにお申し込みください。

入場のさいには学生証・身分証明書をお持ちください。

 


2012年10月 8日

3.11災害対応シンポジウム(キングスカレッジ共催)開催のお知らせ

 king'scollege2.jpg

国際政治経済学部創設30周年記念の一環として、11月6-7日、キングスカレッジ(ロンドン)にて、キングスカレッジ(Department of War Studies) と本学部共催、3.11災害への日本の対応に関する国際会議が開かれます。世界各国から専門家をお招きし、災害対処の活動面からの分析、防衛や国際安全保障に対する影響、英、米のみでなく、ロシア、韓国、中国といった近隣諸国からの見方など災害対処に対する幅広いイシューを取り上げます。詳細はPDFの通りです。Flyer 1mk6 revised.pdf


2012年9月20日

第1回「YouthForum」開催のお知らせ

学部から、「ウェスレー・ファンデーション主催YouthForum開催のお知らせ」

をご紹介します。

関心のある方は、下記に記載されておりますご担当者・志垣宣枝さんにご連絡ください。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

学生の皆様

夏も終わり、後期の授業もいよいよ始まる頃ですが、如何お過ごしでしょうか。
ウェスレー・ファウンデーションは今月より、新しいプログラムである「YouthForum」を開催致します。

第一回目のプログラムはウェスレーからの挨拶、自己紹介、今後のYouthForumプログラムの流れ、そして大学の枠を越えての学生同士の交流を楽しんで頂くためのGathering Partyとなっております。

プログラムの詳細については下記のリンク、もしくは添付してあります資料をご高覧くださ
http://wesleyfoundationjp.com/jp/programs.html

積極的に、友人の方々にも呼びかけて頂けると大変幸いです。
皆様の参加を心からお待ちしております。

Youth Forum担当
志垣宣枝

---------------------------------------------------------------------------------------------------------
YouthForum #1‐Gathering Party!‐

2012年9月28日(金)
19:00~20:30 (18:30~開場)
ウェスレー・センター2F(205号室)

プログラム内容:
・オリエンテーション
(ウェスレーからの挨拶、Youth Forum開催の目的に関する説明)
・自己紹介・アイスブレーク
・スナック(飲み物、お菓子などを準備致します)
・Youth Forum #2「 7th UNHCR難民映画祭/9月29日(土)~10月8日(月)」
へのご招待、参加登録etc...

http://unhcr.refugeefilm.org/2012/

目的:
月1度のペースで定期的に開催していく本プログラムを始めるにあたり、まずは
学生同士の顔合わせ、自己紹介からスタートさせます。 オリエンテーションを
通して今後のYouth Forumの流れについて詳しく説明し、プログラムの目的を
知って頂きたいと考えております。 将来、国際協力や人道支援を目指す学生同士
のコミュニティーの結成や、ネットワークの広がりも目的としていますので、
まずは気楽に交流を楽しんで頂けたら幸いです。

参加登録:
参加をご希望の方は氏名、所属大学、携帯電話番号、メールアドレスをご記入の上、
下記のメールアドレスまでにお申し込み下さい。 *〆切9月26日(水)

<お問い合わせ>
担当: 志垣宣枝 nshigaki@wesleyfoundationjp.com
電話でのお申し込みは 03. 6427. 4696


2012年9月13日

2012香港杯全日本大学生英語スピーチコンテスト

2012香港杯全日本大学生英語スピーチコンテスト」のお知らせです。

詳細は、下記のURLを御覧ください。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/hongkongcup2012/

 

また、ホームページから下記の書類もダウンロードできます。

(1)日本語応募要項
(2)英語応募要項
(3)前回入賞者の香港旅行感想文集

何かご不明な点がございましたら、下記のご担当者様までお問い合わせください。

〒104-8243
東京都中央区銀座6-17-1
読売新聞東京本社
広告局ビジネス開発部
石井靖子様
TEL:
03-3216-7795
FAX:
03-3216-8568
携帯:080-2180-0316
e-mail: 
elli5108@yomiuri.com


2012年8月24日

8月24日オープンキャンパス

IMG_0478.JPG
8月24日にオープンキャンパスが開催されました。写真は「在学生との懇談会」の様子です。多くの高校生が集まってくれました。

2012年7月 4日

2012年度夏休み開室日のお知らせ(青山キャンパス)

夏期休業中の国際政経合同研究室の開室日は以下のとおりです。

開室時間は9:0016:00です。(昼休み 11:30-12:30)

 

【8月】

14、17、21、24、28、31

 

【9月】

4、7、11、14

 

9/18から平常開室になります。


2012年6月 8日

6月2日 国際政治経済学部創設30周年記念行事 開催しました

6月2日 国際政治経済学部創設30周年記念行事を開催いたしました。ガウチャー礼拝堂で記念式典の後、卒業生5名をパネリストに招き『混迷日本に新風を』をテーマにシンポジュームを開催しました。終了後は青学会館サフランの祝賀会に多くの卒業生が参加くださいました。

 

sympoo.jpgのサムネイル画像

 

sympoo2.jpg


2012年6月 1日

安全保障日中国際シンポジウム 「東アジアで紛争を回避できるか」のご案内

 

青山学院大学国際政治経済学部は、学部創設30周年事業のひとつとして、中国の清華大学米中研究センターとの共催、毎日新聞社の後援で、東アジアの安全保障に関する国際シンポジウム(日中同時通訳付)を6月16日〜17日に青山学院大学第17号館本多記念国際会議場で開催いたします。シンポジウムには日中両国を代表する安全保障専門家が出席します。

参加をご希望の方は、6月13日までにsecurity@sipeb.aoyama.ac.jpに、お名前、ご所属、連絡先をご記入のうえ、お申し込み下さい。

 

青山学院大学国際政治経済学部・清華大学米中研究センター共催

安全保障日中国際シンポジウム

後援:毎日新聞社

 

東アジアで紛争を回避できるか

 

日時:2012616日〜2012617

会場:青山学院大学弟17号館本多記念国際会議場

 

616日(土曜日)

 

10:00 開会の辞:押村高、于品海

 

10:30 第1セッション:東アジアの安全保障:理論的検討

司会:西原正

発表者:

山本吉宣「東アジアの安全保障環境の理論的検討」

高見澤将林「アジアの安全保障問題:政策のチャンスと今後の展望」

朱鋒「パワー・シフト期の東アジア安全保障」

討論者:

土山實男、石井正文

 

12:00 ランチ

 

14:00 第2セッション:東アジア安全保障における日本、中国、米国、そして日米同盟の役割

司会:山本吉宣

発表者:

土山實男「日米同盟の理論」

山口昇「中国の台頭、アメリカのアジア回帰、日本の選択」

中山俊宏「オバマ政権の東アジア政策」

孫哲「アメリカのアジア回帰と中国の反応」

楚樹竜「中国の対外政策と東アジアにおける役割」

討論者:

西原正、村井友秀

 

15:30 休憩

 

16:00 第3セッション:現代の東アジア安全保障問題

司会:土山實男

発表者:

倉田秀也「アジアにおける核の安全保障:北朝鮮」

納家政嗣「東アジアにおける軍備管理の可能性」

小島敏郎「安全保障としての環境問題」

査道炯「東アジアの資源安全保障」

討論者:

山影進、青井千由紀

 

18:00 レセプション

 

617日(日曜日)

 

10:00 第4セッション:日中間における安全保障問題の管理

司会:朱鋒

発表者:

高木誠一郎「日中関係の課題」

金田秀昭「日中軍事関係における発展と停滞」

楊毅「中国の防衛政策と日中の軍事関係」

劉江永「日中関係:課題と管理」

 

12:00 ランチ

 

13:30 第5セッション:総括ディスカッション

司会:高木誠一郎

討論者:

西原正、高見澤将林、山本吉宣、土山實男、山影進、林載桓(日本側)

劉江永、楚樹竜、楊毅、朱鋒、査道炯(中国側)

 

15:00 閉会の辞:押村高、于品海

 

<参加者>

1.中国

于品海(清華大学米中研究センター理事)

孫哲(清華大学米中研究センター所長)

朱鋒(北京大学国際関係学院教授)

楚樹竜(清華大学公共管理学院教授)

査道炯(北京大学国際関係学院教授)

楊毅(海軍少将、元国防大学国際問題研究所所長)

劉江永(清華大学国際関係学院副院長)

酒井吉廣(清華大学米中研究センター高級研究員)

 

2.日本

押村高(青山学院大学国際政治経済学部長)

西原正(平和安全保障研究所所長、元防衛大学校長)

山本吉宣(PHP研究所顧問、元青山学院大学国際政治経済学部教授)

高見澤将林(防衛研究所所長)

土山實男(青山学院大学国際政治経済学部教授)

石井正文(外務省総合外交政策局審議官、大使)

山口昇(防衛大学教授、元陸将)

中山俊宏(青山学院大学国際政治経済学部教授)

村井友秀(防衛大学教授)

倉田秀也(防衛大学教授)

納家政嗣(青山学院大学国際政治経済学部教授)

小島敏郎(青山学院大学国際政治経済学部教授)

山影進(青山学院大学国際政治経済学部教授)

青井千由紀(青山学院大学国際政治経済学部教授)

高木誠一郎(日本国際問題研究所顧問、元青山学院大学国際政治経済学部教授)

金田秀昭(日本国際問題研究所客員研究員、元海将)

林載桓(青山学院大学国際政治経済学部助教)


2012年4月25日

国際政治経済学部創設30周年記念同窓会開催のお知らせ

日時:62日(土)

場所:青山学院大学青山キャンパス

記念式典 (130分~215) 於:ガウチャー礼拝堂

同窓生によるシンポジューム 混迷日本に新風を

モデレータ 港 徹雄 青山学院大学国際政治経済学部教授

1.三重苦(原油高・地球温暖化・原発事故)下の電力供給システムの活路

        小笠原潤一 日本エネルギー経済研究所主幹研究員

2通商政策と日本の競争力

大野由夏 北海道大学大学院経済学研究科准教授

3動揺する国際通貨体制、円・米ドル・ユーロ相場の長期展望

        岩本沙弓 大阪経済大学経営学部客員教授

4ガラパゴス化する国際金融センター東京への提言

今井正之 BNPパリバ銀行東京支店長

5政治は日本社会の閉塞感を打破しえるか

村越祐民 衆議院議員(民主党)

           討論および質疑応答

祝賀会 (600分~800) 於:青学会館 サフラン

                     卒業生の皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

 参加申し込みは、①お名前、②卒業年次、③シンポジューム・祝賀会のいずれか、または両方への参加かを明記してe-mail sipec30@sipeb.aoyama.ac.jpへ申し込んで下さい。

なお、シンポジューム参加費は無料ですが、祝賀会への参加費は3千円です。


2012年3月30日

2012フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプ開催

3月30日、新入生316名によるフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプが箱根湯本のホテルにて開催されました。写真は毎年恒例のWorkshopの様子。


2012年3月22日

卒業祝賀会のご案内

 

3月25日の学位授与式の後、下記の通り国際政治経済学部主催の「卒業祝賀会」が開かれます。
卒業される皆様、ご父母の方々、関係教員の皆様、ぜひご参加ください。当日はロイヤル・サウンズ・ジャズ・オーケストラ(学生バンド)の演奏もあります。卒業生に向ける、学部最後の集いをぜひお楽しみください。
 
日 時:2008年3月25日(火) 午後4時20分から
場 所:青学会館 サフラン(地下2階)
会 費:2,000円 (但し、御父母は無料)
 

 

3月24日の学位授与式の後、下記の通り国際政治経済学部主催の「卒業祝賀会」が開かれます。卒業される皆様、ご父母の方々、関係教員の皆様、ぜひご参加ください。学部最後の集いをぜひお楽しみください。

 

日 時:2012年3月24日(土) 午後4時30分から

場 所:青学会館 サフラン(地下2階)

会 費:2,000円 (但し、御父母、大学院生は無料)

 

 

 


2012年3月 9日

イーゴカード返却のお願い

2012年3月の修了生で国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は必ず3月31日(土)までに返却して下さい。

【返却先】

国際政治経済学部合同研究室(8号館5階) *閉室時はポストでも構いません。

もしくは大学院事務室(総研ビル2階)


2012年1月13日

袴田教授の最終講義が行われました

 

 

1月11日に「ソ連崩壊後20年-回顧と展望」という題目で、袴田先生の最終講義が行われました。

 

IMG_0501.JPGのサムネール画像


2011年12月 7日

袴田茂樹 教授 最終講義のお知らせ

 

「ソ連崩壊後20年-回顧と展望」

 

日時: 1月11日(水) 11時~12時30分

場所: 135(1号館)


2011年12月 7日

2011年度 学生研究論文 表彰式

2011年度国際政経学会『学生研究論文』の表彰式が12月7日(水)に行われました。

☆☆受賞者の皆さん☆☆

IMG_0497.JPG

今回の学生論文募集には3,4年の部8点の応募者があり,そのなかから特賞1、入賞2,佳作4が決まりました。
審査結果につきましては、こちらをご覧ください。


2011年11月 4日

仙波学部長が次期学長に

仙波憲一国際政治経済学部長が、次期学長となることが決まりました。学院のニュース・トピックス


2011年10月13日

合同研究室閉室のお知らせ

青山祭の期間10月28日(金)~30日(日)、合同研究室は閉室いたします。ご不便をお掛けしますが、ご了承下さいませ。


2011年9月15日

イーゴカード返却のお願い

2011年9月修了生で国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国際政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は必ず9月末までに返却して下さい。

【返却先】

① 国際政経合同研究室(8号館5階) 閉室時はポストに入れておいてもOKです。

② 大学院事務室(総研ビル2階)

 


2011年8月16日

受験生のための学部説明会ー8月28日(日)

青山学院大学国際政治経済学部は8月28日、青山キャンパスにて「受験生のための学部説明会」を開催します。青山学院大学では、当初「全学部対象のオープンキャンパス」の開催を予定していましたが、今年度は夏期の電力事情を鑑み、対象学部を限定した「受験生のための学部説明会」に変更し、事前申込制で開催することといたしました(受付終了いたしました


