UPDATED : FRIDAY, MAY 30, 2014

外交・国際公務等指導室

2014年5月30日

【外交・国際公務指導室】勉強会が始まりました。

5月10日から今年度の勉強会活動が始まりました。


今年度も昨年度と同様に毎週土曜日に青山キャンパスで
経済学、憲法、国際法の3科目の勉強会を行っています。

今年度からは講師をお招きせず、
2年生が中心となって教科書についての発表を行う形式を取っています。


photo3 (3).jpg

<経済学勉強会の様子>


初回勉強会から1年生も積極的に参加し、
活発な議論が行われました。

2014年度前期の勉強会は全8回行われる予定です。


2014年3月21日

2013年度勉強会終了報告


3月22日の憲法演習勉強会で今年度の勉強会がすべて終了しました。
外交・国際公務指導室の核となるこの勉強会ですが、今年度も無事に終えることができました。

今年度は昨年度の形式を踏襲し、経済学勉強会、憲法基礎勉強会、憲法演習勉強会、国際法基礎勉強会、国際法演習勉強会の5つの勉強会が前期・夏期・後期・春期に開かれました。
前期・後期の通常勉強会では毎週土曜日13時から18時、長期休暇中には各勉強会2~4日間一日かけて行いました。
経済学勉強会、各教科基礎勉強会では講師をお招きして講義形式の勉強会を主に1年生を対象に行い、
各教科演習勉強会では2年生を中心に外務省専門職員採用試験の実際の問題の解答を作成し、議論を行いました。

各教科担当からの一言を紹介します。


・経済学勉強会
私が前年度勉強会の運営を参考にしつつ独自の勉強会を目指してきたように、今年度の私の運営が何らかの形で将来の経済学勉強会につながっていってくれれば幸いです。また、来年度からの実施が計画されている演習勉強会のように、指導室の後輩たちが今後の経済学勉強会をどのように変えていってくれるのかにも期待しています。最後に、二年間経済学勉強会の講師を受け持っていただいた中平氏に心より感謝申し上げます。

(経済学勉強会担当 国際経済学科2年 鬼頭佑弥)


・憲法勉強会
一年を通して『どのように憲法をわりやすく理解してもらうか』を常に頭に置きながら勉強会を企画し、実施してきたつもりだが、自身が十分に理解できていないことから講師や参加者に多分に迷惑をかけることもあった。勉強会を自分で進行させながら参加することは大変刺激の多い面もあったが、疑問を持ちながら学び吸収していき、人と議論しながら理解を深めるのに対して自分の能力がいかに足りていないか自覚させられることが多い一年だった。この反省を来年度以降の勉強会や自身の勉学にも生かしていけるようにしたい。
最後に、今年度講師を務めてくださった五十嵐先生、参加者の皆様、一年間ありがとうございました。

(憲法勉強会担当 国際政治学科2年 浜田早絵)


・国際法勉強会
勉強会を運営していくにあたって、昨年自分が感じた国際法を勉強する楽しさを新入生にいかに伝えるか、また演習勉強会ではいかにして先輩方のように国際法を自分のものにするかを考え続けた1年間でした。そのため勉強会を重ねるにつれ改善するべき箇所が浮き彫りとなり、当初想定していた形式とは違う形となってしまいましたが、講師や参加者のおかげでなんとか勉強会を終えることが出来ました。実現できなかった方式も多々あり、心残りもありますが、来年度以降の勉強会でそれらがどのように実現されるのか期待しています。
最後に国際法勉強会を1年間無事に終えることができたのも、豊富な知識と的確な指摘をいただいた講師の後藤先生、叢先生のおかげでした。改めてありがとうございました。

(国際法勉強会担当 国際政治学科2年 遠藤拓海)


来年度も毎週土曜日の通常勉強会、長期休暇中の勉強会を行う予定です。
また、新たな取り組みとして経済学勉強会と基礎と演習に分け、より高いレベルでの勉強会を目指します。


