UPDATED : MONDAY, SEPTEMBER 15, 2014

外交・国際公務等指導室

2014年9月10日

2014年夏期合宿報告

9月8日〜10日にかけて夏期合宿を行いました。


普段であれば残暑厳しい中での合宿ですが、今年は例外的に河口湖で秋を先取りできるくらい気持ちのいいところで勉強を行いました。


20140908_072607748_iOS.jpg



(分科会の様子)



勉強は、憲法、経済、国際法、外交史、国際政治の分科会を立ち上げ、それぞれの研究発表が行われました。それぞれの分科会の詳細については以下の通りです。


分科会名:憲法分科会
担当者(学年):本田希帆(4)
概要(目標等):
永住資格を持つ外国人も生活保護受給権を有するか。大分市の中国籍の80歳代女性が大分市から生活保護を拒まれ、市を相手に提訴した。2審・福岡高裁判決は、女性の主張を受け入れたため、大分市が最高裁に上告。最高裁判決は7月18日の予定。本分科会は14条、25条をもとに外国人と生活保護受給権について研究する

分科会名:経済学分科会
担当者(学年):(3)
概要(目標等):
過去数十年に渡って世界は貿易規制を緩和することで自由貿易を推し進めようとしてきた。これはもちろん、より自由な貿易体制はより効率的な資源配分を可能にするという理論的背景に基づくものであるが、はたしてそれは私たちの効用を向上させることと同義なのだろうか。このような問題意識からはじめて、経済分科会では厚生経済学および防衛経済学の理論と手法によって自由貿易(民需品貿易)と武器貿易(軍需品貿易)の性質の違いを明らかにし、それらの社会的厚生との関係を考えていく。また、本分科会を通して政治・経済両方の側面をもつ問題を経済学のモデルを用いて客観的に分析する力を養うとともに、政治・経済両面からの自由な発想を活かした新しいモデルの構築を試みる。

分科会名:国際法分科会
担当者(学年):浜田早絵(3)
概要(目標等):
国際法の問題に対する理解と思考力を深めることを目標とする。また、参加者の論理的思考能力や文章作成能力を向上させることを目指し、事前勉強会や発表の場においてそれぞれが意見を論理的に構築することができるようにしていく。

分科会名:日本近代外交史分科会
担当者(学年):山田玲(3)
概要(目標等):
戦間期の国際秩序について理解を深め、中国ナショナリズム台頭とアジア主義の台頭を中心に、
戦間期の日本外交と国際秩序との関係を明らかにする。


分科会名:国際政治
担当者(学年):遠藤拓海(3)
概要(目標等):
国家間の紛争がなくなり、内戦が主要な紛争の形態となった現代の問題として人権・人道の侵害に対して国際社会は何ができるのか、何をすべきかということを「人道的介入」や「保護する責任」という概念を通して考える。


今年は分科会の数も一つ増え、内容も充実したものとなりました。
3日間ともに過ごしたことで、指導室にも一体感が生まれてきたように思います。
後期の活動が楽しみです。


2014年9月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
Search
Search this site:

Recent Entries
Category
about us [2 items]
お知らせ [5 items]
研究会 [5 items]
講演会 [4 items]
News [7 items]
勉強会 [4 items]
勉強会-経済 [1 items]
勉強会-国際法 [1 items]
勉強会-憲法 [1 items]
卒業生から [1 items]
室員紹介 [2 items]
懇親会・同窓会 [7 items]
Powered By

Syndicate this site (XML)