【主な内容】

■学部紹介

■英語入試問題解説

■在学生との懇談

■模擬授業

『台湾は国家か』阿部達也 国際政治学科准教授

『国際観光と地域経済』友原章典 国際経済学科教授

 

開催プログラムはこちら



2011年7月26日

国際政経合同研究室 夏季休業中の開室日

 

夏期休業中の国際政経合同研究室(青山キャンパス)の開室日は以下のとおりです。

開室時間 9:00~16:00 (昼休み 11:30~12:30)

 

【7月】

25、26、27、28、29日

 

【8月】
9、12、16、19、23、26、30日


【9月】
2、6、9、12、13、14、15、16日


※9月20日から平常開室となります。


2011年7月 8日

国際政経資料室雑誌製本のお知らせ

現在2009年度に刊行された雑誌を中心に製本中です。 約1ヶ月後に図書館へ納品予定ですので今暫くお待ち下さい。


2011年4月 2日

フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプ開催(動画あり)

3月31日ー4月1日、箱根湯本のホテルにおいて、フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプが開かれた。一年生にとっては初めての学校行事。今年のワークショップテーマは「3.11後の日本と世界」の統一テーマで、学科ごとに政治、経済、コミュニケーションの視点から与えられたトピックに取り組んだ。

 

 

 

上級生による学内活動の説明や教員の歌もある2日間。上級生ヘルパーの献身的な運営によって、プログラムは無事終えIMG_0014.JPGた。

 

 

 


2011年3月17日

地震の影響によるお知らせ

3月24日更新

 

学部長メッセージ
  3月11日に発生した東北関東大地震において被災した方々に対し、学部を代表して、深い哀悼の意を表します。一日も早い復興ができるように、学部としても支援をしていきます。

   在学生の皆さんについては、このような状況の下、冷静に行動するよう努めてください。また、相互に安全を確認し会い、新たな学期を迎えられるよう、協力しあっていきましょう。(仙波憲一)

 

新学期関連の行事について

1.  3月31日〜4月1日のフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプは予定通り行います

2.  4月2日の入学式は中止となります 

3.  4月2日の新入生保護者との懇談会を中止します


卒業に関わる行事について

1.大学の学位授与式は中止となります

2.学位記の配布を学科ごとに行います

      【日時】3月26日(土)12:00〜13:30

      【場所】

        国際政治学科 621教室

        国際経済学科 620教室

        国際コミュニケーション学科 621教室

3.学部で「卒業生の集い」を開催します

     【日時】3月26日(土)14:00〜16:00

     【会場】アイビーホール(青学会館)地下2階 サフラン

     【会費】無料(会場にて、東北地方太平洋沖地震ボランティア支援募金を受け付けます)

     【服装】平服(普段着)でおいで下さい

 

安否確認について

学部別に在学生の安否を確認しています。下記のアドレスに安否を回答してください。

返信先アドレス ao-kokusaiあっとaoyamagakuin.jp (「あっと」の部分に@を入れてください)

【件名】各自の学生番号

【回答内容】氏名:

               本人の安否:

               家族の安否:

               その他(友人の情報、質問等連絡事項)

 

関連サイト

大学ホームページ「東北地方太平洋沖地震の影響によるお知らせ」

放射線被ばくについての基礎知識(放射線医学総合研究所)

 

 

 

 

 

 


2011年2月22日

イーゴカード返却のお願い

2011年3月修了生で、国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は、必ず3月31日(木)までに返却してください

 

 返却先:国際政治経済合同研究室(8号館5階) 

      もしくは 大学院事務室(総研ビル2階)

      


2011年2月 2日

国際政経合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

 

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月3日~3月31日)の開室日は以下の通りです。

 

《2月》
3日(木)、4日(金)、21日(月)、22日(火)、23日(水)、
24日(木) 、25日(金)、28日(月)

 


《3月》
1日(火)、2日(水)、3日(木)、4日(金)、7日(月)、8日(火)、
11日(金)、15日(火) 、18日(金)、22日(火)、25日(金)、29日(火)

 


開室時間:9:00~17:00(昼休み11:30~12:30)

 


4月1日(金)より通常通り開室いたします。



2010年12月16日

合同研究室 年末年始閉室のお知らせ


下記の期間、合同研究室は閉室いたします。
ご了承ください。


2010年12月23日~2011年1月5日


なお、1月6日より、通常通り開室いたします。


2010年12月 9日

2010年度学生研究論文の表彰式が行われました。

2010年度国際政経学会『学生研究論文』の表彰式が12月8日(水)8号館4階国際研究センター会議室にて行われました。


☆☆受賞者の皆さん☆☆

IMG_0450.jpg

今回の学生論文募集には、1,2年の部、3,4年の部合わせて12点の応募者があり,
そのなかから入賞6,佳作6が決まりました。
審査結果につきましては、こちらをご覧下さい。


2010年10月21日

合同研究室 閉室のお知らせ

青山祭の下記期間、合同研究室は閉室いたします。
10月29日(金)~31日(日)


ご不便をおかけ致しますが、ご了承くださいませ。


2010年10月 5日

Sipec Squareリニューアルのお知らせ

10月12日火曜日にSipec Squareをリニューアルいたします。
それに伴いまして、下記の時間帯、Sipec Squareが正しく表示されないことがあります。

10月12日 9:00~13:00

ご不便をおかけ致しますが、ご了承くださいませ。


2010年9月 7日

合同研究室 閉室のお知らせ

9月17日は、工事の都合により、合同研究室は閉室いたします。
ご不便をおかけ致しますが、ご了承ください。


2010年8月 5日

ブログ一時停止のお知らせ

8月23日(月)~29日(日)の間、アップデート作業のためブログの利用ができなくなります。
更新・閲覧共に不可となりますので、ご注意ください。

ご不便をおかけし、申し訳ございません。
ご了承くださいませ。


2010年7月28日

国際政経合同研究室夏期休暇中の開室日について

夏期休業中(8月6日~9月20日)の国際政経合同研究室(青山キャンパス)の開室日は
以下のとおりです。
開室時間は9:00~16:00です。(昼休み11:30~12:30)

【8月】
6、17、20、24、27、31
【9月】
3、7、10、15、17

※9月21日から平常開室となります。


※相模原キャンパス合同研究室 夏期休暇期間の開室日は
以下のとおりです。

【8月】
24、26、31
【9月】
2、7、9、14、16、17

※9月21日から平常開室となります。



2010年7月 6日

イーゴカード返却のお願い

2010年9月修了生で、国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は、必ず9月30日(木)までに返却してください。

返却先 :
1)国際政治経済合同研究室(8号館5階)
※合同研究室が閉室している場合は、ドアのポストに投函していただいても構いません。

2)大学院事務室 (総研ビル2階)


2010年6月17日

国政経資料室雑誌製本のお知らせ

現在国政経資料室の2008年度に刊行された雑誌を中心に製本にまわしています。
6月25日には図書館に納品される予定ですので、もうしばらくお待ちください。


2010年3月 2日

イーゴカード返却のお願い

2010年3月修了生で、国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は、必ず3月31日(水)までに返却してください。

返却先 :
1)国際政治経済合同研究室(8号館5階)
※合同研究室が閉室している場合は、ドアのポストに投函していただいても構いません。

2)大学院事務室 (総研ビル2階)


2010年2月15日

3月12日 国際経済学科が M. Kemp氏らを迎えワークショップ開催

国際経済学科では国際研究センターと共催で、3月12日(金)にMurray Kemp氏、大山道広氏ほか数名の国際経済学者を招き、”International Workshop on Positive and Normative Analysis on International Economics" と題する国際ワークショップを開催します。プログラムはこちらをご覧下さい。

【日時】 3月12日(金)
      午前の部 9:45〜
      午後の部 14:00〜
【会場】 ガウチャーメモリアルホール 5F 13会議室
【参加費】 無料。先着60名。

参加ご希望の方は、3月6日(土)迄に、所属とお名前を以下のアドレスにご連絡ください。
申込先アドレス: Workshop2010@sipeb.aoyama.ac.jp

【Access Map】
http://www.aoyama.ac.jp/en/other/access_aoyama.html

【Campus Map】
http://www.aoyama.ac.jp/en/other/map_aoyama.html

【Download】
Murray Kemp, "A Critical History of Thought on the Gains from International Trade"

Michihiro Ohyama, "Product Innovation and International Trade"

Hiroshi Ohta, "Revealing the Moral Scientific Nature of Stolper-Samuelson's Proposal to 'Bribe'"

Eden Siu Hung Yu, "Product Market Imperfection and the Two-Sector Harris-Todaro Economy"(Full)

Hong Hwang, "Social Welfare and Spatial Price Discrimination in Intermediate Good Market"(Full)

Wen-Jung Liang, "Transnational Licensing in the Presence of Trade Barriers"(Full)

Chao-Cheng Mai, "The Competitive Position of Shanghai in the Asia-Pacific Region: A Comparative Study"


Program updated on Feb.24
Program updated on Feb.26
Program fixed on March 3

(国際経済学科)


2010年2月 1日

国際政治経済学部合同研究室(相模原キャンパス) 期末休暇中開室日のお知らせ

国際政治経済学部合同研究室(相模原キャンパス)は、
期末休暇期間中(2月、3月)、火曜日と木曜日のみ開室します。

4月1日より、通常通り開室いたします。


2010年1月25日

グリン M. リミントン博士、マーラ アラジック博士来日講演とワークショップのお知らせ

グリン M. リミントン博士、マーラ アラジック博士
来日講演とワークショップのお知らせ
Open Lecture and Workshop by
Glyn M. Rimmington, Ph.D. & Mara Alagic, Ph. D.

グローバル/異文化間コミュニケーションにおいて相手の立場に立つ秘訣:第3の場の学び
2010年3月17日(水)・18日(木)
Key to Perspective Taking in Global/Intercultural Interactions: Third Place Learning
March 17-18, 2010

概要: ウィチタ州立大学のグリン・M・リミントン博士とマーラ・アラジック博士は、画期的なオンラインツール、「視点共有シミュレーター(試訳)」を開発しました。このシミュレーターは、第三の場での学び(Third Place Learning, TPL)の一環として、異文化コミュニケーション能力を高め、地球市民に欠かせない複合的な視点を養うことを目的に開発されました。今回の講義とワークショップを通して、参加者の皆さんは、この「視点共有シミュレーター」について理解し、TPL環境でシミュレーターを実際に活用する方法を学びます。さらに、TPLモデルを用いながら、異文化コミュニケーションを分析する方法について、議論も行います。

ABSTRACT: Glyn M. Rimmington and Mara Alagic (Wichita State University, Kansas, USA.) have developed an innovative online multilingual learning tool, the Perspective Sharing – Perspective Taking (PSPT) Simulator, as part of the Third Place Learning (TPL) environment. It is intended as a tool for learners to improve intercultural communication competence and develop multiple perspectives as preparation for becoming a world citizen. In lectures and workshops, participants will learn about and practice PSPT. Participants will learn how to implement PSPT in the TPL environment. Finally, there will be a discussion of analytical methods for studying intercultural communication using the TPL model.

プログラム/PROGRAM:
3月17日/ March 17
10:00-  受付/Registration
10:30-12:30 : Session 1: Perspective Sharing/Taking (Cage Painting)
14:00-16:00: Session 2: Write a Scenario
17:00‐ 懇親会(別途お申込み)/Party (Optional)

3月18日/March 18
10:00-  受付/Registration
10:30-12:30: Session 3: Third Place Learning
14:00-16:00: Session 4: Relational Criteria and Narrative Analysis

参加費/Fee:無料/Free

使用言語:英語(通訳はつきません。17日のSession 2では、日本語、中国語、ロシア語、ヒンディ語でのシナリオ執筆が可能です。)
LANGUAGE: English(In Session 2 on the 17th, you can write a scenario in Japanese, Chinese, Russian or Hindi language.)

場所: 青山学院大学 ガウチャーメモリアルホール 502教室
http://www.aoyama.ac.jp/other/map/aoyama.html
PLACE: Aoyama Gakuin University, Goucher Memorial Hall, Room No.502
http://www.aoyama.ac.jp/en/other/map_aoyama.html

参加申し込み:別紙の申込書
にご記入の上、saruhashi@sipeb.aoyama.ac.jpまでメールでお申し込みください。
REGISTRATION: Fill in the registration form and email to saruhashi@sipeb.aoyama.ac.jp

主催:青山学院大学国際政治経済学部国際コミュニケーション学科
企画:末田清子・猿橋順子


2010年1月19日

国際政治経済合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月3日~3月31日)の開室日は以下の通りです。

《2月》
3日(水)、4日(木)、5日(金)、22日(月)、23日(火)、24日(水)、
25日(木) 、26日(金)

《3月》
1日(月)、2日(火)、3日(水)、4日(木)、5日(金)、8日(月)、9日(火)、
12日(金)、16日(火) 、19日(金)、23日(火)、26日(金)、30日(火)

開室時間:9:00~17:00(昼休み11:30~12:30)

4月1日(木)より通常通り開室いたします。


2009年12月17日

2009年度学生研究論文の表彰式が行われました。

2009年度国際政経学会『学生研究論文』の表彰式が12月16日(水)8号館4階コモンルームにて行われました。

☆☆受賞者の皆さん☆☆
IMG_0352.jpg

今回の学生論文募集には、1,2年の部、3,4年の部合わせて14点の応募者があり,
そのなかから入賞2,佳作8が決まりました。
審査結果につきましては、こちらをご覧下さい。

 


2009年12月 9日

中兼和津次教授 最終講義のお知らせ

中兼和津次教授(国際経済学科)の最終講義が、下記の通り行われます。在校生はもちろん、卒業生、教職員の参加も可能です。多くの方々の参加をお待ちしています(事前登録の必要はありません)。


                記


テーマ:「中国、経済発展、体制移行」

日 時: 1月7日(木) 13:10~14:40

場 所:1144教室

国際政治経済学会


2009年12月 8日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室は
年末年始の下記期間、閉室となります。

閉室日:12月23日(水)〜1月6日(水)