2010年4月24日

2011年度勉強会

2011年度勉強会時間割
  10:00~11:30 国際法基礎

  11:40~13:10 国際法演習

  13:50~15:50 憲法学基礎

  16:00~17:30 憲法学演習

  17:40~19:10 経済学


・国際法学
  講師:青山学院大学院国際政治経済研究科 修士課程 稲垣治氏

 
 国際法の知識を身につけ、外務省専門職員採用試験合格や、研究活動、または国際公務員の活動の基盤を形成することを目的としています。主に1年生が参加する基礎勉強会は講義形式により行い、重要な語句や判例の内容を「概論的に」理解することを目標としています。毎回鋭い質問が活発に出され、「もっとプレゼンや記述問題に取り組みたい!」といった声もあり、講師と担当者で「はてどこまで深く扱ったものか」と悩むこともしばしば。2年生も負けていられません。
 演習勉強会はプレゼン形式です。1年目よりも内容の濃い教科書を使用し、アウトプットを行うことで「より深い」知識の習得を目指しています。また、外務省専門職員試験の過去問を実際に解くことも行います。これらの勉強会を通し、国際社会を「国際法の」視点で見つめられるようになることも目指しています。

                      国際法担当:伊藤麻里(国際政治経済学部2年)


・憲法学
  講師:青山学院大学院法学研究科 修士後期過程 五十嵐宙氏

 
 憲法(基礎)勉強会では、憲法学の基礎知識と憲法学的視点を身につけることを目的としています。普段の勉強会では講師の方をお招きしての講義を行い、長期休業中には知識の定着を図るために室員によるプレゼンテーションなども行っています。最終的には、憲法学の総論を理解したうえで、外務専門職員採用試験等の問題に対応できるようになることを目標としています。
 憲法(演習)勉強会では知識獲得のみでなく、理論的に自らの考えを構築・発表・討論・再考する能力の向上を目指しています。また、外務省専門職員採用試験に合格するような解答作りはもちろん、本番で実力が発揮できる思考力を身につけることも視野に入れています。担当者が外務省専門職員採用試験の過去問や憲法学の問題集から設問を選択し、室員が解答を作成し、プレゼンテーションを行い、疑問点などを挙げるといった形式で行っています。

                      憲法担当:田中まい(国際政治経済学部2年)


・経済学
   講師:一橋大学 大学院経済学研究科 修士課程 長友勇樹氏

 
 経済学原論には、ミクロ経済学とマクロ経済学があります。本勉強会では、ミクロ・マクロ経済学ともに、基礎から体系的に理解し、経済学的思考を身につけることを目的としています。本勉強会は、3・4年生で外務省専門職員採用試験問題の対策をしていくため、また、経済的学な観点から国際社会の問題について関心を持ち、思考するための土台作りと考えていただければいいと思います。
 本勉強会は、基礎と演習を分けずに1・2年生合同の勉強会を行います。前期にミクロ経済学を扱い、後期にマクロ経済学を扱います。また、夏期や春期などの長期休暇には、前期や後期で学んだ知識を確認・復習するために設問を解く場合もあります。
 
                       経済担当:湯浅拓也(国際政治経済学部2年)


2010年4月23日

勉強会

外交・国際公務等指導室では、主に1・2年生を対象として外務省専門職試験の主要科目である憲法、経済、国際法の3科目の勉強会を実施しています。平常授業期間である4月から6月、10月から12月には、毎週土曜日に1・2年生を中心に、科目ごとに講師を招き、その指導のもと各科目の理解を深めていきます。また、夏期・春期の長期休暇中にも特別勉強会を設け、より充実した科目の理解を図っています。


勉強会風景
P4280142.JPG


2014年5月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Search
Search this site:

Category
about us [2 items]
お知らせ [5 items]
研究会 [4 items]
講演会 [4 items]
News [5 items]
勉強会 [4 items]
勉強会-経済 [1 items]
勉強会-国際法 [1 items]
勉強会-憲法 [1 items]
卒業生から [1 items]
室員紹介 [2 items]
懇親会・同窓会 [7 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)