UPDATED : MONDAY, SEPTEMBER 15, 2014

外交・国際公務等指導室

2014年9月10日

2014年夏期合宿報告

9月8日〜10日にかけて夏期合宿を行いました。


普段であれば残暑厳しい中での合宿ですが、今年は例外的に河口湖で秋を先取りできるくらい気持ちのいいところで勉強を行いました。


20140908_072607748_iOS.jpg



(分科会の様子)



勉強は、憲法、経済、国際法、外交史、国際政治の分科会を立ち上げ、それぞれの研究発表が行われました。それぞれの分科会の詳細については以下の通りです。


分科会名:憲法分科会
担当者(学年):本田希帆(4)
概要(目標等):
永住資格を持つ外国人も生活保護受給権を有するか。大分市の中国籍の80歳代女性が大分市から生活保護を拒まれ、市を相手に提訴した。2審・福岡高裁判決は、女性の主張を受け入れたため、大分市が最高裁に上告。最高裁判決は7月18日の予定。本分科会は14条、25条をもとに外国人と生活保護受給権について研究する

分科会名:経済学分科会
担当者(学年):(3)
概要(目標等):
過去数十年に渡って世界は貿易規制を緩和することで自由貿易を推し進めようとしてきた。これはもちろん、より自由な貿易体制はより効率的な資源配分を可能にするという理論的背景に基づくものであるが、はたしてそれは私たちの効用を向上させることと同義なのだろうか。このような問題意識からはじめて、経済分科会では厚生経済学および防衛経済学の理論と手法によって自由貿易(民需品貿易)と武器貿易(軍需品貿易)の性質の違いを明らかにし、それらの社会的厚生との関係を考えていく。また、本分科会を通して政治・経済両方の側面をもつ問題を経済学のモデルを用いて客観的に分析する力を養うとともに、政治・経済両面からの自由な発想を活かした新しいモデルの構築を試みる。

分科会名:国際法分科会
担当者(学年):浜田早絵(3)
概要(目標等):
国際法の問題に対する理解と思考力を深めることを目標とする。また、参加者の論理的思考能力や文章作成能力を向上させることを目指し、事前勉強会や発表の場においてそれぞれが意見を論理的に構築することができるようにしていく。

分科会名:日本近代外交史分科会
担当者(学年):山田玲(3)
概要(目標等):
戦間期の国際秩序について理解を深め、中国ナショナリズム台頭とアジア主義の台頭を中心に、
戦間期の日本外交と国際秩序との関係を明らかにする。


分科会名:国際政治
担当者(学年):遠藤拓海(3)
概要(目標等):
国家間の紛争がなくなり、内戦が主要な紛争の形態となった現代の問題として人権・人道の侵害に対して国際社会は何ができるのか、何をすべきかということを「人道的介入」や「保護する責任」という概念を通して考える。


今年は分科会の数も一つ増え、内容も充実したものとなりました。
3日間ともに過ごしたことで、指導室にも一体感が生まれてきたように思います。
後期の活動が楽しみです。


2014年7月10日

中央アジア学生との交流会

7月4日に日本財団ビルで開催されました、中央アジア学生との交流会に、参加しました。


DSC00208.JPG

《中央アジア学生と外交・国際公務指導室の参加者の集合写真》



この交流会は、中央アジア5カ国(ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン)の学生で、現在トルコに留学中(日本の奨学金プログラムを使用して)の学生を招いての開催となりました。日本側からは、外交・国際公務指導室と日本中東学生会議のメンバーが参加して、日本と中央アジアの交流を深めました。


パネルディスカッションのセッションでは、中央アジアの学生から、それぞれの専門分野に関連したプレゼンテーションをしてもらい、外交・国際公務指導室からは文化交流のセッションで、田中まいさん(国際政治経済学部4年)と山田怜さん(国際政治経済学部3年)による風呂敷についてのプレゼンテーションをしてもらいました。


DSC00133.JPG
《プレゼンテーションの様子》



DSC00152.JPG
《風呂敷体験の様子》



一般的な日本文化の紹介ではなく、風呂敷に注目して、歴史とその使い方を通して日本文化を紹介してくれたので、中央アジアの学生にとっても、日本の学生にとっても、とても興味深い発表になりました。中央アジアの学生との交流の場はあまりないので、参加した室員にとっても、中央アジアに関心を持ついい機会になったと思います。また、英語でのプレゼンテーションの練習としてもとてもいい機会になりました。


2014年5月 2日

【外交・国際公務指導室】新入生を迎え入れました


今年度も無事に24名の新入生を迎え入れることができました。


4月26日に、新入生にむけての入室後説明会を行いました。
説明会では、今年度代表2年保坂より、指導室の活動全般などについて説明がありました。


S__9609222_ed.jpg

《代表保坂による説明》


活動に関しての説明の後に、国際公務員志望者、外交官志望者それぞれに向けて
外交・国際公務指導室卒業生の先輩方からお話を頂きました。


国際公務員志望者向けにOGの大室直子氏(現在、WFP)、公務員志望者向けにOBの三木直樹氏(現在、文部科学省)にお話をしていただきました。
その他にも多くの先輩にお越しいただき、新入生も大学4年間の流れとその後のキャリアを考えるいいきっかけになり、よいスタートを切れたと思います。