尚、1月7日(木)より通常通り開室いたします。


2009年11月18日

コーシャ・フィレンツ監督講演会のお知らせ

国際政治経済学部主催

コーシャ・フィレンツ監督講演会
「歴史の転換点に直面して―私の行動原理」

日時:11月27日(金)午後4時15分~5時45分
会場:総研ビル11階 第19会議室

通訳付き、申込不要です。

本講演に関連したDVD(NHKスペシャル)「こうしてベルリンの壁は崩壊した―ヨーロッパ ピクニック計画」を2時45分から同会議室で上映します。

コーシャ・フィレンツ監督について
映画監督、市民的立場に立脚し、社会と歴史に責任を貫く思想に基づく映画作品が高く評価されている(1965年カンヌ映画祭優秀監督賞受賞)。16年間ハンガリー国会議員を務め、1989年のハンガリー自由化や1989年ベルリンの壁崩壊のきっかけとなった「汎ヨーロッパ・ピクニック計画」の立役者の一人である。


2009年11月12日

SPSS研究奨励賞 優秀賞(学部生)受賞

「向上心衰退のメカニズム~不安に苛まれる学生たち~」という論題で、下記グループがSPSS研究奨励賞 優秀賞(学部生)を受賞しました。

青山学院大学 国際政治経済学部 国際経済学科 大野ゼミ
東郷佑紀、袖田絵里子、白戸マーガレット千尋、明翫香、泉絵里子、佐野瑠璃子、近藤悠、土屋愛美、武蔵由香、河野裕子

http://www.spss.co.jp/ronbun/archives/2009/


2009年10月23日

視覚障害者支援総合センター チャレンジ賞 受賞

本学非常勤講師の伊藤丈人先生が、社会福祉法人視覚障害者支援総合センター 第7回チャレンジ賞を受賞されました。

伊藤先生は、2009年3月、本学にて国際政治学の博士号を取得。全盲で政治学の博士号を取得した例は日本では珍しいです。論文はわが国における遺伝子組み換え食品とBSE(牛海綿状脳症)という2つの食品安全問題に関する政策決定過程を分析したものです。
4月より、非常勤講師として、政治学を教えていらっしゃいます。

http://www.siencenter.or.jp/chasaf/chasaf7.html


2009年10月16日

国際政治経済学部合同研究室(相模原キャンパス) 閉室案内

国際政治経済学部合同研究室(相模原キャンパス)は、
下記の日が閉室となります。

閉室日

10月19日、11月11日


2009年10月 7日

国際政治経済合同研究室 学園祭期間 閉室案内

国際政治経済合同研究室は

下記の学園祭期間は閉室となります。


閉室日

10月30日(金)~11月3日(火)


2009年7月31日

イーゴカード返却のお願い

2009年9月修了生で、国際政治経済学研究科の学生対象に配布のイーゴカード(国政経ナンバーがついたもの)をお持ちの方は、必ず9月30日(水)までに返却してください。

返却先 :
1)国際政治経済合同研究室(8号館5階)
※合同研究室が閉室している場合は、ドアのポストに投函していただいても構いません。

2)大学院事務室 (総研ビル2階)


2009年7月13日

2009年度夏休み開室日のお知らせ

夏期休業中(8月1日~9月13日)の国際政経合同研究室の開室日は
以下のとおりです。
開室時間は9:00~16:00です。(昼休み11:30~12:30)

【8月】
11、14、18、21、25、28
【9月】
1、4、8、11

※9月14日から平常開室となります。


2009年6月22日

国際政治経済学部・研究科講演会のお知らせ

日本と世界の食糧問題の今

講演者:高木 賢氏(元食糧庁長官、現在弁護士)

日時:6月27日(土) 13:10~14:45
場所:15306室

元食糧庁長官の経験を踏まえて、今日の食糧問題の現状と、今後の日本および世界の食糧問題について分かりやすく講演を行います。当日は、講演後質疑応答の時間もあります。どなたでも参加できますので、奮ってご参加ください。


2009年6月19日

大学院生の国際政経論集への投稿について

今年度より、研究科院生の論文は『青山国際政経論集』に投稿、審査を受けた上で、
掲載されることになります。

『青山国際政経大学院紀要』は2008年度の第19号を最後に廃刊になりました。

詳細は、国際政治経済学会ホームページをご覧ください。
http://soc.sipeb.aoyama.ac.jp/


2009年6月 5日

国際政治経済学部雑誌製本のお知らせ

現在国政経資料室の2007年度の雑誌を中心に製本にまわしています。
7月上旬に図書館に納品される予定です。
詳細は図書館蔵書検索(OPAC )をご覧ください。


2009年4月23日

スタートはフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプから

新学期が始まった。新入生は例年のように、入学式より前に一泊二日のフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプでスタートを切った。学生たちの共同作業であるワークショップや卒業生、在学生による説明会などで、充実のキャンプを終えた。

SAKURA.jpg
会場のさくら

OG.jpg
OBの講演

WORKSHOP.jpg
ワークショップ~クラス報告

JUDGE.jpg
ワークショップ~ジャッジ

ENGLISH.jpg
国際政治経済学部の英語教育

MARYLAND.jpg
在学生による短期海外研修説明


2009年3月31日

【国際政治経済学部 大学院生】イーゴカード配布について

【国際政治経済学部 大学院生 イーゴカードお持ちの方へ】

◆現在所持している2008年度分のイーゴカードを使用終了次第、返却してください。
(2008年度配布分イーゴカードの返却がない場合、2009年度分を受け取ることはできません)

◆2009年度 イーゴカード配布について
 配布場所:国際政治経済学部 合同研究室(8号館5階)
 配布開始日:2009年4月6日(月)
   尚、以下の日は、合同研の開室時間を延長します
   4月15日・17日→18:30まで開室
   4月18日→14:00まで開室

 持参するもの:2008年度配布分イーゴカードと学生証
 


2009年3月11日

卒業祝賀会案内

3月25日の学位授与式の後、下記の通り国際政治経済学部主催の「卒業祝賀会」が開かれます。卒業される皆様、ご父母の方々、関係教員の皆様、ぜひご参加ください。学部最後の集いをぜひお楽しみください。

 記

日 時:2009年3月25日(水) 午後4時20分から
場 所:青学会館 サフラン(地下2階)
会 費:2,000円 (但し、御父母は無料)


2009年2月 3日

SipecSquareメンテナンス作業のお知らせ


 本ポータルサイトSipecSquareのメンテナンス作業が下記の日程で行われます。
この期間、SipecSquareの閲覧および更新作業が出来なくなりますのでご了承ください。  

               記

2月10日(火)午前0時~2月10日(火)午前6時までの6時間

以上。


2009年1月27日

国際政治経済合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月4日~3月31日)の開室日は以下の通りです。

《2月》
4日(水)、5日(木)、6日(金)、23日(月)、24日(火)、25日(水)、
26日(木) 、27日(金)

《3月》
2日(月)、3日(火)、4日(水)、5日(木)、6日(金)、9日(月)、10日(火)、
13日(金)、17日(火) 、24日(火)、27日(金)、31日(火)

開室時間:9:00~17:00(昼休み11:30~12:30)

4月1日(水)より通常通り開室いたします。


2008年12月17日

太田浩教授 最終講義のお知らせ

本学部設立時より教鞭をとられてきた、太田浩教授(国際経済学科)の最終講義が、下記の通り行われます。在校生はもちろん、卒業生、教職員の参加も可能です。多くの方々の参加をお待ちしています(事前登録の必要はありません)。


                記


テーマ:「ちがうことバンザイ!」

日 時: 1月9日(金) 14:45~16:15

場 所: 第19会議室(総研ビル11階)


国際政治経済学会


2008年12月10日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室は
年末年始の下記期間、閉室となります。

閉室日:12月23日(火)〜1月6日(火)

尚、1月7日(水)より通常通り開室いたします。


2008年12月 3日

2008年度学生研究論文の表彰式が行われました

2008年度国際政経学会『学生研究論文』の表彰式が12月3日(水)8号館4階コモンルームにて行われました。

**受賞者のみなさん**

無題.JPG

今回の学生論文募集には、1,2年の部、3,4年の部合わせて18点の応募者があり,
そのなかから入賞2,佳作16が決まりました。
審査結果につきましては、こちらをご覧下さい。


2008年10月21日

岩井千明ゼミのチームが学生起業家選手権にて、優秀賞に選出されました

「平成20年度(第7回) 学生起業家選手権」が行われ、国際政治経済学部岩井千明ゼミのチーム(細川皓司・石川友紀子・澤木一真・小山奈津紀・高橋才将・増田優太)が「大学スポーツの動画配信サイト」についての発表を行い、見事優秀賞に選出されました。

iwai1.jpg

iwai2.JPG

【岩井千明教授からのコメント】
岩井ゼミの学生6名で参加した平成20年度(第7回)学生起業家選手権で優秀賞を頂きました。今年度のゼミは4年生がおらず、3年生6名だけでスタートしましたが、ゼミ生と合議の結果、起業家選手権参加を前期活動の中心とすることとなりました。ゼミの活動としては6名がそれぞれ新規事業プランを考えてゼミ内でプレゼンテーションを行い、ゼミ生の互選で応募案を決定しました。一つの案に絞り切れずに3つの新事業提案のうち「学生スポーツの動画配信」という提案が7月に書類選考の結果136エントリー中18の中に選ばれ8月の予選大会に出場しました。予選大会のプレゼンテーションと経営試験を経て決勝進出の8チームに絞られました。

この間ゼミ生たちは夏休み中に体育会、放送研究会などの団体と交渉を行い、プレゼンテーション資料の作成、リハーサルなどに多くの時間をかけて決勝大会に備えました。ゼミ合宿でもプレゼンテーションの練習に多くの時間を使いました。10月9日の決勝戦では8チームの中で唯一共通の青いユニフォーム(青学購買会のポロシャツ)でチームワークをアピールしつつ、大学生らしい爽やかで誠実なプレゼンテーションが印象的でした。審査員の方々からのコメントもプランを高く評価するものが多かったです。

今後のゼミ活動では「起業のフィージビリティースタディー」をテーマに学外の方々も含めて議論を進める予定です。岩井ゼミには第1回大会で優秀賞3百万円を頂き、実際にベンチャービジネスを起業した先輩もいます。このような方々もゼミにお呼びして今後の方向性を検討する予定です。


2008年10月 7日

国際政治経済合同研究室 学園祭期間 閉室案内

国際政治経済合同研究室は

下記の学園祭期間は閉室となります。


閉室日

10月31日(金)~11月4日(火)


尚、11月5日(水)より通常通り開室いたします。


2008年7月14日

2008年度夏休み開室日のお知らせ

夏期休業中(8月1日~9月12日)の国際政経合同研究室の開室日は
以下のとおりです。開室時間は9:00~16:00です。(昼休み 11:30-12:30)

【8月】
8、12、15、19、22、26、29
【9月】
2、5、9、12

※9/13から平常開室になります。


2008年7月 1日

国政経資料室雑誌製本のおしらせ

現在国政経資料室の2006年度の雑誌を製本にまわしています。
8月上旬に図書館に納品される予定です。
詳細は図書館蔵書検索(OPAC )をご覧ください。


2008年4月21日

SIPEC Globe バージョン新たに登場

SIEPC SQUARE トップにあるマスコット地球儀(SIPEC Globe)が新しくなりました。
スタートボタンを押して地球儀を回してください。好きなところで、もう一度ボタンを押すと地球儀は止まります。さて、そのあと何が起こるか、どうぞお試しください(画面切り替わって止まったら、赤い点滅をクリックしてみてください)。きっと癖になるはずです。

【初期画像にボタンが2つあるものは旧バージョンです。キャッシュを空にして再度SIPEC Squareを読み込み、更新ボタンを押してください】

学部広報委員会


2008年4月 4日

新学期スタート

 4月1日、例年のように新入生のフレッシュマンオリエンテーションキャンプから新学期がスタートした。今年もほぼ全員の参加で、富士山が映える河口湖畔で充実の1泊2日を送った。恒例のワークショップでは、劇仕立ての発表が行われるなど、緊張の仲にも楽しさがあり、新入生は皆、これからの大学生活にさらに期待を大きくしたようであった。

08FCO1.jpg
塩見さんの講演の様子

08FOC3.jpg
Workshop I の様子

08FOC2.jpg
Workshop II の様子

08FOC4.jpg
ヘルパーの皆さん


学部広報委員会


2008年3月22日

卒業祝賀会案内

 3月25日の学位授与式の後、下記の通り国際政治経済学部主催の「卒業祝賀会」が開かれます。
卒業される皆様、ご父母の方々、関係教員の皆様、ぜひご参加ください。当日はロイヤル・サウンズ・ジャズ・オーケストラ(学生バンド)の演奏もあります。卒業生に向ける、学部最後の集いをぜひお楽しみください。

 記

日 時:2008年3月25日(火) 午後4時20分から
場 所:青学会館 サフラン(地下2階)
会 費:2,000円 (但し、御父母は無料)

                            
学部広報委員会


2008年1月25日

国際政治経済合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月5日~3月31日)の開室日は以下の通りです。

《2月》
5日(火)、6日(水)、8日(金)、12日(火)、22日(金)、26日(火)、29日(金)

《3月》
4日(火)、6日(木)、7日(金)、11日(火)、14日(金)、18日(火)、21日(金)、25日(火)、28日(金)

開室時間:10:00~16:00(昼休み11:30~12:30)

4月1日(火)より通常通り開室いたします。


2007年12月12日

2007年度学生研究論文の表彰式が行われました

2007年度国際政経学会『学生研究論文』の表彰式が12月12日(水)8号館4階コモンルームにて行われました。

**受賞者のみなさん**

IMG001.jpg


今回の学生論文募集には、1,2年の部、3,4年の部合わせて31点という過去最高の応募者があり,
そのなかから入賞5,佳作18が決まりました。
審査結果につきましては、こちらをご覧下さい。


2007年12月 7日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室は
年末年始の下記期間、閉室となります。

閉室日:12月23日(日)〜1月6日(日)

尚、1月7日(月)より通常通り開室いたします。


2007年12月 5日

12月14日国際シンポジウム「拡大EUと東アジアの地域統合―比較研究―」

青山学院大学国際政治経済学部創設25周年記念国際シンポジウム

「拡大EUと東アジア統合―比較研究―」

日時:2007年12月14日(金)13:00~18:00

場所:青山学院大学総研ビル12階大会議室
 
【プログラム】

 挨拶     土山實男 (青山学院大学国際政治経済学部学部長)      

