青山学院大学国際政治経済学部
青井千由紀ゼミ ブログ
トップ青山学院大学国際政治経済学部  


青井千由紀ゼミ ブログ
モバイル版
http://blog.sipec-square.net/c-aoi/seminar/m/


ゼミ紹介

 青井ゼミでは、例年、安全保障研究に焦点を当てていますが、現在は、反乱と対反乱、テロリズム、政治暴力、内戦を中心に研究しています。シリア、イラク、アフガニスタン、マリ、レバノン、北アイルランド、チェチェン、スーダン、ソマリア、イエメン ・・・・こういった国や地方の紛争を理解するために、いずれも重要な概念です。

 青井ゼミは、2004年から8期(2008−9年はお休み)続いています。2007年までは「紛争と平和維持」という題名で内戦と平和維持・平和構築に焦点を当てましたが、2010年からは「冷戦後の安全保障」と名前を改め、安定化、対反乱を含む幅広い介入問題と内戦、国際紛争を扱うこととなりました。
 2013年度からはさらに深く戦争、反乱、テロリズム、政治暴力、内戦に焦点を当て、戦争学の一分野を研究しています。(詳しくは学部で配布するシラバスをご覧ください。ご質問は、担当教員、ゼミ生にどうぞ。)
 文献は、例年、ほとんどすべて英語のものを指定しますが、ゼミ生は四苦八苦しながらも、3年が終わる頃には断然慣れが違ってきます。

 2014年度は、英語でゼミを開講する予定です。テーマは引き続き戦争、反乱、テロリズム、内戦を中心に今日の安全保障を研究していきます。(こういった状況下での開発、人道支援その他の支援に興味がある学生さんも歓迎します。)

 青井ゼミでは、講義の到達点を、欧米の大学の修士課程以上に進学できるレベルの基礎学力をつけるということに置いています。分野の基礎的知識がつくフィールド・サーベイ方式を取り入れています。日本中心の視点や学問ではなく、他国の視点をも理解し、同じ土俵で国際的な議論に加われる人材の育成を目指します。ロール・プレイや映像も多く授業に取り入れます。また、卒論の執筆を通じた個人研究も重要視します。(毎年、卒論集を作成しています。過去の卒論のテーマについては本サイトコンテンツをご覧ください。)

投稿者 student1
2013年8月17日21:50 [プロフィール ] | コメント (0) | トラックバック (0)