2014年4月 5日

【入室を希望される方】外交・国際公務指導室入室方法についてのお知らせ

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。


外交・国際公務指導室は約30年前に設立された伝統ある国際政治経済学部の団体です。


卒業生には、外務省・国際機関・研究者・ジャーナリスト・国際NGO・シンクタンクで活躍されている方が大勢おり、勉強や進路について先輩方より直接アドバイスを受けることができます。世界を舞台に活躍したいと考えている方の応募を心より、お待ちしております。


外交・国際公務指導室への入室をご希望されている方は、
説明会で配布された資料、学生ポータルにて配信されている情報を必ずご確認下さい。


◎入室方法(以下の手順を経ることが入室のために必要です。)

1、設問に従い小論文を執筆する

2、個別相談会に出席する

3、指定された期間内に入室申込書を提出する


◎入室までの日程

小論文課題提出(必須)
4月7日(月) 〜 4月11日(金)
12時40分 ~ 13時10分、16時45分 ~ 19時00分
場所:青山キャンパス 11号館 6階 1164教室


合同説明会(任意)
4月9日(水) 17時 〜 19時
場所:青山キャンパス 17号館 3階 17309教室


個別相談会(必須)
4月19日(土)、20日(日)
場所;青山キャンパス
※場所と時間については後日メールにて、お知らせいたします。


入室決定(必須)
4月21日(月) 〜 4月24日(木)
入室申込書を提出して下さい。
場所:青山キャンパス 11号館 6階 1164教室


入室後説明会(必須)
4月26日(土)
場所:青山キャンパス


◎問い合わせ
担当:遠藤拓海(国際政治学科3年)takumi.endo.0425(a)gmail.com
※直接、外交・国際公務指導室(青山キャンパス11号館6階1164教室)までお越しいただければ、室員が質問にお答えいたします。
(不在にしていることもあります。)


2013年12月19日

後期総会を実施しました

12月14日(土)に、1年間の外交・国際公務指導室の活動を振り返る総会を実施しました。


image2.jpeg


1 年生から4年生、OBを含め50名が参加し、1年間の活動の報告を行いました。
また、「経済学演習勉強会の実施可能性」について議論を行いました。
憲法学や国際法学の勉強会は基礎と演習を実施してきましたが、経済学だけは難易度を分けずに、2年間同じ勉強会に参加するという形式で実施してきましたが、経済学だけ基礎と演習に分けないで実施する意義があまりないという結論に至り、
来年度より、経済学演習勉強会も実施できるよう、春期休業中に検討することになりました。


image.jpeg


今年度は、例年の勉強会や研究会を無事運営できたことに加え、大勢の先輩方にお越しいただいたことにより、勉強会や研究会以外の活動が非常に充実させることができたことがとても良かったと考えています。
この場を借りて、ご協力いただいた先輩方にお礼申し上げます。


来年度の役員も決定いたしましたので、後日この場を借りてご挨拶申し上げます。


2013年12月 7日

イラン学生訪日歓迎レセプションに参加しました。

11月25日に、霞ヶ関で行われたイラン学生(School of International Relations; SIR) の訪日歓迎イベントに、
外交・国際公務指導室として参加しました。

P1160397.JPG

このイベントでは、イランの外交官候補生と志を同じくする室員の間で交流をもつことができる貴重な機会でした。
戦後復興を遂げた日本をイランの学生はとても親近感をもっているようで、日本の社会のこと、東京のまちのことなどについて話し合う機会を持つことができました。
イランの学生からはイスラム教についてや、その生活について率直な意見を聞くことができたことが、今まで遠い国のように感じていたイランが以前よりも身近な国に感じられるようになりました。

sirpreproom.jpeg

これからも勉強とともに、国際交流も積極的に進めて行きたいと考えています。

このイベントは、PanOrient Newsでも紹介されました。


2013年10月 3日

同窓会実施報告

9月21日、アイビーホールにて、外交・国際公務指導室(博友会)同窓会が開催されました。現役生・卒業生を含め50名以上の方にご出席頂き、とても有意義な会となりました。

DSC_1259.JPG

 今回の同窓会では、海外でお仕事をされているOBにもご参加頂き、当日の指導室の話に花が咲きました。現役生はOB/OGの方々から当時の指導室の様子、進路のことなど様々なことを伺う機会をもつことができまし、アドバイスもいただけました。


 会の冒頭には、本清先輩、本学出身で元ヨルダン大使でいらっしゃいます加藤様にご挨拶、博友会が設立され30年が経過したことに対してお祝いのお言葉を頂きました。


 今回の同窓会をもって、外交・国際公務指導室(旧、博友会)の同窓会を正式に会として立ち上げることとなりました。会長には、第1期生でいらっしゃいます本清耕造様に就任していただけることになりました。来年以降、9月頃を目安に、毎年実施していきたいと考えております。


 普段の指導室は勉強会や研究会を実施する組織でありますが、様々な分野で活躍されている先輩、いろいろな分野に興味のある室員が同じ場にいることにとても意味があるように感じました。今後ともこのような場を作って行きたいと考えております。

【指導室(博友会)卒業生のみなさまへ】

 昨年度に引き続き、第2会同窓会が無事に開催することができました。今後同窓会は、9月に実施していきたいと考えております。また、例年12月に行われている総会後の懇親会も、卒業生をご招待しております。

 今後、同窓会及び総会のお知らせをより多くの卒業生へ周知したく思っているのですが、住所やアドレスのご変更により、誠に恐縮ながら、最新のご連絡先を把握できていない方もいらっしゃいます。同窓会や総会のお知らせが来ておらず、お知らせを希望される方はお手数をおかけいたしますが、gaikoukokusai(アットマーク)gmail.comへご連絡くださいますようお願いいたします。