趣旨説明  羽場久美子(青山学院大学国際政治経済学部教授)

第1部:13:15-14:50


司会:太田浩
(青山学院大学国際政治経済学部教授) 

Hugh Richardson(駐日欧州委員会代表部大使)
  「拡大EUと東アジア」   
        
Christophe Penot(フランス大使館公使)
  「拡大EUとフランスの位置」             
  
  *通訳がつきます。
 
       
第2部:15:10-16:10

司会:押村高
(青山学院大学国際政治経済学部教授)

庄司克宏(慶応義塾大学教授・日本EU学会理事長)
  「EU改革条約の意義と限界」         

 羽場久美子(青山学院大学教授) 
 「拡大EUと東アジア共同体(競争、ナショナリズム、安全保障)」   

コメント
ポダルコ・ピョートル(青山学院大学准教授) 
  「ロシアとEU、東アジア共同体」              

第3部:16:10-18:00
司会:菊池努
(青山学院大学国際政治経済学部教授・前国際政治経済研究開発センター長)

李鍾元(立教大学教授) 
 「六者協議と、東アジア地域統合」

中兼和津次(青山学院大学教授)
  「中国、FTA、東アジア共同体」

全体討論  司会 高木誠一郎
(青山学院大学国際政治経済学部教授・国際研究センター長)

総括コメント  
山本吉宣(青山学院大学教授)
 「ヨーロッパとアジアの地域統合:比較と相互作用」
                        
*報告時間、その他に若干変更の可能性があります
--------
◆レセプション 18:30-20:00 青学会館


*ご出席をご希望の方は12月12日までに下記の内容を明記の上、お申込ください。

学生  お名前・学生番号・学部

一般 お名前・ご所属・連絡先(メールアドレス、ファックス番号等)

*定員150名。先着順。

【申込先】
FAX:03-5485-0782/ e-mail:cis1214@sipeb.aoyama.ac.jp  青山学院大学国際研究センター


2007年10月26日

国際政治経済合同研究室 学園祭期間 閉室案内

国際政治経済合同研究室は

下記の学園祭期間は閉室となります。

閉室日

11月2日(金)~11月6日(火)


尚、11月7日(水)より通常通り開室いたします。


2007年10月 9日

井出静ゼミ研究会のお知らせ 10/9 14:40~

関心のある方の参加を歓迎します。

井出ゼミ研究会
テーマ:中国食品安全現状調査
発表者 周勍先生
期日    10/9(火) 2:40-6:00
場所    8号館 4F コモンルーム
言語    中国語 通訳あり
   関心ある方の参加を歓迎します。
周先生略歴
作家 フリージャナーリスト 口述史研究者
《中国の危ない食品- 中国食品安全現状調査》(07年10月 草思社)(中文原名 《长篇报告文学:民以何食为天――中国食品安全现状调查》)の作者  
1965.1 生 42歳
  中国作家協会魯迅文学院 西北大学作家班で文学を学ぶ。
  1989年第二次天安門事件で二年間投獄。
  中国民間文芸家協会会員  アメリカ、ロシア、ヨーロッパなどで学術交流   日本は始めて
  《民间》杂志 編集部主任、《经贸报•深圳版》編集長、《历史故事报》編集長を経て丸剤は雑誌《口述博物館》口述博物馆》編集長。


2007年10月 1日

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)懸賞論文で金子真実さんが優秀賞受賞

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)が主催した”環境”懸賞論文において、国際政治経済学部瀬尾佳美ゼミ4年の金子真実さんの「1億2千万人の温暖化防止策-個人間排出権取引の提案-」が優秀賞に選ばれました。

詳細はこちら
http://www.murc.jp/topics/detail.php?i=56


2007年9月18日

エドワード・コロジェイ (Edward Kolodziej) イリノイ大学教授を招聘教授として招いて集中講義

エドワード・コロジェイ (Edward Kolodziej) イリノイ大学教授を招聘教授として招いて集中講義

国際政治経済学部では、毎年海外の著名な学者を招いて夏期集中講義(「国際政治学特殊講義V」)を提供しています。
今年はイリノイ大学の Center for Global Studies 所長で、Security and
International Relations (Cambridge University Press, 2005) など多数の著作がある Edward A. Kolodziej 先生をお招きすることができました。 集中講義は9月18日
(火)~21日(金)に、また同先生の研究会は、別途開発センターのブログで紹介した通り、9月22日(土)午後3時より行われます。

集中講義の授業資料はこちらから。
Gakuin1.ppt

Class2Gakuin_Hobbes.ppt

Class3Gakuin_Clausewitz.ppt

Class4GakuinWWI.ppt

Class5_WWII.ppt

Gaukin6CW.ppt

Class 7 US Superpower.ppt

GakuinClass8_Realism.ppt

GakuinClass9Liberalism.ppt

Gakuinlec10LibInstituionalism.ppt

Gaukinlec11Marxism.ppt

Europe1000ad.jpg

Europe1500.jpg

germany1648-1988.jpg



2007年9月 3日

任期制教員(助教)公募のお知らせ

国際政治経済学部では、国際政治学もしくは政治学を専攻する、任期制教員(助教)1名を募集します。
応募締め切りは2007年10月15日。詳しくは、こちらの募集要項をお読みください。


2007年7月 4日

山本吉宣教授 読売・吉野作造賞受賞記念シンポジウム 「現代国際システムとアメリカ」

発   表   者 : 山本吉宣(本学国際政経学部教授)
パネリスト : 納家政嗣(本学国際政経学部教授)
                       渡辺啓貴(東京外国語大学教授)
                       伊熊幹雄(読売新聞国際部次長)

司 会 : 土山實男(本学国際政経学部教授)

日時:7月24日(火)13時―15時
場所:総研ビル12階 大会議室

読売新聞・青山学院大学国際政治経済学部共催
*参加ご希望の方は7月23日までに合同研までメール等でお知らせください。
メールアドレス:kokusai@sipeb.aoyama.ac.jp


2007年6月21日

山本吉宣教授が読売・吉野作造賞を受賞

 国際政治学科山本吉宣教授の『「帝国」の国際政治学—冷戦後の国際システムとアメリカ』(2006.10刊 東信堂)が、第8回読売・吉野作造賞を受賞した。山本教授のコメント、メッセージは下記の大学サイトで。
http://www.aoyamagakuin.jp/news/2007/gakuin/0608/0608.html
http://www.aoyama.ac.jp/topics/2005/072.html

 本賞は毎年、政治・経済・社会関連の出版物のなかですぐれた著書に対して与えられるもの。読売論壇賞と統合されて現在の賞になる平成13年度以前は、中央公論社より賞が与えられていた。過去に本賞を受賞した元本学部教授に、衛藤瀋吉教授、永井陽之助教授、山本満教授の3名がいる。


2007年5月24日

アジアン・ヒィーリング・カフェ

 昨年2−3月のチェンマイ研修に参加した学生が、大学の近くで5月23日(水曜)と24日(木曜)の二日間、タイ料理やドリンクなどが楽しめる「アジアン・ヒィーリング・カフェ」を開く。菊池教授の提供した「大変おいしい烏龍茶」もあるとか。興味のある方は下記案内をたよりに、行ってみてはいかがでしょう。
(学部広報委員会)

Asian Healing cafe

日時  
5/23(Wed)  11:00〜22:00
5/24(Thu)    18:00〜22:00

場所
表参道コラボカフェ
A-Hmap.jpg


渋谷区渋谷2-9-10-B1F
青学正門スタート→青山通を左手に渋谷へ→ampmよりひとつ手前のビル地下一階

∽∝メニュー∝∽

◇飯(\600)
・クイッティオ
・トムヤムクン
・トムカーガイ

◇セット(\900)
[飯]+[ドリンク]+小鉢2つ
◇デザートセット(\1100)
・[セット]+[デザート]

◇デザート(\300)
・タピオカココナッツミルク
・オーム

◇ドリンク(\300)
・マンゴージュース
・オレンジジュース
・チャイ
・ラッシー
・バナナラッシー
・ココナッツラッシー

◇アルコール(\550)
・シンハビール
・スパークリングワイン

主催:AGUIPECMU

A-HCafe.JPG


2007年5月21日

英作文コンテストで水野愛美さんら入選

日本アジア英語学会が主催した第1回Extremely Short Story Competition (極めて短いストーリーコンテスト)で、国際政治経済学部の水野愛美さんの「Tears」が学会会長賞に選ばれるほか、6名の本学部学生の作品が入選した。入選作品の紹介や、第2回の応募の詳細は、学会ホームページのこちらで。
(学部広報委員会)


2007年5月 2日

公開講座:社会の中の「女性」 - 現代フランスの広告を読む

青山学院大学は、『イメージの力を読むー「私」と「他者」の間で』と題する公開講座を、相模原キャンパスで、5/12(土)〜6/9(土)、毎週土曜日(全5回)の日程で開催するが、その第4回目に、本学部の支倉寿子教授による「社会の中の「女性」 - 現代フランスの広告を読む」が予定されている。詳しくは、大学サイトのこちらで。ウェブサイトからの申し込みもできる。
(学部広報委員会)


2007年4月10日

公開講座「コミュニケーションの世界」

青山学院大学の公開講座「コミュニケーションの世界」が、5/12(土)〜6/9(土)、毎週土曜日(全5回)の日程で開催され、5月19日には、本学部の本名信行教授による「国際言語としての英語 − 普及と変容 −」が予定されている。詳しくは、大学サイトのこちらで。ウェブサイトからの申し込みもできる。
(学部広報委員会)


2007年4月 6日

フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプからスタート

4月1日、2日の一泊二日で、河口湖富士ビューホテルで行われたフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプ。新入生は入学式前に行われるこのキャンプから、大学生活が始まる。今年は、文芸、音楽研究家の宮沢淳一氏(学部一期生)を迎えての公演や、学科ごとに違うテーマで討議、報告を行うワークショップを行い、成功のうちに2日の日程を終えた。
(学部広報委員会)

FOC001.jpg
宮沢淳一氏の公演の様子

FOC002.jpg
Workshop クラス報告の様子


2007年2月23日

国際マネジメント研究科 伊藤文雄教授最終講義のご案内

2007年3月31日付けで退職される、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科研究科長 伊藤文雄教授の最終講義が下記のとおり実施されます。また、講義終了後、青学会館にて懇親会を開催いたしますので是非ご参加下さいますよう併せてご案内申し上げます。

〈最終講義日時〉
2007年3月17日(土)
16:00~17:30(開場:15:30)

〈会 場〉
総研ビル12階大会議室(国際会議場)

〈懇親会会場〉
青学会館「ミルトス」 (18:00~20:00) 
http://www.aogaku-kaikan.co.jp/index_map.html

〈会 費〉
8,000円(但し在校生は5,000円)
振込先
伊藤文雄教授最終講義準備会 
銀行名 三井住友銀行 渋谷支店
口座番号 普)8667078
口座名   イトウフミオキヨウジユサイシユウコウギジユンビカイ
*振込人名義には必ず①お名前 ②電話番号(*在学生は学生番号)
を記載してください。

〈申し込み方法〉
お手数ですが、準備の都合上2月28日(水)までにご出欠(講義・懇親会)のほどを、以下の要領にてメ-ルにて伊藤文雄教授最終講義準備会『request8@gsim.aoyama.ac.jp』までお知らせ頂きたくお願い申し上げます。尚、頂いた内容は本件のみに利用させて頂きます。
 件名:伊藤文雄教授最終講義
 本文:以下の内容をお知らせ下さい。
1.氏名(漢字・アルファベット)
2.メールアドレス      
3.当日連絡が取れる電話番号 
4.関係(a~dいずれかを選択してください)
 a:教員 (所属学部/研究科)
 b:職員
 c:卒業生/修了生 (卒業学科/研究科・卒業/修了年度)
 d:その他
5.学生番号(在校生は必ず記載してください)
6.講義のみ又は、懇親会のみ出席される場合はその旨もお知らせ下さい。

*3/1(木)に受付が完了した方のみ一斉にこちらから受付完了メ-ルをお送りします。


2007年2月 2日

国際経済学科国際ワークショップ開催案内

 国際経済学科では、3月10日(土)にMurray Kemp氏、大山道広氏ほか数名の国際経済学者を招き、”International Workshop on International Trade and Economic Integration" と題する国際ワークショップを開催します。プログラムはこちら
 参加ご希望の方は、2月末日迄に、所属とお名前を以下のアドレスにご連絡ください。参加費無料。先着60名。
申込先アドレス: iews2007@sipeb.aoyama.ac.jp

Program updated on Feb. 25
Program fixed on March 2

(学部広報委員会)


2007年1月27日

国際政治経済合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月5日~4月3日)の開室日は以下の通りです。

《2月》
6日(火)、7日(水)、9日(金)、13日(火)、23日(金)、27日(火)

《3月》
2日(金)、7日(水)、9日(金)、13日(火)、16日(金)、20日(火)、23日(金)、27日(火)、30日(金)

《4月》
3日(火)

開室時間:10:00~16:00(昼休み11:30~12:30)

4月4日(水)より通常通り開室いたします。


2007年1月11日

国政経合同研センター試験に伴う閉室のお知らせ

2007年1月20日(土)は、センター試験実施のため国際政治経済合同研究室は閉室となります。


2006年12月13日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室は
年末年始の下記期間、閉室となります。

閉室日:12月25日(土)〜1月6日(土)

尚、1月9日(火)より通常通り開室いたします。


2006年12月 6日

2006年度『学生研究論文』表彰式が開催されました

2006年度『学生研究論文』表彰式が12月6日(水) 8号館4階コモンルームにて行われました。

**表彰式の模様**

【表彰の模様】
IMG_0053.jpg




【受賞者のみなさん】
IMG_0078.jpg




2006年度『学生研究論文』結果につきましてはこちらをご覧下さい


2006年11月28日

国際コミュニケーション学科創設記念シンポジウム『近くて遠い関係を超えて』開催

国際コミュニケーション学科創設記念シンポジウム
青山学院大学国際政治経済学部・毎日新聞社 共催

近くて遠い関係を超えて
-日中韓のコミュニケーションを可能にするために-


【開催日時】
2007年1月13日(土)
14:00~17:30


【会 場】
青山学院大学 青山キャンパス
総研ビル(14号館) 12階 大会議室


【参加申込方法】
お名前と連絡先(メールアドレスまたはFAX番号)を明記の上
『国際コミュニケーション・シンポジウム係』宛てに
下記メールアドレスまたはFAX番号までお申し込み下さい。

◆メールアドレス◆
comsympo@sipeb.aoyama.ac.jp

◆FAX番号◆
03-5485-0782

※応募が定員(200名)を越えた場合は抽選となります。予めご了承下さい。



■MAP■
[Access to Aoyama Campus]
access-map.gif
*Approx. 10 min. by foot from Shibuya Station.(Toward the direction of Miyamasu-zaka)
*Approx. 5 min. by foot from Exit B1 of Omote Sando Station.
*The campus is located across the street from The United Nations University.


[Aoyama Campus]
campus-map.gif




こちらからシンポジウムリーフレットをご覧いただけます



2006年11月24日

SIPEC Square 学生スタッフ募集

国際政治経済学部広報委員会では、SIPEC Square の編集、執筆に携わる、本学部の学部生ならびに院生のスタッフ(アルバイト)を、各キャンパス2名程度募集します。具体的業務は、1)教員、卒業生、在校生に対するインタビュー記事の執筆 2) 学部ニュースの執筆 3)新企画の提案と実施などです。ジャーナリズムや広報に関心のある方を望みます。

説明会および面接を下記の通り行いますので、関心のある院生、学生はお集まりください。

  記

■院生、3、4年生対象説明会:12月13日(水)18:00〜 青山キャンパス8号館4階 コモンルーム 
■1、2年生対象説明会:12月20日(水)12:30〜  相模原キャンパスD110教室
説明・面接担当者:内田達也

(学部広報委員会 )


2006年10月26日

カリフォルニアの抱井先生からレターが届きました

在外研究中の抱井先生からレターが届きました。Par Avionに掲載いたしましたのでご覧下さい。
学部広報委員会


2006年10月23日

国際政治経済合同研究室 学園祭期間 閉室案内

国際政治経済合同研究室は
下記の学園祭期間は閉室となります。

閉室日
10月27日(金)〜10月31日(火)


尚、11月1日(水)より通常通り開室いたします。


2006年9月26日

『学生研究論文』応募締め切り間近

『学生研究論文』応募は10月3日(火)をもって締め切りました。
詳しくはこちら


青山学院大学国際政治経済学会では、毎年一度、学部生から広く研究論文を募集し,優れた業績を表彰して『学生研究論文集』に発表している。審査は1・2年の部と3・4年の部に分かれているので、1,2年生にも入選のチャンスがある。この機会を利用して、研究を深め、発表してみてはいかがだろうか。応募締め切りは10月3日(火)。詳しくはこちら
(学部広報委員会)


2006年9月21日

劇団四季「壁抜け男」に寺田氏出演中

本学部卒業生の寺田真実氏が、現在公演中の劇団四季ミュージカル「壁抜け男」出演している。詳しくはSipec Peopleで。
(学部広報委員会)


2006年8月 4日

40名の学生がアメリカン大学(AU)、メリーランド大学(UM)の夏期研修に向けて出発

本学部でプログラムしている、米国への2つの夏期研修に向けて、計40名の学生が米国に向かった。一つは8月1日から8月14日の日程で行われるアメリカン大学(AU)での研修、もう一つは8月2日から8月17日の日程で行われるメリーランド大学(UM)での研修である。メリーランド大学での夏期研修は今年が初めて。それぞれの大学で、英語、政治経済、文化のレクチャーを受けるほか、興味深いフィールドトリップなど充実したプログラムが組まれている。
(学部広報委員会)


2006年7月12日

国際政治経済合同研究室 
夏季休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
夏季休暇期間中(8月1日~9月24日)の開室日は以下の通りです。

《 8月 》

8日(火)・11日(金)・15日(火)・18日(金)

22日(火)・25日(金)・29日(火)


《 9月 》

1日(金)・5日(火)・8日(金)・12日(火)・13日(水)・

15日(金)19日(火)・20日(水)・22日(金)


開室時間:10:00~16:00(昼休み11:30~12:30)


9月25日(月)より通常通り開室いたします。


2006年7月12日

8月12日 国際政治経済学部特別セミナーのお知らせ 
Preventive War in Theory and History 

2006年度第5回 国際政治経済研究開発センター研究会

Jack S. Levyラトガ-ス大学教授が、来月、青山学院大学国際政治経済学部に招聘教授として来られます。Levy教授は戦争原因・戦略研究やプロスペクト理論の文字通り第一人者として高い評価を獲得されておられ、Peace Science Society(International)の会長に現在ついておられるほか、International Studies Association の次期会長に就任される予定です。Levy教授の初めての来日を記念しまして、現在の米国のイラク政策もふくみまして予防戦争論についてのLevy教授の特別セミナーを開催いたします

《発表者》Jack S. Levy 氏
 Professor of Political Science at Rutgers University

《討論者》 山 本 吉 宣 青山学院大学教授

《司 会》 土 山 實 男 青山学院大学教授

日時: 8月12日(土)14:00~16:00

場所:青山学院大学6号館 第4会議室


※参加ご希望の方は7月31日(月)までに、お名前とご所属をFAX.03-5485-0782(土山宛)にお送り下さい。

※セミナー終了後、16時半から、レヴィ教授を囲んでレセプションを開催いたします。ご都合のつく方はぜひご来場下さい。会場は青山学院の近くを予定しております。決まり次第お知らせいたします。参加費は無料です。


Jack S. Levy (Ph.D., University of Wisconsin, 1976) is Board of Governors' Professor of Political Science at Rutgers University. He has held tenured positions at the University of Texas at Austinand the University of Minnesota, and visiting or adjunct positions at Tulane, Stanford, Harvard, Yale, Columbia, and NYU. Levy received APSA's Helen Dwight Reid Award for the best dissertation in International Relations in 1975-76, and the Distinguished Scholar Award from the Foreign Policy Analysis Section of the International Studies Association (2000). He has served as president of the International History and Politics section of APSA, and he is currently serving on the APSA Task Force on Political Violence.


2006年7月 1日

関東大学バスケットボール新人戦優勝! 荒尾君が得点王に

本学バスケットボール部(男子)が、第46回関東大学バスケットボール新人戦決勝で日本大学を下して3年ぶり5回目の優勝を果たした。本大会で、本学部2年の荒尾岳選手が得点王に輝き、優秀選手選出された。

本学部(出身)のバスケットボール部選手の活躍はめざましく、U-24の日本代表選手として、大屋 秀作君(06年卒)、岡田 優介君(4年)、荒尾 岳君(2年)の3名が選出され、7月8日からチャイニーズタイペイ(タイペイ市)にて開催される第28回ウィリアム・ジョーンズカップ国際バスケットボールトーナメントに出場する。

この記事は、
青山学院大学公式サイト
青山学院大学バスケットボール部公式サイト
日本バスケットボール協会 JABBA公式サイト
の記事をもとに作成しました。

(学部広報委員会)


2006年6月30日

交換留学の準備は早めに

青山学院大学は世界14カ国47大学と交換留学協定を結んでおり、国際政治経済学部の学生も、毎年この制度で多数の学生が留学している。アメリカ、カナダ、イギリスなど、留学期間が8月以降出発のものについて、その出願オリエンテーションが9月21日(木)に予定されている。願書受付は9月25日(月)〜9月29日(土)とオリエンテーションから間もないので、この制度を利用して留学しようと思っている人は、TOEFLを受験するなど、早めの準備が必要だ。

詳しい情報は国際交流センターへ。国際交流センターの交換留学に関するホームページはこちら 。(学部広報委員会)


2006年6月15日

トルコ大使と語ろう

本学部の提唱によって2003年度から始まった「各国大使講演シリーズ−大使と語る−」。第7回めの今回は、6月27日(火)にトルコのソルマズ・ウナイドゥン大使を迎える。詳細、申し込みはこちら。君もトルコ大使と語ろう。(学部広報委員会)


2006年6月 5日

硬式野球部東都大学春季リーグで優勝 高市君が最高殊勲選手に

5月31日、本学硬式野球部は亜細亜大学を5対2のスコアで破り、東都大学野球春季リーグ戦で優勝した。この大会で、本学部国際政治学科の高市俊君が、最高殊勲選手他の個人賞を獲得した。リーグ戦での戦績は、硬式野球部公式HPのこちらで。

(この記事は、青山学院大学ホームページのこの記事を参考にしました。 学部広報委員会)


2006年5月24日

国際コミュニケーション学科一期生の手応え

国際コミュニケーション学科の田辺正美学科主任が、大学の広報誌「AGU NEWS」の中で、新入生の印象や新学科の教育に対する抱負などを語っている。こちらでどうぞ。

学部広報委員会


2006年5月24日

女子バレーボール部関東春期リーグ3連覇 本学部選手も活躍

本学女子バレーボール部が、5月21日、嘉悦大をセットカウント3−2で破り、関東大学1部春季リーグの3連覇をなしとげた。本大会を通じて、本学部の島薫里選手(国際政治4年)、天野里美選手(国際政治2年)がスタメンに名を連ね活躍した。詳しくは、青山スポーツで。

(この記事は、「青山スポーツ」の関連記事をもとに作成しました)
学部広報委員会


2006年4月19日

ジャック・レヴィ(Jack Levy)ラトガース大学教授が招聘教授として来校

 プロスペクト理論をはじめとする外交政策決定理論や戦争原因の研究者として高い評価があり、現在、国際平和学会の会長をされており、ISA (米国国際政治学会)の次期会長就任が決まっているラトガース大学のジャック・レヴイ教授が、8月第2週に招聘教授として本学に来られます。

本学では「国際政治学特殊講議」を担当されるほか、国際政治専門家を対象とするセミナーに参加される予定です。

<レヴィ教授の略歴>
Jack S. Levy (Ph.D., University of Wisconsin, 1976) is Board of Governors' Professor of Political Science at Rutgers University. He has held tenured positions at the University of Texas at Austin and the University of Minnesota, and visiting or adjunct positions at Tulane, Stanford, Harvard, Yale, Columbia, and NYU. Levy received APSA's Helen Dwight Reid Award for the best dissertation in International Relations in 1975-76, and the Distinguished Scholar Award from the Foreign Policy Analysis Section of the International Studies Association (2000). He has served as president of the International History and Politics section of APSA, and he is currently serving on the APSA Task Force on Political Violence. He is on the Council for the International Society for Political Psychology, and will be president of the Peace Science Society (International) for 2005-2006.

より詳しい情報は、レヴィ教授のホームページで。

(学部広報委員会)


2006年4月12日

夏期短期海外研修(アメリカン大学・メリーランド大学)説明会開催

国際政治経済学部が提供する、アメリカン大学、メリーランド大学への短期海外研修についての説明会が、4月14日(金)に下記の通り行われます。興味のある方は、ぜひご参加ください。
アメリカン大学への短期研修は昨年度に続き2回目、メリーランド大学への短期研修は今年度初となります。

日時: 4月14日(金) 12:30〜13:10
場所:相模原キャンパス D103

(学部広報委員会)


2006年4月 4日

フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプ無事終了

今年も4月1日、2日の1泊2日で、新入生のフレッシュマン・オリエンテーション・キャンプが、河口湖畔富士ビューホテルにて行われた。ハードなスケジュールだったが、新入生の皆さんは、皆、精力的に内容を消化し、思い思いのスタートを切った。

FOC06_1.JPG
ホテルから望む河口湖

FOC06_2JPG.JPG

FOC06_3JPG.JPG
堂場瞬一氏の講演の様子

FOC06_4.JPG
Workshop I の様子

FOC06_5JPG.JPG
Workshop IIの様子

FOC06_6.JPG
オリエンテーションの感想を述べる新入生


2006年2月25日

港ゼミのグループが今年も懸賞論文に入選

懸賞論文に毎年応募し、入選することで有名な港ゼミが、今年も「ヤンマー学生懸賞論文・作文」で優秀賞を獲得した。

論文は、鳥村 直樹・裏野 瑛子・野口 志穂の共著による「東アジア農業ネットワーク構築と日本農業の活路」。

ヤンマー学生懸賞論文・作文は今年で16回目だが、港ゼミのゼミ生は入選の常連である。また、一昨年は瀬尾ゼミの学生も入選している。詳しくはこちら

学部広報委員会


2006年1月31日

国際政治経済合同研究室 期末休暇期間 開室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室の
期末休暇期間中(2月6日~4月3日)の開室日は以下の通りです。

《 2月 》

7日(火)・10日(金)・21日(火)・23日(木)・28日(火)

《 3月 》

3日(金)・8日(水)・10日(金)・14日(火)・17日(金)

22日(水)・24日(金)・28日(火)・31日(金)

開室時間:10:00~16:00(昼休み11:30~12:30)


4月4日(火)より通常通り開室いたします。


2006年1月28日

卒業祝賀会のご案内

今年も国際政治経済学部主催の卒業祝賀会が、学位授与式の後青学会館で開催されます。今年も昨年と同様、大学院修了者も祝賀会に加わります。また、今年はロイヤル・サウンズ・ジャズオーケストラの出演が予定されています。学部卒業、院修了予定の皆様、ふるってご参加ください。

     記

日時:3月25日(土) 午後4時30分〜6時30分
場所:青学会館  B2サフラン

(学部広報委員会)


2005年12月28日

各国大使シリーズ、5回めは韓国大使

青山学院大学では、2003年度より各国の大使を招いて講演をしてもらう「各国大使講演シリーズー大使と語るー」を行っている。その第5回目が1月18日(水)13:30より、韓国大使ラ・ジョンイル氏を迎えて行われる。学生も教員もふるってご参加ください。事前申し込みが必要。申し込み方法、詳細はこちら
(学部広報委員会)


2005年12月24日

NYの中川先生からレターが届きました

在外研究中の中川先生からレターが届きました。Par Avionに掲載いたしましたのでご覧下さい。
学部広報委員会


2005年12月21日

大学院事務室ブログの開設

国際政治経済学研究科の院生のための、大学院事務室ブログが開設されました。諸書式のダウンロードができたりする、院生にとって便利なブログを目指すとのこと。
学部広報委員会


2005年12月19日

1月14日 Internatoinal Workshop のお知らせ

国際政治経済学部では、来年1月14日(土)の午後、中国、香港から3研究者を招き、Micro-Econometric Analysis of the Chinese Economy と題するワークショップを開催します。プログラムはこちら

お申し込みは1月11日(水)までに、合同研究室(FAX:03-5485-0782)まで。学外の方は、申し込み時に所属とお名前、レセプションへの参加の有無をお知らせください。(当日参加も受け付けますが、レセプションへの参加をお断りすることがあります)。

学部広報委員会


2005年12月13日

伊藤 憲一 教授 最終講義のお知らせ

国際政治経済学部
伊藤 憲一 教授の最終講義が下記内容にて行われます。

テーマ: 「戦争史の観点から見た現代」

日 時: 1月12日(木) 13時10分-14時40分

場 所: 15406教室


2005年12月 8日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室は
年末年始の下記期間、閉室となります。

閉室日:12月24日(土)〜1月7日(土)

尚、1月10日(火)より通常通り開室いたします。


2005年12月 7日

2005年度『学生研究論文』表彰式が行われました。

2005年度『学生研究論文』表彰式が12月7日(水) 8号館4階コモンルームにて行われました。

**表彰式の模様**

2005gakuseiron.JPG


2005年度『学生研究論文』結果につきましてはこちらをご覧下さい


2005年12月 3日

2005年度『学生研究論文』表彰式開催のお知らせ

2005年度『学生研究論文』表彰式が下記日程にて行われます。


日 時 : 12月7日 15時より

場 所 : 8号館4階 コモンルーム


2005年度『学生研究論文』結果につきましてはこちらをご覧下さい


2005年11月29日

学部本サイトのトップデザイン変更

国際政治経済学部ホームページ のトップデザインが変更されました。(学部広報委員会)


2005年11月 9日

対話会参加学生募集

国際政治経済学部では、よりよい学びの場を作ることを目的に、毎年、学生と教員が本音で語り合う対話会を催しています。今年は12月10日(土)、14:00〜15:30、青山キャンパスで行います。まだ学生の定員に余裕があるので、関心のある学生は、各キャンパスの教務課に申し込んでください。
学部広報委員会


2005年11月 7日

ゼミ連 青祭でフリーマーケット

国際政経ゼミナール連合は10月29日から31日の3日間、青山祭に参加し、フリーマーケットを開いた。瀬尾ゼミ 飯田ゼミ からの出品があった他、運営委員が積極的に出品し、売り上げは4万円を超えた。
(学部広報委員会)


2005年10月27日

井口資仁選手のホ軍、ワールドシリーズ制す

国際政治経済学部出身の井口資仁選手が所属するメジャーリーグ、シカゴホワイトソックスがワールドシリーズを制した。井口選手は、93年から97年まで本学部に在籍し、東都大学リーグで通算本塁打記録(24本)を樹立した。ホワイトソックスの公式ホームページにも、井口選手 の経歴に、青山学院大学に在籍していたことが紹介されている。
(学部広報委員会)


2005年10月26日

男子バスケットボール部リーグ優勝 本学部選手も活躍

 本学男子バスケットボール部が、10月22日、東海大学破って関東大学バスケットボールリーグ戦で優勝を果たした。このリーグ戦で、大屋秀作君(本学部4年)、岡田優介君(同3年)が優秀選手賞を獲得するなど、本学部の選手も活躍(最優秀選手賞は文学部4年佐藤託矢君)。
 現在、バスケットボール部には、本学部から大屋君、岡田君の他に、甲斐啓太君(3年)、広瀬健太君(2年)、竹松浩司君(2年)、荒尾 岳君(1年)の6名が所属している。

関連記事
青山学院大学サイト
青山学院バスケットボール部
青山スポーツ 

(学部広報委員会)


2005年10月21日

嶋田順好教授の授業紹介

本学部嶋田順好教授が担当する、青山スタンダード「読書の喜びを見いだすためのゼミ」が大学サイトのこちら で紹介されています。


2005年10月19日

国際政治経済合同研究室 学園祭期間 閉室案内

国際政治経済合同研究室は
下記の学園祭期間は閉室となります。

閉室日:10月28日(金)〜11月1日(火)

尚、11月2日(水)より通常通り開室いたします。


2005年10月17日

硬式野球部高市君リーグ連勝記録達成

本学部3年の高市君(投手)が、先月22日、東都大学リーグの連勝記録を塗り替えた。これまでの連勝記録は、那須野(日大卒・現横浜ベイスターズ)が作った10連勝。高市君の記録は、それをひとつ上回る11連勝だ。残念ながら記録は11で止まってしまったが、硬式野球部は現在リーグ1位を走っている。詳しくは青山スポーツで。
(この記事は「青山スポーツ」、「青山学院新聞10月15日号」の情報をもとに作成しました。学部広報委員会)


2005年10月13日

SIPEB から SIPEC へ

来年度から国際コミュニケーション学科が新設されるにあたり、国際政治経済学部の英語名称が School of International Politics, Economics, and Communication と変更されることが決まった。通称もSIPEB から SIPEC へ。ただし、 B (Business )は完全になってしまうのでなく、来年度からスタートする<国際ビジネスコース>に引き継がれる。2006年度、新しい国際政経学部がスタートします。
(学部広報委員会)


2005年10月 7日

国連との共催シンポ盛況のうちに幕

Sipeb Square のDean's Office でも紹介した国連との共催シンポジウムが、9月22日、多数の一般参加者を集めて、熱心な討論、質疑応答のうちに幕を閉じた。本シンポジウムについては、9月29日、毎日新聞に詳しく報道された。詳細はこちら


2005年9月15日

AO入試出願に関して

本学部は2006年度入試からAO入学試験を導入します。受験希望者は、出願期間が限られていますのでご注意下さい。

入学試験日程
入学試験概要

学部広報委員会


2005年7月13日

国際政治経済合同研究室夏季休暇期間開室日のお知らせ

8月1日(月)より9月25日(日)までは大学の夏期休暇期間です。

上記期間中、国際政治経済合同研究室ならびに研究開発センターへご用の際は
こちらのカレンダーにて開室日をご確認下さい。

休暇中の開室時間は 10:00 - 16:00

(11:30 - 12:30は昼休み)

となっております。ご了承ください。

※8月1日(月)より8月7日(日)までは学院一斉休業につき開室日はありません。

9月26日(月)より通常通り開室いたします。


2005年6月22日

交換留学への準備は今から

青山学院大学は世界14カ国39大学と協定を結んでおり、交換留学制度を持っている。国際政治経済学部の学生も、毎年この制度で多数の学生が留学を果たしている。

この交換留学の出願オリエンテーションが9月22日(木)に予定されている。願書受付は9月26日(月)〜10月1日(土)とオリエンテーションから間もないので、もしこの制度を利用して留学しようと思っている人は、TOEFLを受験するなど、今から準備が必要だ。

詳しい情報は国際交流センターへ。国際交流センターの交換留学に関するホームページはこちら 。(学部広報委員会)


2005年6月 9日

各国大使シリーズ、4回めはドイツ大使

青山学院大学では、,2003年度から、各国の大使を招いて講演をしてもらう「各国大使シリーズ」を行っている。その第4回目が6月25日(土)、ドイツ大使を迎えて行われる。学生も、教員もふるってご参加ください。詳細はこちら
(学部広報委員会)


2005年6月 7日

注目の公開講座、締切り間近

本学部の山本吉宣教授、木村光彦教授、中兼和津次教授、高木誠一郎教授に、杏林大学の倉田秀也教授を加えた5人による公開講座「北東アジアの経済的変容と安全保障」が7月に開かれます。
詳細、申し込み方法などはこちら 。締切り間近です、受講希望者はお急ぎください。(学部広報委員会)


2005年5月17日

ゼミナール連合代表委員会開催告知

本年度の第1回ゼミナール連合代表委員会を下記の通り開催します。各ゼミの幹事(代表者)は必ず集まるようお願いします。

     記

国際政経ゼミナール連合代表委員会
日時:5月24日(火) 18:00〜
場所:青山キャンパス930教室

(ゼミナール連合運営委員代表)


2005年5月 9日

04年度公認会計士試験に現役合格2名

2004年度公認会計士試験に、国際政治経済学部の現役学生が2名が合格していたことが明らかになった。合格者は、国際経済学科ファイナンスマネージメントコース窪田さおりさんと、同学科同コースの小見山慶子さん(二人とも05年4月卒業)。

公認会計士試験は、合格率が全受験者の8%という難関国家試験の一つ。本学部から現役生が2名合格したのは、おそらく学部始まって以来のことと思われる。

窪田さんは高森寛ゼミに、小宮山さんは山口不二夫ゼミにそれぞれ所属していたが、二人とも受験準備には公認会計士試験のための予備校を利用したとのこと。二人が試験勉強を始めたのは3年生初頭頃からだという。この4月から、窪田さんは監査法人トーマツ、小見山さんはあずさ監査法人にそれぞれ就職して活躍中。

公認会計士の試験科目や試験日程などの詳細はこちらでどうぞ。
<金融庁ホームページ> 公認会計士試験受験案内
<日本公認会計士協会ホームページ> 公認会計士試験制度
(学部広報委員会)


2005年4月19日

短大ギャラリーで国連難民写真展開催

4月19日(火)〜28日(木)の10日間、短大ギャラリーでI国連難民写真展 が開かれている。展示されているのは難民キャンプの様子や、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の紹介など十数点。本催しは本学部とは関係ないが、興味のある方は是非。(学部広報委員会)


2005年4月15日

海外著名教授よる特別講義

国際政治経済学部では、毎年海外から著名な教授を招聘して特別講義を開講しています。(参考記事) 今年は下記の2名の教授を迎えることになりましたので、是非またとないチャンスを生かしてください。いずれも青山キャンパスでの夏期集中講座ですが、それぞれ日程が異なりますので、教務課に確認の上、履修登録してください。学部生、大学院生ともに履修可能です。履修登録期間が迫っていますのでお早めに。

  記

夏期集中講座

T. U. Berger 教授(米国 Boston University)
科目名:国際政治学特殊講義V

宮際計行(ミヤギワ カズユキ) 教授(米国 Emory University)
科目名:国際経済学特殊講義V

(学部広報委員会)


2005年4月15日

アメリカン大学夏期研修 説明会

下記のとおり、アメリカン大学(米ワシントンDC)への夏期研修についての説明会を開きますので、興味のある学生は説明会にご参加ください。

    記

アメリカン大学夏期研修説明会
開催日:4月19日(火)
時間:18時15分から約1時間
場所:相模原キャンパス D113(D棟のD113教室)

なお、研修の概要はこちら 。(学部広報委員会)


2005年4月14日

フレッシュマン・オリエンテーション・キャンプ、ほぼ全員が参加

4月1日、2日に河口湖畔の富士ビューホテルにおいて、フレッシュマン・オリエンテーションキャンプが行われ、入学者309名のほぼ全員(300名)が参加した。両日とも晴天で、1日には富士山が臨めた。今年は、現在英国のプロラグビーチーム「サラセンズ」で活躍している、卒業生の岩渕健輔氏の講演や、新入生によるワークショップ、在校生による学部紹介や懇談会、さらにピアノ演奏など、学生や卒業生を中心とするプログラムを組み、新入生のモチベーションを大いに喚起した。

FOC1.jpg
岩渕氏の講演の様子

FOC2.jpg
ワークショップ:クラス討議の様子

FOC3.jpg
ワークショップ:クラス報告の様子

FOC4.jpg
ワークショップ:ジャッジの様子

FOC5.jpg
上級生との懇談の様子


2005年3月15日

2004年度体育会優秀選手に本学部から3名が選出

3月9日、アイビーホール青学会館において、2004年度の体育会優秀団体・選手の表彰式が行われた。本学部からは、木村智香子さん(バレーボール部4年)が最優秀選手に選ばれたほか、平岩大典君(馬術部4年)、大屋秀作君(バスケットボール部3年)がの2名が優秀選手に選ばれた。
(この記事は「青山スポーツ」のこちら の情報をもとに書かれたものです)
(学部広報委員会)


2005年3月14日

米国ワシントンDC アメリカン大学 夏期研修の実施決まる

国際政治経済学部では、アメリカン大学(American University)との協力体制のもと、本学部生のためのオリジナル夏期研修プログラムを、下記の通り実施します。米国ワシントンDCにあるAmerican Universityは国際関係を中心とする分野の教育・研究が盛んで、今回の夏期研修を提供する同大学のSchool of International Serviceは、そうした分野に特化した学部・研究科ユニットです。

今回の夏期研修プログラムの特徴は、語学(英語)研修、国際政治経済に関する講義(School of International Serviceの先生が担当する予定)、ワシントンDCという場所を活かしたfield trips(政府機関や文化・教養施設の訪問、見学)という3つの要素が、バランスよく盛り込まれていることです。それらを通じて、国際政治・国際経済の諸問題、アメリカの外交政策、および日米関係を中心とするアメリカの対アジア政策についての関心・理解を深め、ワシントンがどのように動いているかを肌で感じてもらうのがこの研修の狙いです。また、field tripsや食事会にはネイティブの学生の何人かがconversation partnersとして同行しますし、宿泊先はアメリカン大学のdormitory(学生寮)ですので、アメリカの学生生活を体験することにもなるでしょう。

参加希望者や関心のある人は、4月に予定している本研修の説明会に参加して下さい。説明会日時の案内は、SIPEB Square や大学の掲示板を通じて行いますので注意していて下さい。(学部広報委員会)


           記

対象:国際政治経済学部1,2年生
募集人数:約15名
期間:2005年8月1日から8月13日
場所:米国ワシントンDC アメリカン大学
費用:研修費 1,350 米ドル(授業料、宿泊費、食費、現地での移動に関わる費用を含む)
   往復航空運賃 208,000円 
引率:国際政治経済学部専任教員2名
参加申込み期日:2005年4月末日 (代金の支払は5月末)


2005年3月 4日

8号館の暖房停止

8号館の暖房機器故障のため、3月12日(土)まで各研究室への暖房が停止します。
セミナールーム、コモンルームは大丈夫です。詳しくは大学施設課へ。(学部広報委員会)


2005年2月25日

港ゼミの3グループが懸賞論文に入賞

本学部港ゼミ3年生の2グループが「第15回ヤンマー学生懸賞論文・作文」 優秀賞を、また、1グループが「平成16年度中小企業研究懸賞論文」の準賞を受賞した。受賞したのは、

五十嵐雄太、斉藤俊太、平野美帆「差別化された農産物に見出す価値感覚〜最適なプライシングを目指して〜」
後藤麻希子、中嶋圭「世界と共生する日本農業」
の二作品(以上ヤンマー学生懸賞論文)および

萱原あゆ美、阿比野郁子、柴田賢一「中国企業によるM&Aは中小企業を再生させるか」
(以上中小企業研究懸賞論文)

港ゼミではゼミの方針で、毎年3年生がこうした懸賞論文に応募しており、過去22編が入賞し、獲得賞金総額は635万円+1000ドルという輝かしい受賞歴がある(本年度の3受賞を含めない)。(学部広報委員会)


2005年2月 9日

入学試験志願者確定

本学国際政治経済学部の2005年度入学試験志願者が確定した。本年度はセンター試験利用入試を初めて導入し、その志願者が計1,192人、一般入試への志願者が2,253人で、総計3,445人となった。詳細はこちら
(学部広報委員会)


2005年2月 7日

国際政治経済合同研究室期末休業期間中 開室予定のお知らせ

国際政治経済合同研究室 期末休業期間中の開室予定は以下の日程となります。

<2月> 7日(月),8日(火),23日(水),25日(金)

<3月> 1日(火),4日(金),7日(月),11日(金),15日(火),18日(金),
      22日(火),25日(金),29日(火)

<4月> 1日(金)

開室時間 : 10:00-16:00(通常開室時間と異なります。ご注意下さい。)

※ 4月4日(月)より平常どおり開室いたします。


2005年2月 1日

卒業祝賀会のお知らせ

国際政治経済学部では、一昨年度から、学位授与式の後に学部主催の「卒業祝賀会」を開いています。本年度も下記のように卒業祝賀会を開きますので、卒業される皆様は、ぜひご参加ください。ご家族の方々の参加も歓迎いたします。

     記

日時:3月26日(土) 午後4時30分から
場所:青学会館  B2サフラン
会費:2000円  ※ご家族の方は参加無料

(学部広報委員会)


2005年1月22日

国際マネジメント研究科 林吉郎教授 ご退任記念講演のお知らせ

青山学院大学院 国際マネジメント研究科 林吉郎教授のご退任を記念し、
講演を行っていただくことになりました。

*******************************************************
[講 演]
日 程 :1月22日(土曜日) 16:00-17:30
場 所 :青山学院大学 渋谷キャンパス 11号館 1143教室
参加費:無料

[パーティー]
日 程 :1月22日(土曜日) 18:00-20:00
場 所 :青学会館 クリンの間
参加費:1万円

*******************************************************


2005年1月20日

元国際政経学部長 高森寛教授 最終講演会のお知らせ

国際マネジメント研究科 高森 寛 教授(元国際政経学部長)のご退任を記念し、
高森先生にご講演を行っていただくことになりました。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。
参加をご希望の方は、下記アドレスへ1月27日までに
ご連絡下さいますよう、お願い致します。
--------------------------
aogaku2005@yahoo.co.jp 
--------------------------

*******************************************************

高森 寛 教授 ご退任記念 講演会 及び パーティー

[日 程] 
2月4日(金)
17時30分    開 場
18時~19時  講 義
19時~21時  パーティ

[講演題目]
「青山学院大学と私 -オペレーションズ・リサーチとリアルオプション-」

[場 所]
(講演)青山学院大学、渋谷キャンパス 11号館 1144教室
(パーティー) 青学会館 校友会室A

[参加費] (講演) 無料
     (パーティー) 3,500円

*******************************************************

高森 寛 教授 ご退任記念をお祝いする会(堀内・清水)
問い合わせ先:03-3409-8111内線12569
事務局:国際マネジメント研究科 清水康司 (shimizu@gsim.aoyama.ac.jp) 


2005年1月18日

国際政経学部OBが就職活動を支援

まもなく後期試験の時期に入りますが、3年生のなかにはすでに就職活動を始めた方もいることでしょう。就職活動はこのところ年々早まっており、いまや4年生に入ってからでは遅すぎて、企業や職種によっては3年生のうちから活動を始めなければ間に合わなくなってまいりました。

そこで、本学部の0Bが、本学部学生(とくに3年生)のために就職活動のコツを教えたいと申し出てくれましたので、以下の要領で就職活動を支援するための会合を開催します。積極的に参加するようご案内いたします。

 国際政治経済学部長 土山實男


        記

■ 日時:1月29日(土)15時〜
■ 場所:青山キャンパス 4号館420番教室
■ 対象者:就職活動を本気で考えている本学部生

■セミナー内容:
・OB訪問の方法
・魅力的な自己PRの作成方法
・面接者にアピールする話し方と志望動機案

■ 参加予定者:
三菱商事 杉山 聡 (国際政経学部97年卒)
衆議院議員 村越祐民(国際政経学部98年卒)
NTTドコモ 高間亮行(国際政経学部99年卒)


2005年1月11日

小原 信 教授 最終講義のお知らせ

国際政治経済学部 小原 信 教授 の最終講義が下記内容にて行われます。

テーマ: 「情報化社会の諸問題」

日 時: 1月18日(火) 13時10分-14時30分

場 所: 1123教室


2005年1月11日

国際政治経済合同研究室:センター試験に伴う閉室日のお知らせ

国際政治経済合同研究室はセンター試験の実施に伴い、下記日程は閉室となります。
ご確認いただけますようお願い致します。

閉室日:2005年1月15日(土)


2004年12月23日

合同研究室嘱託職員募集

青山学院大学国際政治経済学部では合同研究室に勤務する嘱託職員を1名募集しています。ご関心のある方は下の募集要項をご覧下さい。

青山学院大学国際政治経済学部合同研究室嘱託職員募集

学部広報委員会


2004年12月15日

国際政治経済合同研究室 年末年始閉室期間のお知らせ

合同研究室は冬季休業期間
12月23日(木)から1月10日(月)まで閉室します。

年末は12月22日(水)17:00まで
年始は1月11日(火) 9:00から
開室致します。

開室日 カレンダーはこちら


2004年12月14日

Sipeb Square:12月14日13時より新規URL設定作業に伴いアクセスができなくなります。

「Siepb Square」が12月15日より新規URLにて公開になります。
新しいURLは www.sipeb-square.net です。
URL情報をご更新下さいますようお願い致します。

これに伴い、新規URL設定作業のため、Sipeb Squareは本日13時より明日の午前中まで一時的にアクセスができなくなります。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけますようお願い致します。


2004年12月 8日

2004年度学生懸賞論文授賞式が行われました

12月8日(水) 2004年度学生懸賞論文(国際政治経済学会主催)授賞式が行われました。

授賞式の模様
kenron.jpg

受賞者についての情報はこちら

受賞者の論文は『学生研究論文集』第15号(2005年1月発行予定)に掲載されます。


2004年12月 3日

新コーナー PAR AVION 開設

Sipeb Square では新コーナー「PAR AVION」を設けました。このコーナーは、海外に在住している本学部の卒業生、留学生、教員からのレターを紹介するものです。

コーナー新設に伴い、海外に在住している本学部の卒業生、留学生、教員からのレターを募集します。世界各地の話題をお寄せください。お便りは、氏名、卒業(入学)年、在住地を明記の上、

青山学院大学国際政治経済学部広報委員会PAR AVION係
sq1982@sipeb.aoyama.ac.jp

まで電子メールでお送りください。皆様からのお便りをお待ちしています。(学部広報委員会)


2004年11月25日

WTO研究センター主催 公開セミナー

WTO研究センター主催の公開セミナーが11月16日(金)に開かれます。

題目:「WTOドーハラウンドの現状」
講師:梨田和也氏(外務省経済局 国際貿易課長)
日時:11月26日(金)18:30〜21:00
会場:総研ビル3階 第11会議室

院生、学部生も聴講できます。
詳細、申し込みは 青山学院大学WTO研究センター まで。(学部広報委員会)


2004年11月10日

高木誠一郎教授、外務省の「外交懇談会」メンバーに

外務省は、町村外務大臣と国内有識者を集めた外交懇談会(仮称)を立ち上げたが、そこに本学部国際政治学科の高木誠一郎教授がメンバーの一人として呼ばれた。「この懇談会は、米国同時多発テロ以降、国際テロや大量破壊兵器の拡散等の新たな脅威の出現を始めとして、国際情勢が大きな変化を見せる中、日本外交全般に亘る懸案事項およびタイムリーな外交問題に取り組むにあたって、国際問題の専門家から幅広い示唆を得つつ、国民の理解と支持を得た、健全で創造力にあふれる外交を展開するための一助とするのが趣旨」( 外務省プレスリリース )とのこと。(学部広報委員会)


2004年11月 4日

「各国大使講演シリーズ」、第3回はエジプト大使

青山学院大学では、2003年度から、各国の大使を招いて講演をしてもらう「各国大使シリーズ」を行っている。そのシリーズ第3回目はエジプト大使を迎え、次のような要領で開催することが決まった。

■講演者:在日エジプト大使 Hisham Badr氏
■題目:「The Arab World and Japan: An Egyptian Perspective(アラブ世界と日本:エジプト人の視点から)」
■日時:12月14日(火)午後1時〜2時半
■場所:総研ビル12階大会議室

なお、第1回ロシア大使、第2回英国大使の講演のもようは、こちら
第1回ロシア大使
第2回英国大使
また、第2回ゴマソール氏の講演は、全文が青山国際政経論集第64号 に掲載されている。

(学部広報委員会)


2004年10月27日

強い女子バレー部。木村智香子主将(本学部4年)も活躍

今年、本学女子バレーボール部が強い。春季関東女子バレーボールリーグで14年ぶりに優勝をはたし、7月の第23回東日本大学バレーボール選手権大会(東日本インカレ)も制した。本学部4年の木村智香子主将も活躍し、春季関東リーグではMVPを受賞、東日本インカレでは最優秀選手(MVP)と猛打賞をダブル受賞した。秋季関東リーグは惜しくも3位に終わったが、1次リーグを1位で通過する好成績だった。(学部広報委員会)


2004年10月26日

学園祭休暇期間国際政治経済合同研究室お休みのお知らせ

学園祭休暇期間中のお休みについて

学園祭休暇期間中につき下記期間は
合同研究室はお休みとなります。

期間 : 平成16年10月29日(金)~ 11月3日(水)
〔11月4日(木)より通常通り開室いたします。〕

詳しくはこちらをご覧下さい

国際政治経済合同研究室


2004年10月25日

国際関係学術誌の編集部が本学部に移転

国際関係の国際学術誌であるInternational Relations of the Asia-Pacific (Oxford University Press) の編集部が、来年4月より、これまでの東京大学から本学部に移転することとなった。編集長には本学部山本吉宣教授とプリンストン大学G.John Ikenberry 教授が就任する予定。(学部広報委員会)


2004年10月24日

ゼミ連主催 国際NPO法人Up with People説明会

国際政経ゼミナール連合は、来る10月25日(月)、下記の時間・教室で、国際的なNPO法人であるUp with People の説明を開催する。

時間:12時45分〜14時
場所:621教室

Up with Peopleは、18〜29歳の若者を対象に、世界3大陸20カ国以上を約100名のメンバーで、ホストファミリーの家などに泊まりながら回るというプログラム、The WorldSmart Leadership Program を主催するNPO団体で、米コロラド州のデンバーに本部を持つ。詳しくは、ホームページを参照

本学部の大学院修了生の一人がこの団体のメンバーであることから、今回の説明会開催に至った。(学部広報委員会)


2004年10月22日

速報 本年度から「国連研修」開始

本学部では、学部学生に対して新たな海外研修を検討してきたが、その結果、まず、本年度から「国連研修」を開始することを決定した。本研修は、ニューヨークに約1週間滞在し、国連本部、UNDP、UNICEF、コロンビア大学等で、国際問題、人権問題、開発、平和維持、軍縮といったことについてレクチャーを受けるというもの。来年3月を予定している。日程が確定し次第、学部生全員に告知し、募集を開始する。(学部広報委員会)


2004年10月18日

ゼミ連主催 第1回ドッヂボール大会 中川・大野・武田ゼミが優勝飾る

10月17日(日)に開かれた、ゼミ連主催ドッヂボール大会は、教員2名(中川、内田)を含む総勢50名程度の参加者を集め、大きな盛り上がりをみせた。ゲームは以下の4チームに分かれて総当たり戦が行われ、中川ゼミ、大野ゼミ、武田(興)ゼミの混成チームが優勝を飾った。

Aチーム●懸田ゼミ、瀬尾ゼミ、抱井ゼミ、井田ゼミ
Bチーム●土山ゼミ、押村ゼミ、岩井ゼミ、太田宏ゼミ、
Cチーム●港ゼミ、飯田ゼミ、狩野ゼミ、菊池ゼミ、中兼ゼミ、内田ゼミ
Dチーム●中川ゼミ、大野ゼミ、武田興欣ゼミ

dodge2.JPEG

実行委員長の手島君(抱井ゼミ)は、「ちょっと人数が少なかったけれど、みんな楽しんでくれたようだ」と感想を述べた。すべてのゲームが終わった後も、自己紹介をし合ったり、フットサルやバスケットに興じ、ゼミ間の交流が進んだ。来年もこのようなスポーツ大会が開かれ、よりいっそうゼミの交流が深まることを期待したい。(学部広報委員会)


2004年10月14日

本学部教員執筆の書籍、学生に配布

本学部の出版助成を得て刊行された書籍が、希望する学生に無料配布されていることをご存知だろうか。最近発行された次の2冊もその対象だ。

新保生二著,『新しい日本経済講義』日本経済新聞社, 2004年
土山實男著,『安全保障の国際政治学:焦りと傲り』有斐閣, 2004年

ネットで見られる書評は、こちら
『新しい日本経済講義』
『安全保障の国際政治学:焦りと傲り』

希望者は青山キャンパス合同研究室(8号館5階)、相模原キャンパス合同研究室(B-526)まで。(学部広報委員会)


2004年10月 9日

オープンキャンパス報告

青山学院大学は、7月18日(相模原キャンパス)、7月25日(青山キャンパス)、9月25日(青山キャンパス)の3回に渡り、2004年度のオープンキャンパスを開催した。本学部ではそれぞれの日に学部紹介、入試問題の解説、模擬授業を行った。

教務課の報告によれば、相模原キャンパスで開かれた7月18日の初回のオープンキャンパスでは、用意していた500部の学部紹介パンフレットが全てなくなり、その翌週行われた青山キャンパスの午前の部には、学部紹介と入試問題の解説に約400人、模擬授業に約300人が入り、午後の部にはそれぞれ、約150人と約70人が来場した。また、進学相談にはひっきりなしに約80人の高校生が訪れた。

9月25日の青山キャンパスで開催したものは、午前の部には学部紹介と入試問題の解説に約120人、模擬授業に約30人。午後の部にはそれぞれ、約70人と約30人が来場し、進学相談には約25人の高校生が訪れた。

この日模擬授業を行った飯田教授は、「悪天候の上、同じ時間帯に重複してさまざまなイベントが行われているせいもあってか、満員御礼というほどではありませんでしたが、熱心に聞き入っている生徒が多く、なごやかな雰囲気で授業ができました。ただ、30分という短時間で一応まとまったことを話さなければならないというプレッシャーもあり、やや早口になってしまったのではないかと心配です。授業の最後に英語講義も5分間すると約束したのに時間切れで、結局まとめをしただけで終わってしまいました。当日楽しみにしていた方、すみません。せめて持ち時間40分くらいはほしいですね。」と語った。(学部広報委員会)


2004年10月 2日

青山キャンパス図書館が日曜開館へ

本学青山キャンパスの図書館が10月から日曜開館を始める。学生、特に平日あまり勉強の時間をとることのできない社会人学生には朗報ではないだろうか。大いに利用しましょう。くわしくは、大学図書館ホームページで。(学部広報委員会)


2004年10月 1日

学生研究論文締め切り間近

本学部は本学部の学生を対象に、広く研究論文を募集し、優れた論文を顕彰する制度がある。その学生研究論文の応募締切が10月5日(火)と迫っている。応募者は規定を守って提出してください。(学部広報委員会)


2004年9月30日

岩野あすかさんが外交官試験に合格

本学部国際政治学科4年の岩野あすかさんが、外務省専門職員採用試験に合格した。現在外務省の採用は、国家公務員I種試験の合格者からの採用と、外務省独自の試験の合格者からの採用に分かれているが、岩野さんが合格したのは後者。

近年、外務省の不祥事が続いたことの影響か、本学部でも外交官を志望する学生が減少している傾向にあるが、現在、本学部の卒業生の十数名が外務省に勤務している。本学部はまだ卒業生を19回しか送り出していないので、ほぼ、毎年一人ずつ外務省に入っていることになる。彼らの多くは、本学部の外交・国際公務等指導室の卒業生である。(学部広報委員会)


2004年9月29日

来年度フレッシュマンキャンプは河口湖で

本学部では毎年4月、入学式の前に新入生を対象に1泊2日のフレッシュマンキャンプを行っているが、来年度、その開催地を河口湖にすることを決めた。ここ数年。伊香保温泉を使っていたが、移動に時間がかかるなどいくつかの問題があったため、別の開催場所を探していた。キャンプの内容も、より実りの多いキャンプとなるよう検討が続けられている。(学部広報委員会)


2004年9月27日

ゼミ連主催スポーツ大会10月17日に開催

国際政経ゼミナール連合が計画を進めていたスポーツ大会の開催日や種目が次のように決まった。

●開催日:10月17日(日)
●会場:青山学院中等部体育館
●種目:ドッヂボール

詳細は各ゼミの代表委員を通じて、各ゼミ内に連絡がまわることになっている。
人数が少ないゼミでも、混合チームをつくるので心配はいらないとのこと。想像以上に盛り上がるのがドッヂボール。賞品も用意されるそうなので、女子も男子も3年も4年も、みんなで奮って参加しよう。(学部広報委員会)


2004年8月 4日

SIPEB Square 閲覧一時停止のお知らせ

構内一斉停電による大学基幹ネットワーク停止に伴い、下記の期間中、SIPEB SQUARE の閲覧を含む、全てのネットワーク利用ができななくなります。

8月7日(土) 7:00〜8月8日(日) 22:00

あらかじめご了承ください。(学部広報委員会)


2004年7月26日

WTO研究センター主催公開セミナー開催

7月31日(土)に青山学院大学WTO研究センター 主催の公開セミナー
「先進国の環境補助金と多面的機能 〜我が国初の滋賀県環境直接支払いの概要を含めて」
が開かれます。

講師: 荘林 幹太郎氏(滋賀県農政水産部耕地課、元OECD勤務)
時間: 13時〜15時(開場予定:12時30分)
場所: 青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル 10階 第17会議室
受講料: 無料
定員: 30名(事前予約制、申込み先着順)
申込期間: 2004年7月27日(火)まで(定員になり次第締め切ります)

お申込方法等詳細はこちら


2004年7月20日

国際政治経済合同研究室夏期休暇期間中開室日のお知らせ

8月1日(日)より9月26日(日)までは大学の夏期休暇期間です。

上記期間中、国際政治経済合同研究室ならびに研究開発センターへご用の際は
こちらのカレンダーにて開室日をご確認下さい。

尚、休暇中の開室時間は 10:00 - 16:00 (11:30 - 12:30は昼休みです)
となっております。ご了承ください。

※8月1日(日)より8月7日(土)までは学院一斉休業につき開室日はありません。


2004年7月 9日

注意!夏休み中の図書館の利用

青山キャンパス大学図書館では、 7月28日(水)〜8月21日(土)の間、工事等の理由で利用が制限される。特に、洋雑誌のバックナンバーは、この期間閲覧利用もできなくなるので要注意。研究や学位論文、卒論などで洋雑誌を必要とする人たちは早めの対応を。

くわしくは図書館ホームページ http://www.agulin.aoyama.ac.jp/ 7月2日付けのNEWSで。(学部広報委員会)


2004年7月 8日

本学部出身者が「外交フォーラム」編集長に

外交問題専門誌「外交フォーラム」(都市出版発行)の新編集長に、本学部大学院修士課程修了者の鈴木順子さん(99年修了)が就任した。鈴木さんの修士論文題目は「アメリカの対ミャンマー人権外交の考察 −リベラル国際主義の内包する矛盾−」。今後のますますの活躍が期待される。(学部広報委員会)


2004年7月 7日

交換留学を考えているなら今から準備を

青山学院大学は世界13カ国29大学と協定を結んでおり、交換留学制度を持っている。国際政治経済学部の学生も、昨年度この制度で20名弱の学生が留学を果たしている。

この交換留学の出願オリエンテーションが9月24日(金)に予定されている。願書受付は9月27日(火)〜10月2日(土)とオリエンテーションから間もないので、もしこの制度を利用して留学しようと思っている人は、TOEFLを受験するなど、今から準備が必要だ。

詳しい情報は国際交流センターに問い合わせよう。国際交流センターの交換留学に関するホームページは、http://web.iec.aoyama.ac.jp/jpn/exc.htm
(学部広報委員会)


2004年7月 5日

ゼミ連がスポーツ大会を企画中

国際政治経済学部ゼミナール連合(国ゼミ連)が、全ゼミ生を対象にしたスポーツ大会を秋に予定していることがわかった。スポーツ大会の計画は、ゼミ生全員が参加できるイベントを行い、ゼミ連の活動となる柱にしようということで、5月の代表委員会(各ゼミの代表からなる委員会)で可決されたもの。代表委員会ではスポーツイベントのための実行委員が選出され、この実行委員を中心に企画が進めてられている。

6月30日の第1回実行委員会では抱井ゼミの手島奏平くんが委員長に選ばれた。どんなスポーツイベントができあがるのか、今から大いに期待しよう。イベント開催日や場所は未定。

なお、1、2年生が参加できるイベントも、という声もあり、こちらのほうも検討中とのことだ。(学部広報委員会)


2004年7月 2日

学生研究論文募集

国際政治経済学部の内部組織である国際政治経済学会では、学生の研究論文を募集している。これは学生の日頃の研究成果を論文として発表してもらうことを目的に、1987年度から行っているもので、本年で15回目となる。昨年度から、1,2年生の部と、3,4年生の部に分けて審査している。また、本年度から入賞論文に対する懸賞額が増額された。締め切りは10月5日(火)。

前期のレポートを深めて論文にするのもよし、ゼミの研究をグループでまとめてもよしだ。夏休みにちょっとがんばるといいお小遣いになるかもしれない。過去の論文は国際政治経済学部合同研究室で入手可能。

詳しくはこちら。http://soc.sipeb.aoyama.ac.jp/ronbunshu/
 
(学部広報委員会)


2004年6月29日

「青学ばんざい」エッセイ募集

青山学院では、創立130周年を記念して、「青学ばんざい」をテーマにエッセイを募集している。字数制限は、400字詰め原稿用紙3〜4枚(1,200〜1,600文字)。応募の対象は、在校生(初等部、中等部、高等部、女子短期大学、大学、大学院)、校友、教職員、青山学院関係者となっている。
詳しくはこちら。http://www.aoyamagakuin.jp/essay/frame.html


実は、現在使われている130周年記念のロゴも公募によって決まったもので、本学部4年生(当時)上野勝義君のデザインが採用されたものだ。http://www.aoyama.ac.jp/agunews/vol_20/sirase_6.html
 (学部広報委員会)


2004年6月24日

シンガポールへの夏期海外研修、本年度中止

本学部が夏期に実施ているシンガポールへの海外研修は、参加希望者が僅少であったため、本年度はとりやめとなった。この研修は東南アジアの英語教育・研究のメッカともいわれている地域言語センター(RELC)で、約半月英語を鍛えるというもの。英語の単位としても認められる。学部では、参加希望者が少なかった原因は、SARSやテロなどの外的要因や、高い費用負担にあると見ている。

人気の高かったカーネギーメロン大学(米ピッツバーグ)への夏期研修がなくなって3年目になる。学部では、来年度に向け、現在アメリカの複数の有名大学とコンタクトを取り、新しい魅力ある夏期海外研修プログラムを企画中だ。(学部広報委員会)


2004年6月23日

修士論文コロキアム開催のお知らせ

国際政治学専攻修士課程の学生(今年修士論文を提出予定の学生)へ

国際政治学専攻修士課程に在籍中で、今年度中に修士論文を提出する予定の学生(10月中間論文、来年1月最終論文提出)を対象に、修士論文中間報告コロキアムを下記の要領で開催します。

コロキアムの目的は、修士論文の作成を支援することが第一です。報告のための準備を必死になってすることで研究が一歩前に進むことを期待します。第二に、これを通じて、教師の側でも学生の関心や研究状況を知ることができます。今後の学生指導に生かせます。

なお、このコロキアムへの参加は任意であり、すべての学生に報告が義務付けられるわけではありませんが、できれば全員が報告して下さい。なお、発表しない場合にも、修士の学生は原則として全員参加してください。自分の勉強になるので。

学生を被告人席に添わらせて教師が学生をいじめることは考えていません。「集団リンチ」は大学でもご法度です。また、このコロキアムの出来具合で中間審査の合否を判定しようとも考えていません。院生教師の自由な討議を通じて、よりよい修士論文を書いてもらうことがこのコロキアム開催の趣旨です。なお、コロキアム終了後、渋谷あたりで教師学生合同の飲み会を盛大に挙行したいと思います。
               
                                                記

【開催日】  7月31日(土曜日)12時から(開始時間が若干前後する可能性もあります)
    (場所は追って連絡します)

【発表の形式】
1、 学生による報告(約10分) 簡単なレジュメを用意してください。
2、 教師及び参加学生との質疑応答(約15−20分)

【院生は何を話すべきか?】
1、 解明すべき「問い」:何を修士論文で解明したいのか?それを解明することの意義は何か?(先行研究などに触れる必要があります)
2、 方法論:どのように「問い」を解明するのか?
3、 資料・情報:情報や資料は入手可能か?
4、 予想される結論は何か?

【発表の申し込み】
 7月10日(土曜)までに大学院事務室に申し込みをしてください。

【一般参加】
関心ある院生・学生は誰でも参加歓迎です(事前に大学院事務室に連絡してください)。教師は国際政治学科の教師が参加します。

【質問】
コロキアムについて質問のある人は菊池または武田まで連絡ください。


2004年6月23日

『外交講座』好評

6月15日(火)に行われた、外務省国際情報局分析第二課長、竹若 敬三氏を迎えての外交講座は学生約90名を集め、好評だった。学部では、こうした講座のシリーズ化も検討している。(学部広報委員会)


2004年6月11日

6月15日(火) 外交講座『日本外交について』が実施されます。

〔外交講座実施要領〕

演題:『日本外交について』
講師のバックグラウンド(日韓関係、アジア経済協力畑を歩まれている)より
内容は朝鮮半島問題、東アジアFTA、それに関連して日米関係などが主題とな
ると考えられる。

講師:竹若 敬三(外務省国際情報局分析第二課長)
          (上智大学法学部非常勤講師)

日時:6月15日(火曜日)11:00~12:30
場所:青山キャンパス 922号室(9号館)・・・250人収容
参加:学部生対象(参加自由)


2004年6月 1日

公開講座 : 小原 信 先生

キリスト教と現代社会-信仰への誘い- 7/3(土)キルケゴール―絶望からの一筋の光― 国際政治経済学部教授 小原 信

詳しくはこちら


2004年5月19日

青山学院大学が国連大学と一般協定を締結

2003年12月15日(月)、青山学院大学と国際連合大学(以下、国連大学)は、一般協定の調印を行い、今後、「学際的研究、高度の研修および知識の普及」を通じて、両大学の包括的な協力を築いていくことになりました。

詳しくはこちらから

国連大学プレスリリース


2014年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Search this site:

Archives
Category
Classified [12 items]
News [210 items]
Workshop [12 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)